遊びながら学んで、未来の仕事を発見する子ども向け大型イベントが開催

遊びながら学んで、未来の仕事を発見する子ども向け大型イベントが開催

起業家や宇宙開発、忍者、マジシャン、ドッグトレーナーなど100以上のクラスを自由に体験可能。手話やジェスチャーを使ったパフォーマンスショーやショートムービーの上映会など、予約不要で楽しめるコンテンツも満載の“あそびとまなびのフェスティバル”。

「すべての新しい学びがここに」をコンセプトに生まれた「T-KIDSシェアスクール」が、
「柏の葉T-SITE」と共催で、”お仕事”や ”働き方”をテーマにした大型イベント「あそまなびフェス~お仕事はっけん編~」を、10月30日(土)・31日(日)に開催。

体験できるクラス数は100以上で、予約不要で楽しめるコンテンツも盛りだくさん。子どもたちの「好き」を「仕事」に変えるヒントをくれる“あそびとまなびのフェスティバル”となっている。
あそまなびフェス~お仕事はっけん編~
コンテンツのひとつ「お仕事はっけんワークショップ」は、これまでとは少し違う形の職業体験イベント。

起業家や宇宙開発、忍者、マジシャン、ドッグトレーナーなど、多彩な仕事をテーマにしたワークショップを体験でき、楽しみながら学ぶことを通して、未来の「仕事」「働き方」を考えるきっかけを届ける。

※下記「お仕事はっけんワークショップ一覧」ページから好きなクラスを選び、各クラスの予約ページから要予約。
https://tkids.tsite.jp/informations/386.html
あそまなびフェス~お仕事はっけん編~
一般社団法人「手話エンターテイメント発信団 oioi」の手話やジェスチャーを使ったオモシロパフォーマンスショーや、手話エンターテイメントショートムービー「SHUWACHAN BARRIER CRASH」上映会も開催。

子どもたちが生きていく社会は、今よりずっと多様化しているはず。そのような「多様化社会」へのひとつの提案として、耳が“きこえる人”と“きこえない人”の間にある、目に見えないバリアを壊し、手話エンターテイメントで人々の心を動かすイベントを開催。

その他にも、大道芸やマジックのショーなどといった、スペシャルイベントもある。

※予約不要。参加の際はイベント詳細を要確認。
https://store.tsite.jp/kashiwanoha/event/magazine/22577-1224391001.html
あそまなびフェス~お仕事はっけん編~
また、子どもたちが発見した「好き」をもっと深く学ぶことができる特別ワークショップも同時開催。「好き」を「仕事」に変えてくために必要な学びをいっしょに探すことができる。

※好きなクラスを選び、各クラスの予約ページから要予約
https://store.tsite.jp/kashiwanoha/event/magazine/22577-1224391001.html
あそまなびフェス~お仕事はっけん編~
さらに「柏の葉T-SITE」では「あそまなびフェス」開催と同日に、ハロウィンをテーマにしたワークショップやゲームが楽しめるイベント「WANDER in HALLOWEEN 2021」も開催される。
あそまなびフェス~お仕事はっけん編~
遊びながら学び、子どもたちの未来を応援するフェスティバル。この機会にぜひ、家族で参加してみては。


あそまなびフェス~お仕事はっけん編~
開催期間/10月30日(土)・31日(日
場所/柏の葉T-SITE P2 駐車場外
問い合わせ先/T-KIDSシェアスクール 柏の葉
tel.04-7197-7801(受付時間 月~金曜 15:00~18:00/土曜 9:00~18:00 ※日曜はクラスのある日程のみ受付)
tkids.kashiwanoha@ccc.co.jp
https://store.tsite.jp/kashiwanoha/event/magazine/22428-2030030922.html

2021年10月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧