雨の日に子どもが楽しめる遊び。年齢別の楽しみ方や遊びの種類

雨の日に子どもが楽しめる遊び。年齢別の楽しみ方や遊びの種類

雨の日の子どもとのすごし方で気になること

雨の日に子どもと室内ですごすとき、どのような遊びなら子どもが飽きずに楽しめるか気になるママもいるでしょう。今回は、ママたちの体験談を元に、雨の日に子どもとすごすときに気になること、0歳~1歳、2歳~3歳、4歳~6歳の年齢別に、室内で楽しめる遊びをご紹介します。

雨の日に子どもとすごすときに気になること

雨の日に子どもとすごすときに困っていることや気になることを、ママたちに聞きました。
30代ママ
動くのが好きな子なので、家にずっといるとストレスが溜まるのか、わがままになったりイラつくことがあって困っています。
30代ママ
家の中で身体を動かす遊びが知りたいです。
20代ママ
ブロックやお絵かきなどいろいろな遊びを子どもといっしょにすると、私自身が少し疲れてしまうのが悩みです。
室内遊びは、外遊びのように身体を使った遊びができず、子どもが楽しめないことがあるようです。

0歳~1歳の子どもが楽しめる室内遊び

0歳~1歳の子どもが楽しめる、室内遊びにはどのような遊びがあるのでしょうか。

新聞紙

20代ママ
子どもが1歳のとき、新聞紙や折り紙をびりびり破ったり、丸めたりして遊ぶのが楽しそうでした。
丸めた新聞紙で玉入れ遊びをしたり、紙吹雪を作ったりして遊ぶママがいるようです。口に入れないように注意しながら、楽しく遊べるとよいですね。

三輪車

三輪車
iStock.com/Gladiathor
30代ママ
1歳前後から室内用のペダルがない三輪車に乗って遊んでいました。体を動かすのが楽しいようで、一度遊び始めるとしばらく集中して遊んでくれました。(30代ママ)
足で蹴って進む乗り物おもちゃを、室内遊び用に用意するママが複数いました。身体を動かすことが好きな子どもにぴったりの遊びかもしれません。

積み重ねて遊ぶおもちゃ

20代ママ
1歳8か月以降は、コップを積み重ねるおもちゃで遊んでいました。積み木やおもちゃを積み重ねられるようになってきたのが嬉しそうでした。
0歳の子どもはまだ積み木などで1人で遊ぶことが難しい場合もあるでしょう。「四角いね」「青いね」など話しかけながら、いっしょに積み木遊びをするとよいかもしれません。ママが積み重ねた積み木を崩すのが楽しそうだったという声もありました。

2歳~3歳の子どもが楽しめる室内遊び

2歳~3歳の子どもが楽しめる室内遊びを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

お絵描き

20代ママ
色鉛筆を使ってお絵描きしていました。好きなキャラクターの顔を描いて楽しんでいました。
四角や丸を組み合わせて、子どもといっしょにお絵描きをしたというママもいました。水で描けるお絵描きシートや磁気ボードを使ってもよいかもしれません。

粘土

カラー粘土
iStock.com/Tigercat_LPG
20代ママ
100円ショップで買った安全な粘土を、ヘラで切ったり、こねたり、型押しして動物を作ったりしています。飽きずに遊んでいました。
いろいろな色の粘土を揃えて、色を混ぜて遊ぶのが楽しそうだったという声もありました。小麦粉粘土なら、小麦粉と水、塩、油があれば作ることができます。

ごっこ遊び

30代ママ
2歳半ごろからおままごと遊びに目覚め、『お弁当作るからちょっと待っててね!』と言ってごはんを作ってくれました。つたない言葉で一生懸命な姿がかわいらしかったです。
ママとおままごとをするだけでなく、人形遊びをする子どももいるようです。お人形ハウスで遊んでいるときは、1人で夢中になって遊んでいるというママの声がありました。

4歳~6歳の子どもが楽しめる室内遊び

4歳~6歳の子どもが楽しく遊べる室内遊びをご紹介します。

段ボール遊び

30代ママ
5歳のとき、段ボールでバスや家を作って遊んでいました。段ボールにおりがみや色画用紙を貼ったり、お絵描きしたりするのも楽しそうでした。
段ボールの底と蓋を折り返し、その中に子どもと入って電車ごっこをするという声もありました。大人数で遊ぶときは、ビニール紐で段ボールを繋ぎ、連結させると楽しく遊べそうですね。

宝探し

30代ママ
ボールプール用の赤や緑のボールを部屋に隠して、宝探しをしていました。子どもが6歳のときに遊びましたが、探すのが楽しいようでした。
宝探しは、家にあるものを使って簡単に遊べるようです。探すものと隠し場所のヒントを書いた紙を渡し、子どもに探してもらうというママもいました。遊びながらひらがなの勉強もできそうですね。

しっぽ取りゲーム

30代ママ
子どもが4歳くらいのときに、おしりにしっぽをつけて、しっぽ取りゲームをしていました。雨で外遊びができなくても、室内で夢中になって遊んでくれました。
しっぽ取りゲームは、リボンや紐などを用意するだけなので、急な雨で外遊びができないときにぴったりの遊びかもしれません。身体を動かして遊ぶのが好きな子どもは、楽しく遊べそうですね。

雨の日は子どもと室内遊びを楽しもう

家族でお絵かき
iStock.com/PamelaJoeMcFarlane
雨の日に子どもが遊ぶときのアイディアを年齢別に紹介しました。0歳から1歳の子どもは、新聞紙や積み木などのおもちゃを使ったり、室内用の三輪車で身体を使って遊ぶことが多いようです。

2歳から3歳の子どもは、お絵描きや粘土で遊んだり、ママとごっこ遊びすると、雨の日も楽しくすごせるかもしれません。4歳以上になると、宝探しをしたり、段ボールで電車やバスを作ったり、しっぽ取りゲームで身体を動かす遊びなどが楽しいようです。

年齢や子どもの興味に合わせて、雨の日も楽しく遊べるとよいですね。

2019年10月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧