1歳半の子どもが夢中になる遊びは何?遊び場所や室内と外遊びのバリエーション

1歳半の子どもが夢中になる遊びは何?遊び場所や室内と外遊びのバリエーション

1歳半の子どもと遊ぶとき、家以外の遊び場所としてどこへ行けばよいのか、どのような遊びが楽しめるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、ママたちが行った遊び場所や1歳半の子どもが楽しめる手作りアイテムを使った室内遊びと体を動かす外遊びの種類を体験談を交えてご紹介します。

1歳半頃の子どもが夢中になる遊びとは

1歳半頃は、できることが増えることでさまざまな遊びを楽しんでほしいと思うママもいるようです。1歳半の子どもが楽しめる遊びにはどのような種類があるのか、子どもが喜ぶ遊び場所はどこなのか気になるママもいるかもしれません。ママたちに、1歳半の子どもと行った遊び場や夢中になる遊びを聞いてみました。

1歳半の子どもと行った遊び場所

1歳半の子どもを、家以外の場所で遊ばせたいと考えるママもいるのではないでしょうか。子どもが楽しめる遊び場所として、ママたちはどこへ行っているのか聞いてみました。

公園

「近所の大きな公園によく行っていました。1歳半の子どもでも乗れる、バケット型のブランコがお気に入りのようで楽しそうに遊んでいました」(20代ママ)

「うちの子は、外遊びが好きでよく公園に行きました。遊具の他に、大きな木がたくさんあり、秋には落ち葉遊びや木の実拾いをして遊びました」(30代ママ)

1歳半の子どもとの遊び場所として、公園に行ったというママもいました。小さな子どもでも楽しめる低いすべり台や、スプリングのついた遊具などを使って遊ばせていたというママの声もありました。

児童館や子育て支援センター

子どもと保育士
© maroke - Fotolia

「近所の児童館によく行っていました。広いホールのなかにたくさんのおもちゃや遊具があり、子どもも自由に動き回りながら楽しそうに遊んでいました」(20代ママ)

「子育て支援センターに遊びに行っていました。保育士さんたちが作った、型はめなどの手作りおもちゃがたくさん置いてあり、子どもも夢中になって遊んでいました」(30代ママ)

遊び場所として、児童館や子育て支援センターに行っていたママもいるようです。室内にある遊び場所は、雨の日など子どもが家にいることを嫌がったときも、遊びに行くことができそうですね。

1歳半の子どもが楽しめる外遊び

1歳半の子どもと外で遊ぶとき、どのような遊びを楽しめるのでしょうか。実際に、ママたちが1歳半の子どもと楽しんだ外遊びについて聞いてみました。

追いかけっこ

「1歳半になり、走れるようになった子どもとかけっこをして遊んでいました。私や夫が走り出すとついてきて楽しそうでした」(30代ママ)

「1歳半頃になると、少しずつ走れるようになりました。後ろから、『待て待てー!』と子どもを追いかけるととても喜んだので、外ではずっと追いかけっこをしていました」(20代ママ)

かけっこや追いかけっこをして遊んでいたというママもいました。1歳半頃は、走ることができるようになる子どももいるかもしれません。子どもができるようになったことで遊びを考えると、夢中になって遊んでくれたというママの声もありました。

ボール遊び

「外で遊ぶときに、やわらかいゴムボールを使って遊んでいました。私がボールを転がすと楽しそうに追いかけてボールを掴み、こちらに持ってきてくれました」(20代ママ)

「外では、ボールを使って子どもといっしょに転がしあいをしたり、投げあいをしたりして遊びました。遊んでいると、転がし方や投げ方などボールの使い方も上手になりました」(30代ママ)

1歳半の頃は、ボール遊びをして楽しむこともできるようです。ボールを選ぶときは、子どもが扱いやすいように、やわらかいボールや掴みやすいサイズのボールにしたというママの声もありました。

砂遊び

砂場
iStock.com/Weenee

「子どもと公園に行くときは、砂場遊びをよくしていました。おもちゃのバケツにシャベルで砂を入れたり、砂でケーキを作ったりして夢中になって遊んでいました」(30代ママ)

1歳半の子どもといっしょに砂遊びを楽しんだママもいるようです。この頃は、砂遊び用の型やシャベルなどのおもちゃを使うことも楽しめるようになったというママの声もありました。

1歳半の子どもが楽しめる室内遊び

天気が悪い日などは、室内で楽しめる遊びをしたいと考えるママもいるかもしれません。室内で遊ぶときにどのような遊び方を楽しんでいたのか、ママたちに聞いてみました。

マット遊び

「児童館でやったことのあるマット遊びを真似て、家でも同じような遊びをしました。丸めた長座布団の上に布団を重ねて傾斜を作ると、その上を転がって遊んでいました」(30代ママ)

室内でマット遊びをしたというママもいました。布団や座布団を使った遊びは家でも楽しむことができ、子どもも夢中になったというママの声もありました。

紙遊び

「家のなかで遊ぶときに、折り紙遊びをすることもありました。くしゃくしゃにした折り紙をお団子に見立てたり、それを別の折り紙でくるんで手作りおにぎりを作ったりして遊びました」(30代ママ)

「室内遊びをするときに新聞紙を使って遊ぶこともありました。新聞紙をビリビリと破って見せると、子どもも真似して楽しそうに破いていました。遊んだ後は、破った新聞紙をゴミ袋にまとめてボールを手作りしました」(20代ママ)

1歳半の子どもと室内で遊ぶときに、折り紙や新聞紙などを使った紙遊び楽しめるようです。紙を破く音や、丸めるときの音が面白いと感じる子どももいるのかもしれませんね。

リズム遊び

「室内で、音楽にあわせたリズム遊びをすることもありました。ペットボトルに少量のお米を入れた手作りのマラカスを作り、それを持って子どもといっしょにダンスを楽しみました」(20代ママ)

「子育てサロンで習った体操が楽しかったので、家でもやってみました。音楽にあわせて寝転んだり、立ったりといろいろな動きがあったので、体を使って楽しめました」(30代ママ)

室内でダンスや体操などのリズム遊びをしたママもいるようです。子ども向け番組を見ながら、いっしょに体を動かすことを楽しんだというママの声もありました。

1歳半の子どもと楽しく遊ぼう

子どものを抱っこするママ
iStock.com/monzenmachi

1歳半の子どもと遊ぶとき、家以外の遊び場所や楽しめる遊び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。室内や外の遊び場所にあわせて、子どもが夢中になる遊びの種類もさまざまあるようです。手作りおもちゃを用意するなど、1歳半の子どもが夢中になれる工夫を考えながら、親子で楽しく遊べるとよいですね。

2018年10月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ