子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子どもの入園式や卒園式、卒業式用スカート。黒や水玉、白いスカートなど

子どもの入園式や卒園式、卒業式用スカート。黒や水玉、白いスカートなど

入園式や、卒園式、卒業式などの子ども用スカートにはさまざまな種類があります。今回の記事では黒や白いカラー、水玉などのデザイン、サテンなどの素材に関するバリエーションのほか、サスペンダーを使った丈調整など小物づかいについてご紹介します。

フォーマルな場面での子どものスカート

入卒園式など、フォーマルな場面での子ども用スカート。どんなものを着せたらよいのか迷ってしまうママもいるようです。そこで今回は、デザインや柄、素材、着こなし方などについて考えてみます。

子どものスカートのデザイン

ここではスカートのデザインについて、フォーマルシーンで用いられることの多い3つのデザインをご紹介します。

プリーツスカート

プリーツスカートとは、裾にかけて縦折りのひだが入ったスカートのこと。細かなひだはデザイン性が高く、きっちりとした印象になるのではないでしょうか。

サーキュラースカート

サーキュラースカートは、広げたときに円形になるデザインが特徴です。大きなドレープが曲線的に広がり、エレガントな雰囲気になりそうですね。

シンプルなスカート

フォーマルな場所でも、シンプルな台形スカートなどは素材次第で使えそうです。その分、ジャケットやトップスにデザイン性のあるものを合わせると、地味になりすぎないかもしれませんね。

子どものスカートの柄

フォーマルなスタイルにも合う、スカートのデザインについてまとめました。

水玉

水玉柄は、ドットが大きいとカジュアルに見えてしまう場合がありますが、小さいドットのデザインならフォーマルな場所でも使うことができそうです。

チェック

チェックのスカート
francesco de marco/Shutterstock.com

チェック柄は色の組み合わせによって大きく印象が変わってきます。タータンチェックやグレンチェック柄は制服デザインなどにも用いられることがあり、フォーマルシーンでは使いやすいかもしれません。

その他

花柄なども晴れのシーンでは華やかに仕上がるでしょう。素材や合わせ方によってはカジュアルな印象になる場合もあります。襟付のブラウスを合わせるなど、トップスでフォーマルらしさを取り入れるのもひとつの方法です。

場面別、黒や白いスカートの着こなし例

入卒園や冠婚葬祭などに活躍する黒や白いスカート。シーン別の着こなしについて見ていきましょう。

入園式

新しい生活がスタートする入園式では、華やかな印象が好まれることが多いようです。華やかなカラーのジャケットやトップスなどに、黒や白のスカートと組み合わせるとバランス良く着こなすことができるかもしれません。

卒園式、卒業式

一番の年長さんとして迎える卒園式や卒業式では、すっきりと見える着こなしが好まれる傾向にあります。フリルや柄などをどこかに1点取り入れてアクセントを持たせ、フォーマル感を出してみてはいかがでしょうか。

冠婚葬祭

結婚式とお葬式では服装がかなり異なりますが、シンプルな黒や白いスカートを持っていれば、トップスを変えることでどちらにも着まわすことができるかもしれません。

ちょっとしたお出かけにも

コンサートや少しかしこまったお店での外食など、ちょっとしたお出かけにも黒や白いスカートは使いまわせるでしょう。トップスにトレンド柄などを取り入れてカジュアルダウンさせれば、日常で使用する機会も増やせそうですね。

子どものスカートの素材の特徴

子ども用スカートの素材について確認しておきましょう。

コットン

コットンはさらっとしたやわらかな肌触りが特徴で、子ども用のスカートに向いている素材といえるかもしれません。自宅で洗濯できるのもママにとってはうれしいポイントです。

サテン

高級感のある光沢が特徴のサテンは、フォーマルなシーンで使用する機会が多い素材のようです。華やかに仕上がるため、お呼ばれや発表会など特別な場所へのお出かけに着用する場合もあるようです。

ウール

保温性の高いウール素材は、おもに秋冬のフォーマルシーンで用いられる機会が多いでしょう。撥水性があるため汚れがつきにくく、しわになりにくいという特徴があるようです。

スカートの着こなしの工夫

子どもがスカートをはくときにできる工夫をご紹介します。

下着が見えないように

スカートをはいて走り回ったり座ったりするときに、下着が見えてしまう場合もあるようです。レギンスやタイツなどを合わせればこれを防ぐことができ、子どもも動きやすいかもしれません。

ずれを防止するサスペンダー

サスペンダーを使用すればウエストが少し大きめのものでもずれにくく、丈の長さも調節することができるでしょう。サスペンダーをすることによってトップスがずりあがってくるのも防ぐことができるようです。

靴の合わせ方

黒いローファーなどを合わせる場合もありますが、硬めの革靴にまだ慣れない子どもには、抑え目なデザインやカラーのスニーカー、バレエシューズを用いる場合もあるようです。

普段にも使えるスカート選び

黒いスカート
Mr Doomits/Shutterstock.com

入園式や卒園式、卒業式などで着る子どものスカートには多くのバリエーションがあります。光沢のあるサテンや水玉デザインなども黒や白いカラーを選ぶと、フォーマルと普段の両方に使う機会が増えてくるでしょう。

スカートに不慣れな子どもにはサスペンダーなどを使って丈の長さを調整する工夫をすると動きやすく、普段着としても取り入れやすいかもしれません。

2018年03月05日

子ども服の関連記事
  • 新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    季節毎のパジャマと肌着の組みあわせ

    新生児からパジャマを着せてもよいのかや、春夏秋冬でどのようなものを選ぶとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、素材やサイズなど新生児のパジャマを選ぶときのポイントや、季節毎のパジャマと肌着の組みあわせについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧