子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

妊娠中に抱き枕はいつから使っていた?ママたちおすすめの寝方や使い方、抱き枕の代用品など

妊娠中に抱き枕はいつから使っていた?ママたちおすすめの寝方や使い方、抱き枕の代用品など

妊娠中に楽な寝方ができるように、抱き枕を使おうと考えているママもいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中のママたちがいつから抱き枕を使ったのか、ママたちがおすすめする抱き枕の選び方や使い方、抱き枕に代用できるものなどを体験談を元にご紹介します。

妊娠中の抱き枕はいつから使う

妊娠中のママはいつから抱き枕を使っていたのでしょう。抱き枕を使っていたママの声を聞いてみました。

つわりが始まったとき

「つわりが始まった妊娠初期から使い始めていました。横になっていても気持ちが悪く、落ち着く寝方を見つけられなかったのですが、抱き枕を使うと少し楽になりました」(20代ママ)

妊娠初期からつわりに悩まされるママの中には、抱き枕を使って楽な姿勢を取りたいと考えたママもいるようです。具合が悪く横になったり、横になったまま長い時間過ごしたりするときに、抱き枕を使うことでリラックスでき、気分も和らぐのかもしれません。

お腹が大きくなり始めたとき

お腹を触る妊婦さん
iStock.com/NataliaDeriabina

「お腹が大きくなり始めると、いつからか仰向けもうつ伏せも辛くなりました。抱き枕を使うと、横向きの姿勢が取りやすくなりました」(30代ママ)

妊娠中期に入ると少しずつお腹が大きくなり、寝苦しさを感じたというママもいました。自宅にあるものを抱き枕の代用にしているという声もありました。

抱き枕をいつから使うのかはママによってさまざまなようで、ママの体の変化に合わせて使うようにするとよいかもしれません。

ママたちがおすすめする抱き枕の選び方

妊娠中に抱き枕を使っていたママたちに、おすすめの抱き枕の選び方について聞いてみました。

形で選ぶ

「お腹が大きくなって横になるときに苦しかったので、抱き枕をネットで探して買いました。人間の形にフィットするようにくぼみのある形で、足の間に挟んで横向きに寝るととても楽でした」(20代ママ)

「授乳クッションとしても使える抱き枕を使っていました。妊娠中だけでなく産後の授乳のときまで長く使えるのでおすすめです」(30代ママ)

妊娠中に使う抱き枕を形で選ぶこともできそうです。出産後授乳クッションとしても使えるものを選んだというママもいました。

心地よい素材

抱き枕
Tekkol/Shutterstock.com

「抱き枕をいつから使おうかと考えていたのですが、あるときお店で抱き心地のよい抱き枕を見つけたので買いました。抱き枕を使うだけでとてもリラックスできました」(30代ママ)

肌触りや抱き心地なども選ぶポイントとなりそうです。クッションの中身の素材にこだわるママもいました。自分好みの素材を選べるとよいですね。

洗えるもの

「毎日使うものなので洗えるものがよいと友人におすすめされて、クッションもカバーもすべて丸洗いできる抱き枕にしました」(30代ママ)

毎日使うと汚れることもあるのではないでしょうか。カバーだけではなく、クッション部分も洗濯機で丸洗いできることなど、お手入れがしやすい抱き枕を選ぶとよいかもしれません。

妊娠中の抱き枕の使い方や寝方

ママたちは妊娠中抱き枕をどのように使っていたのでしょうか。使い方や寝方についてママたちに聞いてみました。

お腹が苦しくないよう抱いて寝る

「妊娠中期以降になるとお腹が大きくなり、寝る姿勢がなかなか定まりませんでした。抱き枕を抱え込むようにして股に挟む姿勢が一番楽でした」(30代ママ)

「わたしの場合は、左側を下にして横向きの寝方をすると楽に寝ることができました。抱き枕を使いながら寝方を工夫していました」(30代ママ)

少しずつお腹が大きくなり始めると、妊娠初期には感じられなかった寝苦しさを感じるようになるかもしれません。抱き枕を使ってお腹が苦しくない寝方を工夫できるとよさそうです。

抱き枕の上に足を乗せる

「妊娠中期になり、むくみが出てきて寝るときもつらかったので、抱き枕の上に足を乗せて寝ていました」(30代ママ)

妊娠中、むくみがひどいときに、抱き枕の上に足を乗せるという使い方をしているママもいました。他にも、体勢を変えたいときに、抱き枕の上に足を置いて高さを調整すると腰や背中が楽になることがあったというママの声もありました。

腰の後ろに置く

「妊娠後期になり腰が痛くなってしまったので、ソファーやベッドに座るとき、背中に抱き枕を置いて座るようにしていました」(20代ママ)

妊娠中はお腹が重くなり、腰が痛くなってしまうママもいるようです。寝るとき以外でも、座ったときになどに抱き枕を腰の後ろに置くことで、楽な姿勢で座ることができるというママの声がありました。

妊娠中に抱き枕以外で代用する工夫

抱き枕を買わずに、家にあるもので代用しているママもいるようです。どのようなもので代用していたのかをママに聞いてみました。

毛布やタオルケットで代用

毛布など
iStock.com/Maya23K

「子ども用の小さめの毛布を長方形に折りたたみ、抱き枕の代用品として使っていました。毛布なのでふわふわして抱き心地もよいですし、形を自由自在に変えられて便利でした」(30代ママ)

日頃使っている毛布やタオルケットを折りたたんで抱き枕の代用品として使うこともできるようです。ママの体の大きさや抱きやすさに合わせて、毛布やタオルケットのサイズを選ぶとよいかもいしれません。

座布団やクッションで代用

「臨月になってお腹が急に大きくなり寝苦しくなってきたので、座布団を抱き枕の代わりに使っていました。座布団を丸めて大きめの布でくるんで毛糸でしばると、硬めの抱き枕になります」(30代ママ)

座布団やクッションを使って一時的な抱き枕として代用しているママもいました。座布団やクッションなど、抱き枕の代用品としていろいろ試してみながら自分に合う大きさや固さのものを選べるとよいですね。

妊娠中に使い心地のよい抱き枕を選ぼう

妊婦
iStock.com/zuosiqin

妊娠中のママは、大きくなったお腹を支えたり、寝苦しくないようにするために抱き枕を使っているようです。抱き枕をいつから使うのか、寝方やおすすめの使い方はそれぞれのママによって違いがあるようです。家にあるものなども代用しながら、自分に合う形やサイズの抱き枕を見つけて、快適な妊婦生活を送れるとよいですね。

2018年06月17日

グッズの関連記事
カテゴリ一覧