子どもとのコミュニケーションに新しい視点を与えるオンラインプログラムが開催

子どもとのコミュニケーションに新しい視点を与えるオンラインプログラムが開催

コーチングの第一人者が監修するプログラムで、子育てを楽しく豊かなものへ

「ディスカヴァー・トゥエンティワン」が、子どもとのコミュニケーションに新しい視点を持つためのオンラインプログラム「子育てコーチングワークショップ」を、3月1日(月)より開講。

プロのコーチが親子のコミュニケーションの課題と可能性にアプローチし、子育てがより豊かで楽しくなることを目指す。
子育てコーチングワークショップ
コロナウイルス感染拡大により外出自粛が求められるなか、おうちで子どもとすごす時間が増えたという方も多いだろう。なかには、いろいろと気づきやもやもやが増えた方、子育ての楽しさが薄れている方もいるかもしれない。

今回提供されるプログラムは、日本人として初めて「国際コーチング連盟(ICF)」よりマスター認定を受けた、伊藤 守氏監修のもと作成されたプログラム。

コーチング資格を持つ経験豊かなプロコーチの進行のもと、子育てや子どもとのコミュニケーションについての「問い」を間に、参加者同士で3分間の対話を実践的に繰り返していく。

また、クラスとクラスの間には、日々のコミュニケーションで実践的かつ気軽に取り組めるフィールドワーク(観察&実践)を用意。

マニュアルとクラスコーチが提供するコミュニケーションヒントをきっかけに、観察・対話ワーク・実践を通して、子どもとのコミュニケーションを捉え直し、選択肢を増やしながら、関わりの可能性を開いていくことを目指す。

・子育てや子どもとのコミュニケーションについて新たな視点を得たい
・子どもとの関わり方を変える必要性を感じている
・子どもとの日々のコミュニケーションをもっと活発にしたい、もっと楽しくしたい
・正解のない子育てだからこそ、自分と子どもにとっての最適解を探求したい
・子育てについて、同じく子育てに奮闘する人たちといっしょに考え、話し合ってみたい
このような方におすすめのプログラムとなっている。

子育てに対するもやもやとした気持ちを解消し、新しい視点を与えてくれるプログラムを、この機会にぜひチェックしてみては。

子育てコーチングワークショップ
日時/
・月曜日クラス
オリエンテーション:3月1日(月)10:00~11:00
第一回クラス:3月8日(月)10:00~12:00
第二回クラス:3月15日(月)10:00~12:00
・火曜日クラス
オリエンテーション:3月2日(火)10:00~11:00
第一回クラス:3月9日(火)10:00~12:00
第二回クラス:3月16日(火)10:00~12:00

受講費用/16,500円(税込)※講義テキスト込み
参加対象/5歳~15歳くらいの子どもの子育てに取り組んでいる方
定員/各講座16名
※団体での申し込みも可。16名以上の場合、団体都合に併せ日時・開催場所を調整します

問い合わせ先/ディスカヴァー・トゥエンティワン 子育てコーチングワークショップ運営事務局
seminar_support@d21.co.jp
https://d21.co.jp/news/event/hagukumicoach/

2021年02月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧