ITeens Lab卒業生のクリエイター中井けんと氏が手掛けた絵本が発売

ITeens Lab卒業生のクリエイター中井けんと氏が手掛けた絵本が発売

いじめといったマイナス体験から生まれた、16歳のイベンター・自己表現家による絵本作家メジャーデビュー作

「協立コミュニケーションズ」より、イベント「こどもばんぱく」の主催者でもある中井けんと氏が手掛けた絵本「かわったかたちのさかな」が発売中。

著者は、子どもプログラミング教室「ITeens Lab」卒業生で、現在通信制の高校に通う16歳。

12歳からイベンターとして活動を開始し、13歳から主催した「こどもばんぱく」では、クラウドファンディングで資金を調達。計3回で5400名を動員したのち映画化もされたクリエイターだ。

これらの活動が出版社の目に止まり、今回「かわったかたちのさかな」を出版する運びに。
小さい頃からの夢だった絵本作家としてのデビューが実現した。
かわったかたちのさかな 1,100円(税込)
かわったかたちのさかな 1,100円(税込)
「かわったかたちのさかな」は、いじめでの体験といった「マイナス」から生まれた作品。 しかし、絵本を表に出してそれが認められたことによって「プラス」へと変化。表現にはそんなマイナスをプラスに変える力があると中井氏は語る。

さまざまな形での表現を続ける、若きクリエイターのデビュー作となる絵本を、この機会にぜひチェックしてみては。 

かわったかたちのさかな
著/なかい けんと
編集/高野 雅裕
イラスト/ポリー
協立コミュニケーションズ刊 1,100円(税込)

問い合わせ先/ITeens Lab
https://iteenslab.com/contact/
https://www.amazon.co.jp/dp/4991170044

2021年08月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧