出産時はメイク禁止?眉毛用コスメなど用意したメイク道具

出産時はメイク禁止?眉毛用コスメなど用意したメイク道具

出産で入院するときにメイクしたシーン

出産を控えているとき、出産当日や出産のための入院期間にメイクをしてもよいのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、出産時はメイク禁止なのかや出産時にメイクするときのポイント、眉毛用ペンシルやメイクを落とすときのアイテムなど、持参したメイク道具について体験談を交えてご紹介します。

出産時はメイク禁止なの?

出産を控えている方のなかには、出産当日や入院期間にもメイクをしたいと考える方もいるようです。出産を経験したママたちに、出産時にメイク禁止だったかを聞いてみました。

30代ママ
私が出産した病院では、出産当日はメイク禁止でした。お医者さんから、顔色がわかりにくいのでメイクを落とすようにと言われたことがあります。
40代ママ
メイクについて、私が通っていた病院から特に指定はありませんでした。私の場合、出産後すぐに赤ちゃんとの記念写真を撮りたかったので、薄めのメイクをした記憶があります。
病院によって出産時にメイク禁止の場合と、特に指定がない場合があるようです。出産時にメイクをしてもよいのかは、妊婦健診に行っている病院で、事前に確認するとよいかもしれません。

今回は、出産や出産のために入院するときのメイク事情について、ママたちに聞いてみました。

出産時にメイクするときのポイント

赤ちゃんを出産するとき、どのようなメイクをしようか考える方もいるようです。ママたちに聞いた、出産時にメイクするときのポイントをご紹介します。

汗で落ちにくいタイプを使う

メイク用品
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
出産時にメイクをするときは、ウォータープルーフタイプの化粧品を使うことだと思います。私の場合、陣痛の間隔が狭まってきたときにはたくさん汗をかいたので、汗や水で落ちにくいメイクをしていてよかったです。
出産時はたくさん汗をかく方もいるようなので、汗で落ちにくいタイプの化粧品を使うことがポイントのようです。自分の肌にあっているかを確認するためにも、出産時に使いたい化粧品を使ってメイクをしてみるとよいかもしれません。

ナチュラルメイクを心がける

30代ママ
私は顔色の変化が看護師さんやお医者さんにわかりやすいように、ナチュラルメイクをして出産しました。下地に薄づきのプレストパウダーを重ね、眉毛を書くだけの簡単なものにしました。
体調の変化が顔色にあらわれるかもしれないと考え、出産時はナチュラルメイクを意識したママもいるようです。ママのなかからは、目元や口元だけのポイントメイクを行なったという声も聞かれました。

出産で入院するときにメイクしたシーン

出産のために入院するとき、メイクをする機会があるか考える方もいるようです。ママたちに、出産で入院するときにメイクしたシーンを聞いてみました。

分娩時

30代ママ
私の場合、破水が先だったので陣痛が来る前から入院をしていました。出産時、赤ちゃんとの記念撮影をしたかったので陣痛がくる前に簡単なメイクをしたことを覚えています。
分娩に備え、陣痛がくる前にメイクをしたママがいるようです。他にも、陣痛のため病院へ向かう準備をするときに、陣痛の合間にメイクをしたというママの声もありました。

お見舞いの方が来るとき

20代ママ
赤ちゃんを出産後、病院にお見舞いの方が来てくれる日にメイクをしました。家族ならノーメイクでもよいのですが、友だちや同僚の前では少し恥ずかしかったので普段と同じメイクで迎えました。
病院にお見舞いの方が来る予定がある日に、メイクをしたママがいました。出産したばかりでは体がつらいこともあるようなので、ママの体調を最優先して短時間で仕上げるメイクを行うとよいかもしれませんね。

退院時

40代退院時ママ
赤ちゃんといっしょに退院するとき、夫と3人の写真を撮りたいと思いました。退院用の服にあわせたメイクをし、初めて家族で撮影した写真は今も大切な1枚です。
退院するときに記念撮影をしたいと考えるママもいるようです。他にも、退院時に公共交通機関を利用して帰宅するときには、普段通りのメイクをしたいと考えるママもいました。

出産で入院するときに持参したメイク道具

メイクポーチ
Africa Studio/Shutterstock.com

ママたちに、出産のために入院するときに持参したメイク道具について聞いてみました。

オールインワン化粧品

30代ママ
出産のために入院するときは、化粧水や乳液、美容液までの工程が1つで済むといわれるメーカーのオールインワン化粧品を持参しました。1つのアイテムでスキンケアが終わるので、身支度の時短につながったように思います。
入院時にオールインワン化粧品を持参したママがいるようです。複数のアイテムを集約した化粧品なら、入院中も場所をとりにくく使いやすいかもしれませんね。

BBクリームやCCクリーム

40代ママ
私はBBクリームを持参しましたが、入院中に使いやすいと感じました。下地とファンデが1つで済むので、来客の予定があるときにサッとメイクできたところがよかったです。
BBクリームでメイク時間の短縮につながったというママがいました。他には、美容液成分も配合されているCCクリームを持って行くと、乾燥していた病室でも使いやすかったというママの声もありました。

アイブロウアイテム

20代ママ
私は入院中に眉毛用ティントを使っていました。新生児との入院生活は、授乳やオムツ替え、寝かしつけなどで忙しかったので、一度塗ると持ちがよい眉毛用ティントは重宝しました。
色持ちがよいとされる眉毛用のティントを使っていたママもいるようです。アイブロウアイテムには、他にもパウダーやペンシルなどのタイプがあるようなので、ママが使いやすいと感じたアイテムを用意するとよいかもしれませんね。

クレンジング

30代ママ
入院のための荷造りを行なうとき、メイクを落とすときのクレンジング剤を忘れないように気をつけました。1週間程度の入院予定だったので、旅行用の小さめのボトルに入ったタイプを選ぶと、荷物が少なくなって持ち運びもしやすかったです。
出産時や入院中にメイクをしたい場合、メイクを落とすクレンジングアイテムも忘れずに用意したいですね。オイルやクリームなど、普段から使っているタイプのクレンジング剤を用意したというママの声もありました。

出産時のメイクは病院に確認を

メイクをする女性
leungchopan/Shutterstock.com

出産時にメイクをしてもよいのかやメイク禁止なのかは、病院によってそれぞれ違いがあるようです。出産のために入院するときに持参するメイク道具は、メイク時間の短縮につながる化粧品や汗で落ちにくい眉毛用のアイテムがあるとよいかもしれません。

出産時にメイクをしたいとき、メイクを落とすクレンジング剤も忘れずに用意するなど意識したママもいました。妊婦健診に行っている病院にメイクをしてもよいかを確認し、出産時に行ないたいメイクができるとよいですね。

2020年01月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

準備の関連記事

カテゴリ一覧