親子でふれあい遊びをしたい。乳児や幼児向けの遊び例

親子でふれあい遊びをしたい。乳児や幼児向けの遊び例

親子でできるわらべうたや体操

親子でふれあい遊びをしたいけれど、幼児向けのわらべうたにはどのようなものがあるのだろうと感じているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、乳児や1歳児、幼児向けのふれあい遊びの歌や体操などについて、体験談を交えてご紹介します。

ふれあい遊びとは

乳児や幼児と生活するなかで、ふれあい遊びという言葉を耳にしたことがあるママやパパもいるのではないでしょうか。ふれあい遊びとは、体を動かしたりリズムをとったりして、スキンシップを図りながら子どもといっしょに楽しむ遊びのことようです。

ふれあい遊びについて気になることを聞いてみると、現在1歳児の娘がいるが乳児でもできる遊びなのかと気になるというパパや、家でできるようなふれあい遊びがあれば知りたいと感じているというママの声がありました。

そこで今回は、年齢別にふれあい遊び例を体験談とともにご紹介します。

乳児や1歳児向けのふれあい遊び例

乳児や1歳児など、赤ちゃんの時期向けのふれあい遊びには、どのようなものがあるのでしょう。

振りつきの歌

30代ママ
カエルが出てくる歌やどんぐりが出てくる歌などの童謡を、振りつきでうたっていました。まだ乳児のうちは歌を聞かせたり両手を持っていっしょに踊ったりして、いっしょにできるようになってからは向かいあわせで座って踊りました。
20代ママ
娘が1歳児の頃は、野菜の音にリアクションをして踊る歌が気に入っていました。大根の「こんこんこん」という音の響きや、玉ねぎの「えんえんえん」と泣き真似をするところで、よく笑っていました。
振りつきの歌をいっしょにうたって、親子でふれあい遊びをしたママがいるようです。歌にあわせて、子どもの手を持っていっしょに踊ったり子どもの顔に触れたりして、積極的にスキンシップが取れるようにしているというママの声もありました。

体を使った遊び

親子
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com
30代パパ
私が仰向けに寝転がって息子をすねのあたりに乗せると、飛行機だと言いながら楽しんでいました。はじめは足にしがみついていましたが、少しずつバランスが取れるようになり、今では両手を離せるようになりました。
体を使った遊びを通して、ふれあい遊びを楽しんでいる親子もいるようです。パパのなかからは、子どもといっしょに体を使ったふれあい遊びをすることで、バランス感覚など子どもが体の使い方をわかってきたように感じるという声も聞かれました。

他にも、子どもの足を自分の足の甲に乗せて歩く遊びをしているというパパや、息子が気に入っているキャラクターの体操をいっしょに楽しんでいるというママの声もありました。

幼児向けのふれあい遊び例

体や言葉が使えるようになってきた幼児と、いっしょに楽しめるようなふれあい遊びにはどのようなものがあるのでしょうか。

わらべうた

20代ママ
2人1組で向かいあって手を繋ぎ、お鍋の底がぬけている歌にあわせてひっくり返るというものが気に入っているようです。妹の手を取って歌ったり、私や夫と遊んだりしています。
40代ママ
私自身も保育園で教わった伝承遊びを、息子も保育園で教わっているようで、2組に分かれて歌をうたい、仲間のやりとりをする遊びを楽しんでいると聞きました。うちは5人家族なので、休みの日は息子に誘われ家族全員で楽しむこともあります。
幼児といっしょにわらべうたを楽しんでいる親子や家族がいるようです。歌をうたいながら楽しむわらべうたで、子どもが言葉や数が覚えられたというパパの声もありました。

体を使った遊び

親子
wizdata1/Shutterstock.com
30代ママ
わが家では、息子と手を繋いで立ち、手を繋いでいない方の手から1人ずつフラフープをくぐり、手を離さないように2人がくぐり終えるという遊びをしています。夫と3人でやったりフラフープの輪が小さいものしたりして、難易度を上げると息子も考えながら楽しんでいました。
30代パパ
うちの場合、私が休みの日は息子が「体操したい」と私が立っているところをジャングルジムのように登ってくることがあります。最近は、ジャングルジムを楽しんだあと、息子がうつ伏せの状態で手をつき私が足を持って進む手押し車をして遊びました。手押し車は交代して楽しむこともあるので、私もよい運動になっています。
フラフープをくぐるにはどうしたらよいかや、パパのジャングルジムをどう登ったら落ちないかなど、考えながら体を使うことで、体の使い方が自然と身につきそうですね。雨の日で外出できないときもふれあい遊びをすると、家の中でも楽しく体が動かせるかもしれません。

乳児や1歳児と行うときや幼児と行うときも共通して、体を使った遊びをするときは、厚手のマットや芝生の上で行なったり尖っているものはないか見たりと、ケガに繋がりそうなものはないかなど周辺の確認してから行うとよいかもしれませんね。

親子でふれあい遊びを楽しむポイント

親子でふれあい遊びを楽しむとき、ママやパパはどのようなことに気をつけているのでしょう。ポイントにしていることをママたちに聞いてみました。

笑顔で声を掛けながら

40代ママ
体を使って遊ぶときは怖がるときもあるので、「大丈夫だよ」と安心できるような声を掛けるようにしています。できたときや娘が笑っているときは、笑顔で「楽しいね」などと、共感できるような言葉を伝えるようにすると、もう一回やりたいと言ってくれるようになりました。
親子でふれあい遊びをするとき、ママやパパの笑っている顔や優しい言葉で子どもが感じる楽しさが増すこともあるかもしれませんね。ふれあい遊びを通して親子で同じ気持ちを共有することで、人と繋がる楽しさを感じられそうです。

年齢にあったものを選ぶ

30代ママ
以前、上の子が楽しんでいたわらべうたを、下の子といっしょにやってみようとうたい始めたら、歌詞の意味がわからないからかキョトンとしていました。下の子は1歳児だったので、年齢にあった歌を選ぶようにしたら、笑いながら手拍子をしてくれました。
歌詞の意味や体の動かし方など子どもが楽しめるものを考えて、年齢にあったものを選ぶようにしたママもいるようです。ママのなかからは、幼児向けの歌を調べ、子どもの年齢や興味にあったものをいくつか選んでみると、子どもが楽しんでくれたという声も聞かれました。

ふれあい遊びを親子で楽しもう

親子
wizdata1/Shutterstock.com

親子でふれあい遊びをしたいとき、乳児や1歳児の子どもと振りつきの歌を踊ったり、幼児とわらべうたを楽しんだりしているママやパパもいるようです。体操がしたいという息子と体を使った遊びを楽しんでいるというパパの声もありました。

子どもの年齢にあわせた歌や遊びを選んで、親子で楽しめるふれあい遊びが見つけられるとよいですね。

2020年02月10日

専門家のコメント
33
    りお先生 保育士
    手遊び、図書館の読み聞かせでも色々とやってくれますよ!
    最近、2歳の娘とたまに行っていて楽しんでいます😁

    児童館だと人が多すぎてきおくれしてしまいがちですが、図書館の読み聞かせは割と少人数で落ち着くので、けっこう気に入っています😁
    近くに図書館があればぜひ行ってみてください✨

    そこで覚えてきたものを家でやってみたり♬

    https://www.youtube.com/watch?v=xhBYz5zV2sQ

    最近は、この果物の手遊びがお気に入りです😁
    こと先生 保育士
    わらべうたはふれあいながら遊べるのでおすすめです♡
    「とうきょうと」では最後のこちょこちょが楽しいみたいで、もう一回!と何回も繰り返ししてほしいといつも要求されます😊💕
    おかあさんといっしょでも、よくふれあい遊びをしてるので、テレビを見ながら一緒にしてます!
    みかい先生 保育士
    『きゅうりができた』は、たくさんスキンシップができます!
    あとは、歌詞を替えて何でも『こちょこちょ』に持っていく(笑)
    『幸せなら手をたたこう』を「ギュッてしよう」とか「こちょこちょしよう」とか(^^)
    『大型バス』なんかは、子どもを膝に乗せて抱っこしながらくすぐったり…
    とりあえず、スキンシップを取りながら、子どもが大笑いすることに快感を覚えていました(^^)
    すみっこ先生 保育士
    わらべうたはスキンシップのとれるものが多いのと、独特な感じの歌が何故か落ち着く!✨良く遊んでいました😘

    特別なにかをしなくてもお膝に座らせるだけでスキンシップになりますし、子どもは安心感で満たされると思います✨
    みー先生 保育士
    疲れている時こそ遊んで欲しがる子どもたち。私はただうつ伏せで寝転ぶ。そして、太もも裏から背中まで落ちないように登れるかな〜と!
    たまに揺らしたりしながら、遊びました!落ちてしまうと大笑いして楽しかったです😊
    小さいうちは手のひらや足裏を踏まれるのも気持ちよく、こちょこちょしたりイタズラをすると喜んでいました!こちらものんびり、気持ちよく子どもたちも私とのスキンシップを楽しんでいてよかったです!
    おはぎ先生 保育士
    らららぞーうきんの雑巾のふれあい遊びは大きくなった娘にも評判です。公民館で教えてもらったときは横になるのを嫌がりましたが、家でリラックスしている時はやってやってー!とおねだりされました。
    ふれあい遊びはで子供だけでなく、親もなんだかうれしくなっちゃいますよね
    SB
    @おはぎ先生さん
    うちも、ラララぞうきんのふれあい遊びお気に入りでした!子どももきゃっきゃ喜ぶし、歌もかわいくって、大好きでした!
    かんな先生 保育士
    乳児さんの頃は、ひざに乗ってもらって「どんぶかっか〜」を少し大きくなったらやはりひざに乗ってもらって「バスに乗ってゆられてる〜」
    をしました。
    3歳以降は、ひざに乗っては難しいのでママの足を横に開いてハイハイスタイルでトンネルくぐりや「頭、かた、ひざぽん〜」をしました。
    保育園でも同じようなことをやっています。おうちでもできるようお母さんに伝えたりもしています。
    いちぽ先生 保育士
    らららぞうきんの触れ合い遊びは、赤ちゃんの頃からやっていました。
    ペンギンさんの触れ合いあそびも赤ちゃんの首が座った頃からやっていました。
    子どももママと触れ合うことで、笑顔になりますし、コミュニケーションとしてはすごく良いと思います!
    のの先生 保育士
    よくご存知だと思われるのは「いっぽんばし」ですね。あとは、「ぞうきんしぼり」など様々な触れ合い遊びがあります。詳しくはYouTubeなど使って見てみてください。
    ぽんた先生 保育士
    うちは、上の子が小学校高学年になっても時々ふれあい遊びをやってます。ふれあい遊び、というより、家では運動ごっこと呼んでいて、寝る前に寝室の布団を敷いた上で、相撲、馬跳び、逆立ち、お馬さんなどの運動をやりながら、ふれあっています。
    ゆか先生 保育士
    0才児担任なのでふれあい遊びは日常的に行っています。

    お座りができない子には「ぞうきん」遊びをよくしていました。

    座れるようになったら膝の上に乗せて「バスにのって」や、「あたま、かた、ひざ、ぽん」(後ろから手を添えて)や、「幸せなら手を叩こう」や、「わっか」、「こちょたろう」、「ポップコーン」、「ロリーポップ」(運動ふれあい遊び)
    書ききれないほどたくさんあります😆

    普通の手遊びでも膝に乗せて後ろから手を添えて一緒にやるだけでふれあい遊びになりますよ🎵
    ぺち先生 保育士
    幼稚園で母の日や父の日があると、必ず触れ合い遊びをしていました。お母さんだったらお顔を触ったりぎゅーってしたりするもの、お父さんだったら力があるので肩車やお相撲などして楽しめるようにしていました。
    ドゥー先生 保育士
    ふれあい遊び、色々あってどれも楽しいものばかりですよね。
    私は親子向けの遊び公演で楽しんだふれあい遊びをしたり、オリジナルの歌をつくっては、鼻歌感覚でツンツンしたり、ぎゅぅっと抱きしめたりして我が子と遊んでいます。
    もし遊び方や歌を覚えるのが苦手な方は、童謡を流して、それに合わせてツンツンや撫で撫で、スリスリして遊ぶのも、十分楽しいふれあい遊びになりますよ。
    とーち先生 保育士
    有名ですが、

    家庭では


    しあわせなら てをたたこう

    手をたたきましょう

    一本橋こちょこちょ

    等をよくしてました。音がなる動作、こちょこちょ等、体をくすぐる動作が子ども達のお気に入りです☆
    きらり先生 保育士
    いっぽんばしこちょこちょや、バスに乗ってなどは、よくしています☆後は、ベビーマッサージにあった、歌をうたいながらの足の指のマッサージは、4歳になった今でも寝る前にしてほしいと言って、してあげています(^o^)
    あー先生 保育士
    わたしはNHKの番組を見ながらよく一緒に踊っていました!特にバスに乗ってなどはよくしてました!小さな赤ちゃんでもひざに乗せてできるので、オススメです。ひざの上で揺らしてあげるとこどもがとても喜んでいました!
    あゆみ先生 保育士
    触れ合い遊び、子どもも大好きですよね♪特に人気だったのは『バスに乗って』です。大人が膝を伸ばして座ったところに子どもを乗せて、歌に合わせて動くのですが、様々な方向に身体を揺らすのが楽しかったです♪
    わらべうたひとつとっても色々あるので、小さい時期からたくさん楽しみたいですね^^
    わい先生 保育士
    今は、ネットなどでいろいろな遊びを調べることができますね。
    0歳からは、手遊びなどのふれあい遊びをおすすめします。
    わらべうたや伝承遊びも面白いです。
    のんの先生 保育士
    今まで当たり前だった子供との触れ合いが、大きくなるにつれどんどんと少なくなっています。少なくなっていることにさえも気づかず、たまにふれあい遊びをするととても子供が喜んでいます。
    主人の背中に乗ってマッサージ大会をしたり、子供の両サイドに主人と私が立ち手を持ってビューンと持ち上げてあげたりして遊んでいます。
    める先生 保育士
    バスに乗ってゆられてるゴーゴー♪という歌詞の触れ合い遊びができる歌があります。大人が足を伸ばした状態で座り、子どもを太もも辺りに乗せてバスに見立てて、歌いながら体を揺らします。YouTubeなどでも出ているのでぜひやってみてください^^
    なー先生 保育士
    おすわりが安定したらバスごっこは大きくなっても楽しめます。
    座った状態の大人の足の上に子どもを乗せてあげ、でこぼこ道など色々な道を進みます。
    定番ですが歌も馴染みがあって覚えやすいです!
    こいまま先生 保育士
    今はYouTubeなどですぐに検索できる便利な時代ですね。
    バスに乗って、大型バス、きゅうりがとれた、などの触れ合い遊びも楽しいですね。
    エビカニクス、ラーメン体操などのリズム遊びを一緒に踊るのもおすすめです。
    せんせい 保育士
    子どもが小さい時は童謡やわらべ歌手遊びなどで楽しみ、少し大きくなってくるとダンスや体操、表現遊びもいいですよね☺︎一緒に製作するのもふれあい遊び👌折り紙で何かを作ったり、塗り絵や絵具で絵を描くのもふれあい遊びになりますよね。
    みき先生 保育士
    大人が座って足をまっすぐ揃えて前に出し、その上に子どもをのせてバスや車に見立てて色々な歌を歌ったり足を揺らしたり開いたり。。バスごっこのうたを使います。youtube等で流しながら歌に合わせて足を揺らしたり開いたりしてみるのもいいかもしれません♫
    さと先生 保育士
    うちの娘は2才になった今でも一本橋こちょこちょが大好きで、お風呂でよくリクエストしてきます。
    高い高いはママはやらずにパパの特権にしてあげて、父娘の触れ合いを楽しんでもらっています。
    のの先生 保育士
    触れ合い遊びで1番大切なのは、親も楽しむこと!これが1番大事だと思います。ネタがない場合はYouTubeやお母さんと一緒などがおすすめです。
    のあ先生 保育士
    小さい時からおへその中には〜♪をしながらオムツ替えをしていました😊
    段々動きが活発になって寝返りができるようになると、オムツ替えが大変になったので歌いながらこちょこちょしたり、お腹をぶーっと吹いてあげたりしてスキンシップをとりながら替えていました。
    歌を日常に取り入れていくと楽しく過ごせますね❤
    まこ先生 保育士
    この間テレビでやっていた ねずみねずみどこいきゃ♪ というわらべうたを娘と遊んでみたところ、大ウケでした♥︎
    やっぱりくすぐられるのが嬉しくて楽しいようです!
    パン屋さんの手遊びも、まだ自分ではできないので、顔に触れてあげながら楽しんでいます。
    こちらもチョコパンのところでくすぐると大喜びで、覚えるとくすぐられるのを待っています!
    みぃ先生 保育士
    『一本橋こちょこちょ』が好きな我が子。「ママやって〜」「僕がする!」「○○ちゃん(妹)にしてあげよーっと」と言いながら楽しんでいます。
    『ラララ雑巾』『キュウリができた』もお気に入りで、よくしています。
    みどり先生 保育士
    バスに乗って、パンダ ウサギ コアラ、グーチョキパーでなに作ろう などの子供たちが喜んでしてくれます。
    どの手遊びもアレンジがしやすくて、年齢に応じたスキンシップができますね。
    普段の何気ない会話にリズムを持たせて応答するのも言葉あそびのスキンシップにつながりますね。親子で心楽しい時間を過ごせれば良いのです。

    まな先生 保育士
    子どもはまだ0歳ですが、スキンシップをたくさんとりたいので、わらべうたなど歌いながら身体に触れて遊んでいます。
    今はおかあさんといっしょが好きなので、歌とダンスに合わせて一緒に身体を動かしてあげると喜んでいます(^-^)
    もう少し大きくなったら、自分の足に子どもの足を乗せ、手を握ってペンギン歩きごっこなどもいいですね。
    まゆ先生 保育士
    乳児さんは"バスに乗って揺られてる〜♪"好きですね。
    幼児さんは"アルプス一万尺"などスピードを変えて遊べるものが好きで、どのくらい早くできるか頑張っていますよ!
    はなばたけ先生 保育士
    保育士さんの意見を沢山聞くことができて参考になります。ふれあい遊びは0歳から実践することができますね!保育園で保育者・お友達と行う楽しさもありますが、お家の方と触れ合うことで子ども達の気持ちも満たされていくと思います ( ^_^ )
おすすめユーザーのコメント
2
    しずか先生
    押しくらまんじゅう,押されて泣くな♪」と歌いながら,

    みんなで輪になって押し合いっこをします.くっつきあって,押し合ううちに,体はぽっかぽかに.

    極寒のこの季節にはぴったりの遊びです.

    muuu
    仰向けに寝転がった足の上に子どもを乗せて飛行機!のやつ、わたしもやったことあります。大人の体幹も鍛えられる…

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧