00:00
00:00

お弁当にも。煮込みハンバーグ

作り置き 作り置き(常備菜)レシピ

冷めてもおいしい、お弁当にもぴったりな煮込みハンバーグのレシピをご紹介します。ソースはオムライスやパスタにかけたり、さまざまなものに活用することができるので、作り方を覚えておくと便利かもしれません。

材料(四食分)

  • トマトケチャップ 100ml
  • 白ワイン 100ml
  • 中濃ソース 50ml
  • 砂糖 大さじ3
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 合いびき肉 250g
  • 1個
  • パン粉 1/2カップ
  • ナツメグ 少々

作り方

  1. フライパンを熱し、トマトケチャップ、白ワイン、中濃ソース、砂糖を加え、かき混ぜながら弱火で3分加熱する。
  2. 玉ねぎをみじん切りにして耐熱容器に入れ、ラップをかけて600wの電子レンジで2分加熱する。
  3. ボウルに合いびき肉、卵、パン粉、ナツメグ、2を入れ、手でこねるようにして混ぜ合わせる。
  4. 6等分にして成形し、中央にくぼみを作る。
  5. フライパンに油をひいて4を並べて入れて焼き、焼き目がついたらひっくり返して裏面も焼く。
  6. 両面に焼き目がついたら1のフライパンに入れ、ソースを絡ませる。
  7. 上からソースをかけながらなじませ、15分煮込んだら完成。

コツ・ポイント

子どもといっしょに食べるときは、ソースの味が濃くなりすぎないよう、味を見ながら調味料の量を調節するとよいでしょう。

作り置きしている茹でブロッコリーやにんじんグラッセなどの付け合わせがあれば、簡単にメインのプレートができあがりますね。ソースにしめじやマッシュルームを入れたり、仕上げにチーズを乗せてもおいしくなりそうです。

2020年02月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

作り置きのレシピ動画

作り置きの関連記事

カテゴリ一覧