赤ちゃんといっしょに0歳児向けの室内遊びを楽しもう

赤ちゃんといっしょに0歳児向けの室内遊びを楽しもう

室内遊びに使うおもちゃは?

0歳児向けの室内遊びについて気になっているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、おすわりができるようになった頃やハイハイをするようになった頃といった時期別の0歳児向け室内遊びや、室内遊びに使うおもちゃ、赤ちゃんと遊ぶときに意識したことを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

0歳児の遊びは?

0歳の赤ちゃんはどのような遊びをするのか、気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。0歳児は首がすわる、おすわりをする、寝返りをするなど月齢によって身体の動かし方などが変化するために、遊び方も少しずつ変わってくるようです。

また、成長にともなって興味をもつものが増え、好きな遊びが変わってくることもあるかもしれません。

そこで今回は、0歳児の室内遊びについてママたちに聞いてみました。

0歳児が喜ぶ室内遊び

0歳の赤ちゃんはどのような室内遊びを喜ぶのでしょう。時期別の遊び方について、ママたちに聞いてみました。

首がすわるまで

3カ月の赤ちゃんのママ
うちの子はまだ首がすわらないので、仰向けに寝た状態で手足を動かす体操遊びをしています。赤ちゃんの手を持ってやさしく手拍子をしたり、足首を持ってゆっくり動かしたりすると、嬉しそうな笑顔を見せてくれます。
0歳児の首がすわるまでの室内遊びとして、ベビー体操を取り入れているママがいました。ママがやさしく声をかけながらスキンシップをすることで、赤ちゃんもママとの体操を楽しんでくれそうです。

おすわりができるようになった頃

お座りをする赤ちゃん
iStock.com/OJO Images
6カ月の赤ちゃんのママ
おすわりができるようになってからは「いないいないばあ」などの手遊びをして遊んでいます。私がハンカチを使って「いないいないばあ」をする度に、かわいらしい笑顔で喜んでくれます。
おすわりができるようになると、0歳児向けの遊びの幅も広がってくるようです。他には、寝返りができるようになった赤ちゃんといっしょに、寝返り遊びを楽しんでいるというママの声もありました。

ハイハイをするようになった頃

9カ月の赤ちゃんのママ
うちの子はハイハイで素早く進むことができるようになったので、リビングを片づけて広い場所を作りハイハイレースをして遊んでいます。私が少し遅れると、振り向いて待っていてくれる姿がとてもかわいいので、室内遊びには必ず取り入れています。
赤ちゃんといっしょにハイハイをして遊ぶのも楽しいかもしれません。ハイハイをする頃になると、ものを積み上げたり崩したりする室内遊びを喜ぶ0歳児もいるようなので、やわらかいおもちゃを用意すると楽しく遊べそうです。

0歳児が室内遊びに使うおもちゃ

0歳児が室内遊びに使うおもちゃには、どのようなものがあるのでしょう。実際に使っているおもちゃを、ママたちに聞いてみました。

やわらかいボール

10カ月の赤ちゃんのママ
我が家では布製のボールのおもちゃを使って赤ちゃんと遊んでいます。おすわりができるようになった頃は私が赤ちゃんの手元に向かって転がして遊びましたが、この頃は赤ちゃんの方からボールを転がすことができるようになってきました。
布製のボールを使って、赤ちゃんと室内遊びを楽しんでいるママがいました。0歳児は手にしたもの口をつけることもあるようなので、汚れを拭き取りやすいポリウレタンやビニールなどのやわらかいボールもよいかもしれません。

紙風船

7カ月の赤ちゃんのママ
赤ちゃんとの室内遊びには、紙風船を使うことがあります。赤ちゃんがふわふわ舞う紙風船を見たり手で受け止めようとしたりして声を出して笑うので、かわいい笑顔が見たくて何度も風船を膨らまして遊んでいます。
さわったり当たったりしても心配のない紙風船は、0歳児の室内遊びに向いているおもちゃかもしれません。紙風船をクシャッとつぶす感覚がおもしろいらしく、赤ちゃんが嬉しそうな顔で膨らむのを待っているというママの声もありました。

トンネルやジム

トンネル
Africa Studio/Shutterstock.com
9カ月の赤ちゃんのママ
ハイハイを始めた赤ちゃんが室内でも運動を楽しめるように、空気を入れるタイプのトンネルのおもちゃを用意しました。赤ちゃんがトンネルから出るタイミングで私が「いたー!」と顔を出すと、大きな声を出して笑ってくれます。
0歳児の室内遊びのおもちゃにトンネルを用意したママがいました。トンネルをくぐる遊びは手足を使う運動にもなってよいかもしれません。

ママのなかには、赤ちゃんが仰向けに寝たままで使えるおもちゃのジムを用意したという声もありました。

0歳児と遊ぶときに意識したこと

0歳の赤ちゃんと室内で遊ぶときには、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママたちが意識したことを聞いてみました。

赤ちゃんの様子にあわせて遊ぶ

10カ月の赤ちゃんのママ
0歳の赤ちゃんと遊ぶときは、おすわりができるようになったなどの成長の様子にあわせて遊び方を考えるように心がけました。赤ちゃんが遊びを楽しめることを大切にして、無理をしないように気をつけました。
0歳児と遊ぶときには、赤ちゃんの様子を見ながら遊び方を考えることができるとよいかもしれません。高い高いをしたら不安そうな顔をしたので、赤ちゃんが喜んでくれる高さまでにしたというママの声もありました。

おもちゃの使い方に気をつける

11カ月の赤ちゃんのママ
赤ちゃんが室内遊びでおもちゃを使う場合は、口に入れるといった心配がないかをいつも気をつけていました。布製のおもちゃは遊んでいるうちに糸がほつれることもあるので、こまめにチェックすることを意識しました。
赤ちゃんがおもちゃを安全に使えるように、こまめに気をつけることを意識したママがいました。他には、赤ちゃんがさわるおもちゃは、常に清潔に保つように心がけたというママの声もありました。

赤ちゃんの室内遊びを工夫をしよう

ボールで遊ぶ家族
iStock.com/Yagi-Studio

0歳児向けの室内遊びを、月齢や赤ちゃんの成長の様子にあわせて考えているママがいました。紙風船のように赤ちゃんが喜んで遊べるおもちゃがあると、室内遊びもさらに楽しくなりそうです。

0歳の赤ちゃんといっしょに室内で遊ぶときには、赤ちゃんにあわせて遊び方や使うおもちゃを工夫できるとよいですね。

2019年10月27日

専門家のコメント
8
    まな先生 保育士
    ベビーマッサージがオススメです。 赤ちゃんとママのスキンシップにもなります。 この時期の赤ちゃんは繰り返しの遊びが好きなので、何度か遊んであげても喜んでくれます。 身体に触れたりあんよを曲げ伸ばしたりすることで刺激にもなります。 おもちゃ遊びでは、 ・音の鳴るおもちゃ ・手で握るおもちゃ ・指先を使うおもちゃ など、月齢に合ったものを選んであげると良いですね。
    すあま先生 保育士
    ★柔らかくて軽い布の遊びはバリエーション豊富!➡︎いないいないばあ!はもちろん、顔を隠してフゥ〜と息を吹きかけて布をゆらゆらさせたり、フッ!と勢いよく吹いて一瞬お互いの顔が見えたり…そんなちょっとしたことでも赤ちゃんは声を上げて笑ったりします(^^) 布の端っこを握らせて優しく引っ張りっこするのも楽しいですよ。 ★一緒にハイハイ♫➡︎ハイハイができるようになったら、隣に並んで一緒にハイハイするのも楽しい遊びになります(^^)赤ちゃんが負けじとハイハイのスピードを上げて、いつの間にかレースになることも♫大人が腕や脚でトンネルを作ってあげるのもいいですね! ★大人が頑張って楽しませようとしてもまるで興味を示さなかったり嫌がられたりすることもありますが、どうかめげずに…!(笑) 「遊ばないんか〜い!」とおどけてツッコミを入れたらそれがツボに入って笑ってくれることも(^◇^;)
    じゅん先生 保育士
    やっぱり、手遊びかなぁ?いないいないバーは、大好きですね😍ウチの孫は、スマホで動画を撮られるのにハマっているみたいですね!モモヤモモヤもいいですね!わらべ歌はいつまでも残りますね〜。
    なー先生 保育士
    わらべうたは昔から伝わる遊びです。乳児期にぴったりで、赤ちゃんと保護者の方と触れ合いながら、言葉遊びも出来ます。 いないいないばぁのようなもので、[じーじーばー]という曲は布で顔を隠したり出したりするもので、どこでも出来ます。 [いっぽんばし]などは知ってる方も多いかなと思います。 是非、いろいろなわらべうたを親子で楽しんでもらえたらと思います!
    わい先生 保育士
    0歳の玩具選びで気を付けているのは、玩具を舐めてしまうこと!舐めて玩具を確認するともいわれてます。 だから、すぐに洗える布玩具やすぐに拭けるプラスチックの玩具を選びます。そして、口に含むと誤食に繋がってしまうので、飲み込まない大きさを選びます。 音のなる玩具や触感が面白いものを選んでます。 また、大人と一緒に遊ぶことでスキンシップをたくさんとることがいいと思います
    ひまわり先生 保育士
    ふれあい遊びがいいと思います(^-^) 足を動かしたり、手を動かしたり♪ 足を動かすことでお腹の体操にもなります(*^^*) 歌に合わせて足や手を動かすと楽しいですよ(*´∀`) うちの子は、足を顔の辺まで持ち上げてあげるとすっごく笑顔になります(^-^)
    まあ先生 保育士
    0歳児の室内遊び、保育園ではさまざまな素材(例えばプチプチや段ボール)に触れたり、ゴムの下をハイハイなどでくぐって遊んだりと身近にあるものでも充分楽しむことができています。
    くじら先生 保育士
    うちの子が0歳の頃はだんごのわらべうたが好きでした。 赤ちゃんの手をグーにして包み込み「だんごだんご」と言いながら軽く上下させ、「だーんご」と言いながら手を返します。 たったこれだけです。笑 最後にムシャムシャ食べる真似をするとキャッキャと喜んでいました。
おすすめユーザーのコメント
1
    もも先生
    オーガンジーやシフォンの布でのいないいないばぁはおすすめです(^^) また、敏感で吸収の早いこの0歳の時期に色々な感触に触れたり、おもちゃをなめたりするのも大切です。 遊んでいると子どもを笑わせることが目的になりがちですが、くすぐったり、あやすだけでなく子どもがじっくり目で見たり触れたりするのも大切なので、テレビの音や機械音であふれてるこの時代にゆったりした大人との静かな時間も大事にしたいですね。皆さんが書いてある通り、静かで耳に入りやすいわらべうたもおすすめです。

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧