数字のくりあがりが楽しく学べる人気絵本シリーズの最新作が登場

数字のくりあがりが楽しく学べる人気絵本シリーズの最新作が登場

外出もままならないこの頃、「もり」「音楽」をテーマに、子どもたちがどのような世界に行けたら楽しく心休まるかを考えて描かれた、ベストセラー絵本の第5弾

「偕成社」から、人気絵本シリーズの最新刊「もりの100かいだてのいえ」が、5月21日(金)に発売。

今作は、発売後わずか10年でミリオンセラーになった「100かいだてのいえ」に続くシリーズの第5弾となる。
もりの100かいだてのいえ 1,320円(税込)
もりの100かいだてのいえ 1,320円(税込)
「100かいだてのいえ」シリーズは、メディアアーティストとしても活躍してきた、いわいとしお氏が、小学校の算数で数字を数えることや、数字のくりあがりにつまずいている自身の長女の姿をみて構想された絵本。
 
100階建ての家を10階のぼるごとにページをめくる構成となっており、これまで「100かいだてのいえ」(2008年)、「ちか100かいだてのいえ」(2009年)、「うみの100かいだてのいえ」(2014年)、「そらの100かいだてのいえ」(2017年)が刊行されている。
「100かいだてのいえ」シリーズ
絵本を縦に開く斬新さや、「つぎの階はだれが住んでいるのかな?」とページをめくる楽しさ、開くたびに新たな発見のある細かく描きこまれた部屋の様子などが子どもたちの心をとらえ、読者の方からはこの絵本を読んで数字を数えられるようになったという内容の声が多数よせられている。
※写真は第1作「100かいだてのいえ」
※写真は第1作「100かいだてのいえ」
海外では8カ国語に翻訳され、現在は365万部を超える大人気シリーズに。今回、4年ぶりの新刊となる「もりの100かいだてのいえ」は、発売前から中国、韓国、台湾での刊行が既に決まっている。

今作の舞台は「もり」。外出もままならないこの頃、子どもたちがどのような世界に行けたら楽しく心休まるかを考えて描かれた。

主人公は、音楽が大好きなオトちゃん。
ハープの練習をしていると、どこからか不思議な音が聞こえてきました。
もりの100かいだてのいえ
音のする方へいくと、1本の大きな木がありました。
扉がついていて、どうやら中はおうちになっているようです。
いったいだれがすんでいるのでしょう?
もりの100かいだてのいえ
扉をあけると、そこはくまさんのおうちでした。
「きょうは100かいで えんそうかいが あるから れんしゅうしてるんだ。ドンドコドン♪」
オトちゃんは、えんそうかいにいってみることにしました。
もりの100かいだてのいえ
オトちゃんは、他にもシカさんやサルさん、カマキリさんなどたくさんの住人たちと出会います。
さて、てっぺんには誰がすんでいるのでしょうか?

今回は「音楽」もテーマになっており、それぞれの階で生き物たちが演奏している楽器にも注目だ。

ストーリーを楽しみながら自然と数の数え方が身につく、人気絵本シリーズの最新作を、この機会にぜひ手に取ってみては。

 
もりの100かいだてのいえ
作/いわいとしお
偕成社刊 1,320円(税込)

問い合わせ先/偕成社
tel.03-3260-3221
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784033501109

2021年05月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ