童話や日本昔話など20のおはなしを厳選した読み聞かせ絵本が刊行

童話や日本昔話など20のおはなしを厳選した読み聞かせ絵本が刊行

オノマトペや繰り返しのリズムがふんだんに散りばめられた、3歳から6歳の子どもとその保護者におすすめの1冊

「高橋書店」から、「いっしょに楽しむおはなしのえほん こどもに伝えたい20話」が、全国の書店・オンラインストアにて発売中。

3歳から6歳の子どもとその保護者を対象に、寝る前に読み聞かせをするための本、有名な昔話がまとまった本、絵が多く子どもが興味を持てる本を探している方におすすめの1冊となっている。
いっしょに楽しむおはなしのえほん こどもに伝えたい20話  1,485円(税込)
いっしょに楽しむおはなしのえほん こどもに伝えたい20話 1,485円(税込)
この本は、イソップ寓話、グリム童話、日本昔話などから20のおはなしを厳選した読み聞かせの絵本。

昔から子どもにも大人にも「生き方のヒント」を与えてくれるおはなしのもつメッセージを、「なりたい自分」にわけて、6つの章にまとめたものとなる。
いっしょに楽しむおはなしのえほん こどもに伝えたい20話
昔話では、登場人物が同じ行動をとったり、同様のエピソードがくり返されたりすることから、「くり返しのリズム」を多く取り入れることで読みやすく工夫。

また、オノマトペ(擬音語・擬態語)のくり返しなど、日本語の読み聞かせに大切な要素もふんだんに散りばめられており、音読の際に、間をとったり、強弱をつけたり、速度を変えたりしやすいよう、適切なタイミングの改行や、強調すべき言葉を太字にするなど文章の工夫も施されている。
いっしょに楽しむおはなしのえほん こどもに伝えたい20話
おはなしの最初には、豆知識を記載した「おうちの方へ」コーナーを設置。視野が広がり、大人も楽しめる内容となっている。

さらに、最後には「ふりかえってみよう」コーナーを設け、読んだ後に子どもとおはなしをふり返り、理解度をいっしょに確認することも。子どもにとって、思ったことを自分の言葉にするトレーニングにもなり、伝える力を身につけることができる。
いっしょに楽しむおはなしのえほん こどもに伝えたい20話
小学校受験で童話の問題が頻出されていることから、小学校受験対策にもおすすめの1冊。ぜひチェックをしてみては。
いっしょに楽しむおはなしのえほん こどもに伝えたい20話
文/ささきあり、長井理佳、早野美智代、飯野由希代
監修/大野寿子
高橋書店刊 1,485円(税込)

問い合わせ先/高橋書店
tel.03-5957-7061
https://www.takahashishoten.co.jp/

2021年11月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧