子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

女の子の水着のデザインについて。キッズ用水着のサイズや機能性とは

女の子の水着のデザインについて。キッズ用水着のサイズや機能性とは

女の子の水着選びは、サイズや機能面など選ぶときに気になることがありますよね。女の子らしいデザインのワンピースからビキニまで、さまざまなデザインのキッズ用に水着についてご紹介します。

女の子用キッズ水着のデザインとは

キッズの水着には、どのような種類があるのでしょうか。女の子の水着のデザインの種類についてご紹介します。

ワンピース

キッズ用水着
iStock.com/wutwhanfoto

ワンピースタイプの水着は、ウエストから裾への部分がふわっと広がったデザインがあったり、お腹やお尻を隠すことができる長い丈のデザインもあるようです。

さらに、スイムキャップがセットになっているものは、60年代風におしゃれに着こなすことができそうです。

ボディースーツ

上下がつながったボディスーツタイプの水着は、水着の種類の中でも遊びやすく泳ぎの練習がしやすいデザインではないでしょうか。

自分で水着を脱いでトイレに行けるようになった年齢からこのデザインを選ぶとよいかもしれません。大きめのサイズではなくちょうどよいサイズを購入すると体にもフィットして動きやすいようです。

ラッシュガード

ラッシュガードは、上下セットのものや長袖、半袖タイプなどさまざまなデザインがあります。

前にパーカーのようにファスナーがついていて、着脱しやすいデザインもあり、また肌の露出を少なくすることができるため日焼け対策として赤ちゃんに着用させるママもいるようです。

ラッシュガードのパンツの種類には、ショートパンツのような丈のものもあれば、ショーツやひざ上まで体にフィットしたパンツもあるので子どもが動きやすい水着を選んであげましょう。

ビキニ

上にブラトップ、下にショートパンツやショーツ、ミニスカートなどがセットになっている上下が別々になっているデザインの水着です。ショーツがミニスカートになっているタイプなら安心して着せることができるのではないでしょうか。

さらに、水着にセットでお揃いのパーカーがついているものもあるため、プールや海水浴で寒さを感じるときには便利なようです。

年齢別キッズ用水着の選び方

水着の女の子
iStock.com/RyanKing999

水着を購入するときには子どもの年齢や機能性で考えてみるとよいかもしれません。年齢別に考えてみました。

1歳や2歳

着脱がしやすく、動きやすいキッズ水着を選ぶとよいですね。

お腹もお尻もしっかりカバーしてくれる上下別のセパレートタイプがよいかもしれません。日焼けが気になる場合には、UVカットの機能ある素材の水着やラッシュガードを選ぶママもいるようです。

3歳や4歳

さまざまなデザインがあるので、子どもといっしょに水着選びをしても楽しいかもしれませんね。

ワンピースタイプの水着は、遊ぶときにたくさん動いてもずれないので安心というママの声もありました。ビキニタイプのキッズ用水着の中には、上から着られるロンパースがついた水着もあるようです。

5歳や6歳

習い事で水泳教室に通っている場合はボディスーツタイプ、海水浴やプール遊びではビキニなど、用途別に選ぶのがよいかもしれません。

遊びのあるデザインの水着を着られる年齢でもあるかもしれませんね。

キッズ用水着のサイズの選び方

女の子の水着
iStock.com/architetta

来年も着れるようにと大きめのサイズを選ぶママもいるようですが、水遊びをしているときにずれやすいようなので、ちょうどよいサイズを選ぶとよいかもしれません。

来年も着れるようにしたい場合には、肩ひもで丈を調整できるタイプのキッズ用水着もあるようです。

店頭ではなく、海外の通販サイトなどで購入する場合には子どもの体のサイズをよく測ってから選ぶようにしましょう。

【体験談】キッズ用水着の選び方

キッズ水着を購入したことがある女の子のママたちに、水着を選ぶ際の体験談を聞いてみました。

「子どもが0歳だったため保育園の先生が着脱しやすいかどうかと、園庭が道路に面していて日差しが強かったのでワンピースタイプの半袖でフード付きの洋服に近いデザインの水着を選びました。子どもが好きなキャラクターだったので喜んでもらえました」(1歳女の子のママ)

「1歳3か月頃に初めて水着を購入しました。オムツ機能がついたビキニタイプの水着を選びました。ビキニタイプは、水着だけでは少し肌寒い日もあったのと日焼けも気になるので、次は長袖タイプの水着を買おうかと考えています」(2歳女の子のママ)

「3、4歳のときはデザインを重視しつつ、プールや海で迷子にならないような目立つ色合いやデザインのものを意識して選んでいました。5、6歳のときは、デザイン優先でワンピースタイプのものを選んでいました」(10歳女の子のママ)

子どもに合うキッズ水着を選ぼう

水着
Iryna Tiumentseva/Shutterstock.com

女の子のキッズ用水着は、豊富なデザインの中から用途に合わせて選ぶとよいかもしれません。

水の中で元気に遊ぶことを考えて、動いても簡単にずれないサイズ選びも大切ではないでしょうか。

2018年05月02日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧