子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子どものスカート水着。デザインや色など、ママたちが選ぶポイントは

子どものスカート水着。デザインや色など、ママたちが選ぶポイントは

子ども用のスカート水着にはどのようなものがあるのでしょうか。今回の記事ではスカート水着の種類やママたちの水着の選び方の体験談をご紹介します。

子どものスカート水着の種類

子どものスカート水着にはいくつか種類があります。それぞれの種類ごとの特徴を見ていきましょう。

ワンピース

ワンピースのスカート水着は、上下で分かれていない一体型タイプです。ウエスト部分にスカートがついているので、体に沿ってふんわり広がります。デザインとしては、スカート部分がボディ部分と共布、スカート部分のみチュール生地、3段フリルデザインなど種類が豊富です。

セパレート

セパレートのスカート水着は、ボディ部分とスカート部分が上下で分かれています。スカート部分はインナーパンツつきのものが一般的です。種類としては、お腹が完全に見えるビキニタイプ、お腹が少しだけ見えるタイプ、一見ワンピースのようなお腹が隠れるタイプなどがあります。

ラッシュガードセット

ラッシュガードセットのスカート水着は、水着とラッシュガードをまとめて購入できます。ラッシュガードはスカート水着に合うデザインになっているので、組み合わせのバランスを考える必要がないかもしれません。

子どものスカート水着の選び方

スカート水着
MIA Studio/Shutterstock.com

子どものスカート水着を選ぶときには、サイズ、デザイン、色や柄に注目しましょう。

サイズ

サイズに関しては、子どもの体に適度にフィットするようにジャストサイズを選びましょう。サイズが小さいと食い込みによる窮屈さがあり、大きいと水の中で動きにくくなるようです。もし購入した水着が大きすぎたら、肩紐部分を軽く縫いつけて長さを調節するとよいかもしれません。

デザイン

スカート水着は女の子らしい種類の水着ではありますが、シンプルなタイプやフリルつきなどバリエーションが豊富です。スカート部分のデザインで全体的な雰囲気が変わるので、スカート部分に注目して選ぶとよいかもしれません。

色や柄

色や柄はパッと見たときの印象が変わる部分なので、子どもの好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。子どもが自分で選んだ水着なら、水遊びがより楽しくなるでしょう。

年齢別スカート水着

子どもの年齢別に着用しやすいスカート水着について考えてみました。

2歳から4歳

子どもが2歳から4歳の場合、着脱の簡単さやトイレに行きたくなったときのことを考えると、セパレートタイプの水着がよいかもしれませんね。

4歳から6歳

子どもが4歳から6歳の場合、ワンピースやラッシュガードセットのスカート水着がおすすめです。体をしっかり動かす水遊びのときでも、一体型のワンピースなら着崩れを防げるかもしれません。また、長時間水遊びをするときには、紫外線対策としてラッシュガードを着せておくと安心なのではないでしょうか。おなかの冷えなどが気になる場合はワンピース型を選びましょう。

子どものスカート水着の活用例

ママたちはどのようなポイントで子どものスカート水着を選んだのでしょうか。体験談をきいてみました。

スカート水着はワンピース派

「うちは子どもにワンピースのスカート水着を着せています。以前買ったセパレートタイプはお腹が丸見えになるので、長時間遊ぶには、冷えが心配でした。自宅の庭でのちょっとした水遊びなどにぴったりです」(4歳児ママ/35歳)

日焼けが気になる海ではラッシュガードなど、場所によって選び方を考えるとよいのかもしれませんね。

デザイン重視でフリル付き

「子どもが自分で選んだ3段フリルつきのスカート水着を着せています。最初はフリフリで甘すぎるデザインだと思いましたが、実際に着せてみると子どもらしくてかわいい印象でした」(3歳児ママ/29歳)

フリフリのスカート水着は一見甘めのデザインに思えますが、実際に着てみると印象が変わることもあります。購入時に試着できるとよりよいですね。

人が多い場所でもわかりやすい

「人が多い近所の市民プールでも見つけやすいように、ビビッドカラーのスカート水着を選びました。水着だけで見るとパステルカラーがかわいいと思いましたが、ビビットカラーは夏らしくて気に入っています」(5歳児ママ/32歳)

子どものスカート水着について、いろんなママの意見がありました。子どものことを考えたスカート水着の選び方として、デザインや機能性だけでなく人が多い場所での見つけやすさも考えてみてもよいかもしれませんね。

使いやすい子ども用スカート水着は

スカート水着
DONOT6_STUDIO/Shutterstock.com

子どもにスカート水着を買うことになったら、選び方を参考に種類やデザインを決めていきましょう。子どもとの水遊びを親子で楽しめるように、どのようなスカート水着がよいか選べるとよいですね。

2018年03月01日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧