ベッドリネンブランド『 itolier イトリエ 』がブランド誕生10周年を機に、サステナブルなモノづくりをさらに進化

ベッドリネンブランド『 itolier イトリエ 』がブランド誕生10周年を機に、サステナブルなモノづくりをさらに進化

厳選した天然素材と確かな国内縫製技術により、自然の心地よさを提案。食品廃棄物を再活用した「フードテキスタイル」をはじめ、地球環境にやさしい素材の春夏アイテムを2月下旬から多彩に展開します。

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
西川株式会社は、世界中から厳選した天然素材と、日本国内の確かな縫製技術の融合により、自然の心地よさを提案するベッドリネンブランド『itorier イトリエ』 を2012年より展開しています。

ブランド誕生以来、天然の素材や染料にこだわり、環境や社会に配慮した製品開発を続けてきた『イトリエ』は、10周年となる今年、サステナブルなモノづくりをさらに推進します。地球環境にやさしい素材の春夏アイテムを多彩に揃え、2月下旬から西川公式オンラインショップをはじめ、全国の百貨店、寝具専門店などで発売します。また、春夏アイテムの展開に合わせ、2月18日(金)にブランドサイトを新たにオープンします。
[イトリエ ブランドサイト] https://itolier.jp
イトリエ
“自然を紡ぐ、ほんとうの私に還る”をコンセプトに掲げる『イトリエ』の2022年春夏シーズンは、地球環境への配慮や心地よさにこだわった天然素材のバリーエションで、自然との一体感を味わいながら心とカラダをリセットするベッドタイムを提案します。

フードロスの問題に対して、捨てられてしまうはずだった安全な食材を染料として再利用し、生産過程も環境に配慮して作られる「FOOD TXTILE(フードテキスタイル)」の掛けふとんカバーやピローケースが登場。また、暑い夏に涼しさをもたらし、環境への負荷も少ない「麻」や「和紙」などの日本の伝統的な天然素材のアイテムや、大量の水を必要とする染色をせずに「生成の糸」や「カラードコットン」を使用してナチュラルな個性を楽しむガーゼケットや綿毛布なども揃えます。

『イトリエ』は今シーズンより商品パッケージや織ネームも刷新し、エコフレンドリーな仕様に切り替えます。(※継続品は除く)新パッケージには、ベジタブルオイルインクによる印刷、FSC®認証紙やバイオマスプラ袋を採用。織ネームの素材には再生ポリエステル糸を使用します。ぜひ『イトリエ』のベッドリネンで、地球環境に寄り添いながら上質なベッドタイムをお過ごしください。
詳細はこちら

2022年03月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ