子どもがよろこぶ外遊び用のおもちゃと手作りおもちゃアイディア

子どもがよろこぶ外遊び用のおもちゃと手作りおもちゃアイディア

子どもと外遊びを楽しめるようにおもちゃを準備したいと考えるママやパパもいるでしょう。身近なアイテムを使っておもちゃを手作りすることはできるのでしょうか。外遊び用の手作りおもちゃのアイディアやおもちゃの収納方法をママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもがよろこぶ外遊び用のおもちゃ

外遊び用のおもちゃを準備して、子どもといっしょに楽しみたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。子どもの興味に合ったおもちゃを選びたいですよね。

子どもといっしょに外遊びをするときに、どのようなおもちゃを用意したのかママたちに聞いてみました。

シャボン玉

20代・女の子のママ
2歳の娘と、夏場によくシャボン玉をして遊びました。私が大きいシャボン玉を作ると娘が大よろこびして追いかけていて、かわいらしかったです。
シャボン玉のおもちゃには、息を吹きかけるタイプのものや手で持って振るタイプのものなどさまざまな種類があるため、子どもの年齢に合ったものを用意できそうですね。

ボタンを押して、簡単にたくさんのシャボン玉を作れる電動タイプもあるようです。

ボール

30代・男の子のママ
ボールとラケットがセットになったおもちゃを買いました。持ち手が短くなっている軽いラケットは子どもも扱いやすいようで、楽しそうに遊んでいました。
家族でキャンプに行ったときに、ボールのおもちゃを使って子どもと遊んだというママもいました。

子どもとキャッチボールをしたり、蹴ったりして自由に遊ぶことができるボールは、外遊びをより楽しめそうです。

砂場のおもちゃ

砂場 おもちゃ
Jiri Hera/Shutterstock.com
20代・女の子のママ
子どもが1歳をすぎた頃に、小さいバケツやスコップがセットになった砂場のおもちゃを用意しました。バケツに砂を入れたり、スコップですくったりして楽しそうに遊んでいました。
砂場のおもちゃは、バケツやビーチバッグに入っているものや、子どもに人気のキャラクターデザインなど、セットで売られているものが数多くあるようです。

セット売りだけでなく単品で売られているものもあるため、子どもが使いやすいおもちゃを選ぶとよいでしょう。

自転車やキックスケーター

子ども 自転車
leungchopan/Shutterstock.com
30代・男の子のママ
子どもが外遊びを楽しめるように、キックスケーターや自転車を用意しました。キャンプなどのアウトドアでも楽しむことができて、子どももよろこんで遊んでいました。
ペダルがついていない足で蹴る乗り物のおもちゃを使って、子どもが外遊びを楽しんでいたというママもいました。

自転車やキックスケーターなどは、体を使って思う存分外遊びを楽しめそうですね。

外遊びを楽しめる手作りおもちゃ

身近なアイテムを使っておもちゃを手作りするのもよいでしょう。外遊び用の手作りおもちゃのアイディアをご紹介します。

紙コップフライングディスク

  1. 紙コップの口の部分に、8等分になるように印をつける
  2. 印にそって、紙コップの底まで真っすぐに切る
  3. 2を花の形のように開く
  4. 3の1枚1枚に、マスキングテープを貼る
  5. 同じものをもう1つ用意する
  6. 4と5を、紙コップの底が外側になるように重ねて、花びらのようになっている端の部分をホッチキスでとめる
  7. ホッチキスの針にマスキングテープを貼る
紙コップを2つ使って簡単にフライングディスクを作れるようです。

子どもといっしょに紙コップにシールを貼ったり、絵を描いたりして好きなようにデコレーションしましょう。

外遊びをするときは、どこまで遠くに飛ばせるか競い合うのも面白いかもしれません。

キャッチボールをするように、相手が飛ばしたフライングディスクをキャッチする遊びも楽しそうです。

新聞紙アーチ

  1. 新聞紙を細長く丸める
  2. 1を曲げて輪を作る
  3. 2にビニールテープを巻いて固定する
チョークを使って地面に丸を描き、けんけんぱを楽しんだことがあるママやパパもいるのではないでしょうか。

新聞紙アーチを使って子どもとけんけんぱを楽しんでみましょう。

新聞紙アーチは、コンクリートや芝生の上に置いて遊ぶことができるため、地面を汚さずに楽しむことができるようです。

ポリ袋の凧

  1. 油性ペンでポリ袋に絵を描く
  2. 1mほどの長さに切ったたこ糸を1本用意する
  3. 2の両端を、それぞれポリ袋の取っ手部分の輪に通して結ぶ
  4. 2mほどの長さに切ったたこ糸を、アーチのように垂れ下がっている3のたこ糸の中心部分に結びつける
  5. 20cmほどの長さに切ったポリプロピレン製のテープを2本用意する
  6. ポリ袋の取っ手と対角になるように、たこ糸がついていない方に5をテープで貼る
ビニール袋に好きな絵を描いてオリジナルの凧を作ってみましょう。たこ糸は、毛糸などでも代用ができるようです。

外れて凧が飛んでいかないように、タコ糸をポリ袋にしっかりと結びましょう。

外遊び用おもちゃの収納方法

外遊びのおもちゃの収納方法についてママたちに聞いてみました。
30代・男の子のママ
外遊び用のおもちゃは、ひとつのカゴにまとめて車庫に入れて収納しています。外で遊ぶおもちゃは水や泥で汚れることが多いので、家のなかには入れずに必ず車庫にしまっています。
30代・男の子のママ
ラケットや水鉄砲など、たくさんのおもちゃをひとつの袋に入れると汚くなるので、それぞれのおもちゃで収納する袋をわけています。
30代・女の子のママ
子どもが外で遊ぶ砂場のおもちゃは、遊んだ後にきれいに洗って部屋のおもちゃ箱に収納しています。天気が悪くて外に遊びに行けないときも、部屋のなかで砂場のおもちゃを使って遊ぶことができます。
玄関の靴箱におもちゃを収納しているというママもいました。おもちゃをコンテナに入れて玄関に置いたり、袋に入れて壁にかけたりする方法もあるようです。

おもちゃを使って子どもと外遊びを楽しもう

外遊びをする子ども
hanack - stock.adobe.com
シャボン玉やボール、自転車など子どもが楽しめる外遊び用のおもちゃはたくさんあるため、子どもの年齢に合ったものを選ぶとよいでしょう。

外に遊びに行くときにそのまま持ち運べるように、キャスターがついたボックスにおもちゃを収納しているというママの声がありました。

工夫しながらおもちゃを収納できるとよいでしょう。子どもがよろこぶおもちゃを準備して、外遊びを楽しめるとよいですね。

2020年03月30日

専門家のコメント
28
    ゆきな先生 保育士
    使わなくなったタッパーやプラスチックのスプーンなど使わなくなったキッチン用品が子どもたちの
    とまと先生 保育士
    外遊びバッグに 砂場セット ボール シャボン玉を入れています。特に砂場セットは他のお友だち
    すー先生 保育士
    砂遊びセットとシャボン玉はよく使っています。最近はプリンのカップで遊んだり、100均でトラ
    りお先生 保育士
    砂遊びセットは、洗濯用洗剤を計るためのスプーンが結構使えます😁
    あと、計量スプーンもお料
    すみっこ先生 保育士
    100均に売っている子どもサイズの泡立て器やボウルなど、ほんものと同じ用なお砂場セットを作
    みー先生 保育士
    子どもがまだヨチヨチ歩きの頃は中がスポンジのボールを持ち歩いていました!あまり弾まないので
    みき先生 保育士
    ビニールポリ袋(透明のもの)にハサミで切った紙テープを数色入れ空気を入れて膨らませて縛って
    ゆか先生 保育士
    砂場遊びセットを購入して、他にはプリンのカップや宝さがし用の小物を用意しました。
    砂遊びで
    めるちゃん先生 保育士
    砂遊びセット&シャボン玉でよく遊んでます。100円均一でもいろいろな外遊びセットが売ってる
    とーち先生 保育士
    砂遊びセット&100均の車、アイスカップセットです。

    息子はスコップ片手に車を走らせたり
    まあ先生 保育士
    砂場あそびの時に、使わなくなったキッチングッズ(おたまやボウルなど)を使うと、本格的な感じ
    かんな先生 保育士
    動きのある遊び用にボール。動きの少ない遊び用にままごと(コンビニで貰ったスプーンとフォーク
    みき先生 保育士
    ドンキホーテなどで売っている大きなシャボン玉ができるものはとても人気でヘビロテしています。
    いちご先生 保育士
    お肉やお魚が入っていた容器を砂場で遊ぶおもちゃにしたり、ようじで穴をあけてお水を入れたりし
コメントをもっと見る

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ