保育士や小児科医が推薦する絵本「だーっこ だっこ」が発売中

保育士や小児科医が推薦する絵本「だーっこ だっこ」が発売中

愛着関係を築くいちばんの方法である「だっこ」を通して、子どもの心の安心感や自己肯定感を育む絵本

「KADOKAWA」から、絵本「だーっこ だっこ」が発売中。

作者は毎日子どもたちと接し、絵本の読み聞かせを実践する保育園の園長先生・にへいたもつ氏、絵は「わたしはだあれ?」「パンダのあかちゃん おっとっと」「なでなでなーで」などで大人気のわたなべさとこ氏が務めた。
だーっこ だっこ 1,100円(税込)主な対象年齢/0、1歳から
だーっこ だっこ 1,100円(税込)主な対象年齢/0、1歳から
子どもの成長・発達には、「心の安定」が不可欠。そのためには、親と子の愛着関係がとても重要だ。

肌と肌のふれあい、お腹の中にいたときと同じ心臓の音、そして、ママやパパのにおい。「だっこ」は愛着関係を築くいちばんの方法で、心の安心感や自己肯定感が育まれ、人への信頼感につながる。

「だっこ」は、赤ちゃんや子どもにとって非常に大切。子どもは「だっこ」を通して愛されていると感じることで、「オキシトシン」という「幸せホルモン」が分泌され、また「だっこ」をしているママやパパにも分泌される。

今回発売の「だーっこ だっこ」には、たくさんの動物や人間の赤ちゃんとママ・パパの「だっこ」が登場。子どもはもちろんママやパパにも、やさしい気持ちとゆとりを与えてくれる絵本となっている。
だーっこ だっこ
こりすちゃん、コアラちゃん、おさるちゃん、
カンガルーちゃん、パンダちゃん、
かわいいあかちゃんが、ママ(パパ)をみつけて……。
「だーっこ だっこ だっこで ぎゅ」
だーっこ だっこ
また、100人の保育士や小児科医もこの絵本を推薦。「子どもの心の安定、自己肯定感を育む絵本」「親子のふれあいの表現や動物たちの表情がやさしく素敵」など、たくさんの推薦文が寄せられている。

子どもも大人もほっこりとしたしあわせな気持ちになれる1冊を、ぜひ親子の読み聞かせタイムに取り入れてみては。
だーっこ だっこ
作/にへいたもつ
絵/わたなべさとこ
KADOKAWA刊 1,100円(税込)

問い合わせ先/KADOKAWA
https://yomeruba.com/product/ehon/322102001366.html

2021年07月13日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ