アメリカで大人気の早期英語学習ゲーム「ジンゴ・シリーズ」から待望の新商品が日本上陸

アメリカで大人気の早期英語学習ゲーム「ジンゴ・シリーズ」から待望の新商品が日本上陸

スロットマシンのスピードアクションを楽しみながら、算数の概念や基礎、英語での数字の読み方が自然に身につく「Zingo! 1-2-3」と、リーディングのスキルを飛躍的に上達させる教育法を用いた「Zingo! Sight Words」の、子どもの好奇心を刺激し、遊びながら自然と英単語や考える力が身につく2商品

「CAST JAPAN」が、2017年8月に販売を開始した米「ThinkFun Inc.」の遊びながら英語が学べるゲーム「Zingo!(ジンゴ)」の人気シリーズである、数の概念が遊んで学べる「Zingo! 1-2-3(ジンゴ1-2-3)」、サイトワードが遊んで学べる「Zingo! Sight Words(ジンゴ・サイトワード)」の2商品の輸入を、4月中旬に開始。

「Learning by Playing(Playを通した教育メソッド=21世紀型スキルを身につける“Play学習”)」を推進する「CAST JAPAN」が、「学ぶことは楽しくあるべき!」という米「ThinkFun」の信念に共鳴して販売開始した、ジンゴ・シリーズの第2弾、第3弾となる。

「Zingo!」は、お馴染みのビンゴゲームの要領で、カードに描かれた9つのイラストや数字、英単語と、「ジンガー」と呼ばれる小さなスロットマシンをスライドさせることで出てくる、2枚のタイルに描かれたものと手持ちのジンゴカードのイラストを早くマッチさせることを競うゲーム。

スピードアクションを伴うことで右脳を活性化させ、日本語を経由せずイラストと英単語を直接的にリンクさせる方法で、自然に英語を身につけるのが大きな特徴となっている。

4歳以上の子どもたちが最大6人までプレー可能で、ゲームを楽しんで遊ぶことを通して、字の読めない小さな子どもでも必然的に英語が身につく、アメリカで大人気の早期英語学習ゲームだ。
Zingo!
そのスタイルを踏襲している「Zingo!」シリーズの第2弾「Zingo! 1-2-3」は、数字のタイルとジンゴカードのマスをマッチさせるゲーム。

カードに描かれているのは、数を現すさまざまな模様とその模様の合計数を表した英語。模様が何個あるかを数え、「ジンガー」のスピードアクションでゲームを楽しみながら、カウンティング(数を数えること)、算数の概念や基礎、英語での数字の読み方が自然に身につく。
Zingo! 1-2-3(ジンゴ1-2-3) 4,070円(税込)
Zingo! 1-2-3(ジンゴ1-2-3) 4,070円(税込)
第3弾シリーズの「Zingo! Sight Words」は、英語の文章のうち50~70パーセントと使用頻度の高い英単語を早期に脳に刷り込むことで、リーディングのスキルを飛躍的に上達させる教育法を用いたゲーム。

頻出英単語が描かれた2枚のタイルと、ジンゴカードに描かれている英語の単語とをスピードアクションを伴うことで右脳を活性化。

イラストを見ながら英語の単語や数字を言葉に出して、くり返しゲームを楽しむことで、子どもの好奇心を刺激し、遊びながら自然と英単語や考える力が身につく。
Zingo! Sight Words(ジンゴ・サイトワード) 4,070円(税込)
Zingo! Sight Words(ジンゴ・サイトワード) 4,070円(税込)
グローバル教育がスタンダードな時代を生きる子どもたちに、幼少期から遊びながら英語を使う機会を提供するゲームを、この機会にぜひチェックしてみては。
 
問い合わせ先/CAST JAPAN
info@cast-japan.com
https://www.play-departmentstore.com

2021年04月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧