最新のスポーツ科学×幼児教育・保育学早稲田大学教授陣が監修する21世紀型教育プログラムをインターナショナルスクールに初導入

最新のスポーツ科学×幼児教育・保育学早稲田大学教授陣が監修する21世紀型教育プログラムをインターナショナルスクールに初導入

「AIC国際学院 初等部×キッズスポーツスクールbiima sports」AIC国際学院 初等部 広島・京都の体育(Physical Education)に導入

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
広島市・京都市にてインターナショナルスクール「AIC国際学院 初等部(AIC World College Elementary School」(以下、AIC WC)を運営する株式会社AICエデュケーション(広島・広島市、代表取締役社長:桑原 克己、以下、AIC)は、21世紀型教育の総合キッズスポーツスクール「biima sports(ビーマスポーツ)」を運営する株式会社biima(東京・渋谷区、代表取締役:田村 恵彦、以下、biima)と提携し、AIC WC広島・京都 初等部での体育(Physical Education(以下、PE))授業にbiima社が監修する「21世紀型教育プログラム」を導入します。AIC WCは2023年春に大阪、その後関東地区での開校を計画しており、いずれの初等部でも同プログラムを導入予定です。
授業風景
授業風景
■ 「英語で学ぶ」AIC WCの教科融合『探究学習』
AIC WCでは「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」環境によって、実社会で使える「活きた英語」を身に付けると同時に、激変する21世紀のリーダーとなれる力を育みます。

そのため、探究型・教科融合型の学びを特徴とする国際バカロレア(IB)のPYP(Primary Years Program)、その他最先端の教育プログラムを積極的に取り入れ、自分で課題を見付けて解決する力を身に付け、学ぶことを楽しみ、学び方を学んで、一生涯学び続ける将来に繋がる力を育みます。AIC WC広島は、既にIB PYPの候補校となっています。

教科としては、言語(日本語・英語)、算数、理科、社会、PE、芸術(音楽・図画工作)の6教科を教科融合型で学びます。探究型の授業では、児童の「どうしてだろう」「知りたい」という主体性と探究心を自然に引き出すことを重視しています。児童が学ぶことを楽しむようになり、楽しい時にこそ、苦労なく知識が定着します。探究心を自然に引き出すためにも、教科融合型のカリキュラムが適していると言えます。
詳細はこちら

2022年06月28日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧