学研プラスの0~3歳向け定番おはなし絵本シリーズがリニューアル

学研プラスの0~3歳向け定番おはなし絵本シリーズがリニューアル

子どもの発達に合わせた配色・イラスト・デザインを検討しなおしリニューアル。日本の昔話、世界の名作がたくさん掲載されているほか、スマホで聞ける声優による本格読み聞かせ音声もついている1冊

「学研プラス」の年齢別おはなし絵本シリーズから、「2さいだもん おはなししましょ 新版」、「3さいだもん おはなししましょ 新版」が発売中。

9月に発売した「0さいだもん おはなししましょ 新版」、「1さいだもん おはなししましょ 新版」とあわせたリニューアルとなる。
左上/0さいだもん おはなししましょ 新版 1,100円 、右上/1さいだもん おはなししましょ 新版 1,210円、左下/2さいだもん おはなししましょ 新版 1,430円、右下/ 3さいだもん おはなししましょ 新版 1,430円 (すべて税込)
左上/0さいだもん おはなししましょ 新版 1,100円 、右上/1さいだもん おはなししましょ 新版 1,210円、左下/2さいだもん おはなししましょ 新版 1,430円、右下/ 3さいだもん おはなししましょ 新版 1,430円 (すべて税込)
この 「おはなししましょ」シリーズは、0~3歳の各年齢に合ったおはなしと歌がつまった1冊。

さまざまな絵本作家の絵で、定番の昔話や子どもたちが大好きなテーマの創作物語を楽しむことができ、2004年の初版から17年売れ続けているシリーズ200万部のロングセラー絵本だ。

今回は、これからも多くの子どもたちに楽しんでもらえるようにと、子どもの発達に合わせた配色・イラスト・デザインを検討しなおし、「親子の幸せなふれあいができる絵本」「子どもの好奇心を育む絵本」というコンセプトでリニューアル。

0歳は、はっきりとした色の絵とオノマトペのあるおはなし、1歳は、くり返しや言葉の響きが楽しいおはなし、2歳と3歳は、有名な日本の昔話や世界の名作などストーリーのあるおはなしなど、発達に合わせてその年齢にぴったりのおはなしを掲載。
ロシアの昔話「おおきな かぶ」 おじいさん、おばあさん、まご、いぬ、ねこ…とだんだん登場人物が増えるくり返しの展開が2歳児にぴったり。(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
ロシアの昔話「おおきな かぶ」 おじいさん、おばあさん、まご、いぬ、ねこ…とだんだん登場人物が増えるくり返しの展開が2歳児にぴったり。(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
日本の昔話「さると かに」 登場人物の気持ちを考えながら読めるおはなしで3歳にぴったり。(「3さいだもん おはなししましょ 新版」より)
日本の昔話「さると かに」 登場人物の気持ちを考えながら読めるおはなしで3歳にぴったり。(「3さいだもん おはなししましょ 新版」より)
この1冊でいくつものおはなしを楽しむことができるため、読者の方からは「絵本数冊分の価値あり!」との声も寄せられている。

また、絵本のページには2次元コードがあり、それをスマートフォンやタブレットで読み取ると読み聞かせの音声を聞くことが可能。

子どもの聞こえの発達の専門家・埼玉大学の志村洋子先生による、子どもの聞き取りやすい抑揚のつけ方や声の高さなど、読み方のポイントのアドバイスを踏まえてプロの声優が読み聞かせ。
アンデルセン童話「おやゆびひめ」 おやゆびひめやひきがえる、もぐら、つばめなどさまざまな動物が登場。読み聞かせの音声でそれぞれの違いを楽しめる。(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
アンデルセン童話「おやゆびひめ」 おやゆびひめやひきがえる、もぐら、つばめなどさまざまな動物が登場。読み聞かせの音声でそれぞれの違いを楽しめる。(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
子どもと保護者の方がいっしょに聞いて、リラックスした時間をすごしたり、声優の読み聞かせを保護者の方の読み方の参考にしたりなど、自由に活用することができる。
グリム童話「おおかみと7ひきのこやぎ」 おおかみのしゃがれた声、お母さんのまねをしたきれいな声などの違いを読み聞かせの音声で味わえる。(「3さいだもん おはなししましょ 新版」より)
グリム童話「おおかみと7ひきのこやぎ」 おおかみのしゃがれた声、お母さんのまねをしたきれいな声などの違いを読み聞かせの音声で味わえる。(「3さいだもん おはなししましょ 新版」より)
さらに、子どもたちが夢中になる楽しいしかけ、役立つ生活習慣など、子どもも大人もうれしいおはなしがたっぷり。

子どもたちの好奇心が刺激され「絵本って楽しい!」という気持ちが味わえるよう、シリーズすべての本に、穴があいていたり、めくったりして遊べる楽しいしかけのあるページを用意。
日本の昔話「おむすびころりん」 ページに穴があいており、おむすびが「ころりん」と転がって「すとん」と穴に落ちる様子を、しかけで楽しめる。(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
日本の昔話「おむすびころりん」 ページに穴があいており、おむすびが「ころりん」と転がって「すとん」と穴に落ちる様子を、しかけで楽しめる。(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
「はみがき」や「手洗い・うがい」などの生活習慣なども、おはなしで楽しくとりあげているので、絵本をきっかけに挑戦してみるのもおすすめ。その日の子どもたちの気分に合わせて、いろいろなおはなしにふれることができる。
はみがきのおはなし。はブラシたちが口の中でダンスするおはなしを読んで、はみがきを楽しそうと思えるよう描かれる(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
はみがきのおはなし。はブラシたちが口の中でダンスするおはなしを読んで、はみがきを楽しそうと思えるよう描かれる(「2さいだもん おはなししましょ 新版」より)
1冊でいろいろな楽しみ方ができる「おはなししましょ 新版」シリーズ。親子のおはなしの時間にぜひ、取り入れてみては。


0さいだもん おはなししましょ 新版
1,100円 (税込)

1さいだもん おはなししましょ 新版
1,210円 (税込)

2さいだもん おはなししましょ 新版
3さいだもん おはなししましょ 新版
1,430円 (税込)

※すべて学研プラス刊

問い合わせ先/学研プラス
https://gakken-plus.co.jp/contact/
https://hon.gakken.jp/

2021年11月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧