CodeCampKIDS監修のプログラミング的思考ドリルが刊行

CodeCampKIDS監修のプログラミング的思考ドリルが刊行

マンガのストーリーをベースに楽しくパズルを解きながら、プログラミング的思考が身につく1冊

「西東社」から、小学生・中学生向けプログラミング教室「CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)」が監修する書籍、「小学生あそんで身につくシリーズ プログラミング的思考ドリル」が発売。
小学生あそんで身につくシリーズ プログラミング的思考ドリル 1,650円(税込)
小学生あそんで身につくシリーズ プログラミング的思考ドリル 1,650円(税込)
「CodeCampKIDS」は、初心者でも楽しく学べるビジュアルプログラミングから、本格的なゲームやアプリなどの開発まで学ぶことのできる、小学生・中学生のためのプログラミングスクール。

直営教室、オンラインスクールの運営の運営に加え、多数のパートナー教室を展開するほか、教材開発パートナーとして、企業や教育機関との協業による子ども向けプログラミング教材の開発も行っている。
小学生あそんで身につくシリーズ プログラミング的思考ドリル
2020年度の小学校でのプログラミング教育の必修化に始まり、2021年度に中学校、2022年度には高校でプログラミング教育が実施。また、2024年度からは、大学入学共通テストに「情報」が追加されることも決定した。

この書籍は、小学生に対してのプログラミング教育のねらいとして掲げられる「プログラミング的思考」とその概要の理解にフォーカス。マンガのストーリーをベースに、楽しみながらパズルを解くことでプログラミング的思考を身につけることができる、入門に最適な1冊となっている。
小学生あそんで身につくシリーズ プログラミング的思考ドリル
これからの時代を生きる子どもたちの必須スキルである、プログラミング的思考を育むドリル。ぜひ、親子で楽しみながら取り組んでみては。
小学生あそんで身につくシリーズ プログラミング的思考ドリル
監修/CodeCampKIDS
西東社刊 1,650円(税込)
https://www.seitosha.co.jp/book/isbn-9784791630288

問い合わせ先/CodeCampKIDS事務局
info@codecampkids.jp
https://codecampkids.jp/

2021年10月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧