危機に瀕した世界の動物を救う「ミラクルカップ・ワイルドラブ」が発売中

危機に瀕した世界の動物を救う「ミラクルカップ・ワイルドラブ」が発売中

倒しても逆さまにしてもこぼれにくい「ミラクルカップ」の、子どもと一緒にサステナブルな社会を考える新商品

「ダッドウェイ」が、アメリカのベビー用品ブランド「munchkin(マンチキン)」の「ミラクルカップ・ワイルドラブ」を発売中。

売上の一部は、危機に瀕した世界の動物のために寄付され、サステナブルに配慮した商品を選択することを通して、家族でSDGsについて考えるきっかけを提供する。
ミラクルカップ
「ミラクルカップ・ワイルドラブ」に描かれた、キュートな動物たちは、実は非常に深刻な状況におかれている。温暖化の影響で、ホッキョクグマの生息地である氷が急速に解け、キツネやウサギは毛皮狩りで年間10億匹以上も命を奪われている。また、水族館のシャチはストレスで寿命が縮み、アフリカゾウは象牙の密猟で10年間に約10万頭が命を落としている。

この現状を受け、「munchkin社」はIFAW(国際動物福祉基金)やThe Whale Sanctuary Project(クジラ保護区プロジェクト)へ売り上げの一部を寄付し、危機に瀕した動物たちを守るための活動を支援。
ミラクルカップ・ワイルドラブ 266ml(満水時) すべて1,500円(税抜)
ミラクルカップ・ワイルドラブ 266ml(満水時)
「ミラクルカップ・ワイルドラブ」の購入により、危機的状況に置かれた動物たちについて理解を深め、生物多様性の保全を促進する、未来を変えるエシカルな消費活動に参加することができる。

商品パッケージは、地球環境に配慮したリサイクル素材を100%使用。SDGsで定められた17の目標のうち、「12 つくる責任 つかう責任」「14 海の豊かさを守ろう」「15 陸の豊かさも守ろう」に着目し、パッケージを開くと、各動物たちの生息地が広がるようになっている。
ミラクルカップ
「ミラクルカップ・ワイルドラブ」を通して、家族でサステナブルな社会について考えてみては。
問い合わせ先/ダッドウェイお客さま相談窓口
tel.0120-880188
http://www.dadway.com

2020年08月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧