【小児科医監修】赤ちゃんの下痢が白っぽい。考えられる病気や原因

【小児科医監修】赤ちゃんの下痢が白っぽい。考えられる病気や原因

元気なときの受診目安やホームケアも紹介

赤ちゃんの下痢便が白っぽいなどいつもと違うときの原因と考えられる病気について解説します。赤ちゃんが下痢をしていても元気なとき受診の目安と病院に行くときの注意点、ホームケアもご紹介します。

金髙太一(おひさまクリニック)

赤ちゃんの下痢

赤ちゃんは、消化機能がまだ十分に発達していないため、うんちが軟らかかったり、下痢っぽくなりやすい傾向があります。赤ちゃんは下痢をしていても元気があったり、健康状態に問題なかったりするものですが、うんちの色やにおいによっては感染症や、なにかほかの病気にかかっている症状の可能性があるため注意が必要です。

なかでも今回は白っぽい下痢について見ていきましょう。

赤ちゃんの便が白っぽいときのトラブルや病気の可能性

赤ちゃんとオムツ
Liderina/Shutterstock.com

赤ちゃんの便が白色のときにはどのような原因が考えられるでしょうか。

胆道閉鎖症

胆汁の通り道の胆管が、つまって閉じてしまう病気です。胆汁が消化管に出ないため便が白くなります。生後2週間から1ヶ月ごろの赤ちゃんに見られることが多く、手術が必要になることもあります。

胆道閉鎖症の赤ちゃんのなかには生まれつき胆道がないケースもあるようです。赤ちゃんの皮膚や目に黄疸が見られ、灰白色やうすい黄色、クリーム色のうんちが出たと気きには要注意です。ほかにも濃い黄色のおしっこが見られて、お腹が硬く膨らむような症状がみられたらすぐに受診しましょう。

感染性胃腸炎

赤ちゃんの白い便について専門家も以下のように言っています。

クリーム色っぽい下痢が出てきているようですのでいまはやっているノロやロタのようなウイルス性の胃腸炎の可能性を考えたくなりますね
出典: AskDoctors

白っぽいうんちは、ノロウイルスやロタウイルスに感染している可能性もあるので早めに受診する方がよいでしょう。

乳幼児や子どもがかかりやすいノロウイルス感染症やロタウイルス感染症では、発熱や激しい嘔吐や下痢を伴い、白い便を出すことがあります。必ずこのような便になるということではありませんが、とくにロタウィルスは‘乳児白色下痢症’と呼ばれていたように、大量の白色水様性の下痢で、酸っぱいニオイが特徴です。

白っぽくてもブツブツとしたカッテージチーズのような白いカスが含まれる赤ちゃんのうんちの場合、白い塊は母乳やミルクに含まれる脂肪分が原因であることがほとんどです。赤ちゃんが母乳やミルクを飲んでいる時期に見られることがありますが、心配いりません。

それでもママやパパが不安に思うときは通常の診療時間内に受診をするのがよいでしょう。赤ちゃんのうんちや下痢で受診するときの目安やポイントをまとめました。

病院を受診する目安

診察を受ける赤ちゃん
iStock.com/kokouu

赤ちゃんが下痢をしても元気なときは、家で様子をみてもよいのか、すぐに病院を受診した方がよいのか迷うこともあるでしょう。下痢をしている赤ちゃんがどのような症状のときに病院を受診したらよいのか、目安をご紹介します。

診療時間内に受診する

・水様便が1日5回以上出る
・発熱や嘔吐を伴うが意識がはっきりしている
・下痢や嘔吐をしているが、水分はとれている
・赤ちゃんや子どもの機嫌が悪く、食欲がない

以上のような症状のときには、通常の診療時間内で受診をしましょう。

診療時間外でも救急受診する

・水分が摂れない
・おしっこが半日くらい出ない
・口や唇の中が乾燥している
・下痢と嘔吐が激しく脱水症気味になっている


特に0~3カ月の月齢の低い赤ちゃんは下痢になりやすいものですが、白色のうんちがつづくときは前に述べたような病気にかかっている可能性があるため、発熱や嘔吐を伴っていたり、気になる症状があるときには早めに受診するようにしましょう。


受診すべきかどうかの判断が難しいときには、小児救急電話相談「♯8000」に電話をして意見を聞いてもよいでしょう。

病院へ行くときの注意点

赤ちゃんの下痢で病院を受診するときの持ち物や、注意点をご紹介します。

持ち物

着替え用の洋服
iStock.com/NYS444

赤ちゃんの下痢で受診するときには、新しいおむつや着替え、ビニール袋、診察中に便をしてしまう可能性があるのでママやパパの簡単な着替えがあってもよいかもしれません。

ほかに、うんちのついたオムツやうんちの実物を少量持って行くと診断がスムーズに行くでしょう。持参するのが難しいときは、携帯でうんちの写真を撮って病院でみてもらうとよいです。

医師に伝えること

・赤ちゃんの機嫌
・赤ちゃんの食欲
・下痢の回数や量
・うんちの色がいつごろから普段と違うか
・発熱や嘔吐など下痢以外の症状はあるか
・食べたもの

赤ちゃんの様子や便の状態を把握して、医師に詳しく伝えられると、赤ちゃんの下痢の原因がつきとめやすく、受診するときに役立つでしょう。

家での対処法

ママを見つめる赤ちゃん
iStock.com/kokouu

赤ちゃんが下痢のときのホームケアについてご紹介します。

水分補給で脱水症状を防ぐ

下痢のときは、脱水症の危険性があるので、こまめな水分補給が大切です。しかし冷たい飲み物を1度にたくさんとると赤ちゃんの胃腸に負担がかかることがあります。

常温の白湯やイオン飲料、温かい飲み物を少しずつ与えるようにしましょう。

消化のよい食べ物を選ぶ

赤ちゃんの様子を見ていて食欲があるようならば、消化のよい食べ物を少しずつ与えるとよいでしょう。おかゆやうどん、野菜スープなどがおすすめです。

しかし下痢のときには、乳製品に含まれる乳糖を上手く分解できないため、牛乳やヨーグルトなどの乳製品は控えたほうがよいかもしれません。キノコや海藻類などの食物繊維の多い野菜も下痢のときには避けた方が無難です。

ほかにも脂肪の多いバターや油は下痢のときには控えましょう。

お尻のケアも忘れない

下痢便は、お尻への刺激が強く、下痢の回数が多いと、オムツかぶれを起こすこともあります。赤ちゃんの下痢が続くときは、シャワーでお尻を流したり、濡れタオルでお尻を拭いて清潔にすることが大切です。

お尻を乾燥させないように、ワセリンや保湿剤でケアをするのもよいでしょう。赤ちゃんの下痢が治まり、元気になったあともスキンケアを続けられるとよいですね。

白いうんちは要注意!

オムツ替えをするママ
iStock.com/monzenmachi

赤ちゃんのうんちが白っぽい色だったり、いつもと違うと心配になりますよね。白っぽいうんちでも赤ちゃんに元気があるときには母乳やミルクが原因で心配のないこともあります。しかし、白色のうんちは、胆道閉鎖症や、ロタ、ノロなどの感染性胃腸炎などの感染症の可能性があるため、症状がつづくときは受診するようにしましょう。

赤ちゃんの下痢で病院に行くときには、子どもの様子や下痢の状態を把握して、しっかり伝えられるようにしましょう。また下痢をしているときは、赤ちゃんが脱水症状やおむつかぶれを起こしやすいので、水分補給や、保湿などのケアが大切です。赤ちゃんの白いうんちの原因や正しいホームケアについての知識をつけて、赤ちゃんの異常に早めに気づけるとよいですね。

監修:金髙太一(おひさまクリニック 院長)

No Image

金髙太一(おひさまクリニック)

金髙太一の監修記事一覧(バックナンバー)

おひさまクリニック院長。小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。

子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。

おひさまクリニック

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2018年11月19日

専門家のコメント
10
    いちぽ先生 保育士
    便が白いと胆道閉鎖症やロタウイルスを疑いますよね。
    月齢が小さいほど、重症化しやすいと思う
    せおみ先生 保育士
    小さい子は、ロタやノロウイルスに良くかかりますよね。勤め先で0歳児の子が体調が悪くなるとよ
    すー先生 保育士
    ウンチが白っぽかったのでウンチを持って受診しました。ロタや他の病気だったらどうしようと心配
    とーち先生 保育士

    白っぽくても白いカスが含まれる赤ちゃんのうんち


    赤ちゃんの時はこんなうんちが良く出て
    まい先生 保育士
    ロタウイルスなどいろいろ考えられますよね
    ミルクの消化不良などあるので赤ちゃんの機嫌とかも
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧