0歳児の赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?絵本の選び方について

0歳児の赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?絵本の選び方について

絵本を読み聞かせるときのポイント

0歳児の赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしたいと考えているママやパパもいるでしょう。ママたちは、0歳児の赤ちゃんにいつから絵本の読み聞かせを始めたのでしょうか。始めた時期や絵本の選び方、読み聞かせのポイントについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

0歳児の絵本の読み聞かせはいつから?

0歳児の赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしたいとき、いつから始めるとよいのか悩むこともあるかもしれません。0歳児の赤ちゃんに、いつから絵本の読み聞かせを始めたのかママたちに聞いてみました。

30代ママ
3カ月ごろ、赤ちゃんと何をして遊ぼうか悩んでいたので試しに絵本の読み聞かせをしてみました。
30代ママ
おもちゃに興味を持ち始めた4カ月ごろから絵本の読み聞かせをしました。
30代ママ
6カ月ごろから絵本の読み聞かせをしていました。長男の絵本が家にたくさんあったので、持っている絵本を読み聞かせています。

0歳児のあかちゃんにいつから絵本の読み聞かせを始めたかについては、それぞれで違いがあるようでした。おもちゃに興味を持ち始めたときに絵本の読み聞かせを始めてみるのもよいかもしれませんね。

0歳児の赤ちゃんが楽しめる絵本の選び方

絵本
Olga Pedan/Shutterstock.com

さまざまな絵本があると、0歳児の赤ちゃんにどの絵本を選ぼうか迷うこともあるでしょう。0歳児の赤ちゃんが楽しめる絵本の選び方についてママたちに聞いてみました。

色がカラフルな絵本

30代ママ
はっきりした色味の絵本は、楽しそうに目で追っていてとても反応がよかったです。
30代ママ
絵柄が大きくてシンプルな色合いの絵本は赤ちゃんでもわかりやすいのかなと思い、よく読み聞かせていました。

色がたくさん使われているカラフルな絵本を選んだママが複数人いました。0歳児の赤ちゃんでも見て楽しめるように、色鮮やかな絵本を選ぶのもよいでしょう。

音が出る絵本

30代ママ
音も楽しんでもらいたいなと思い、ピアノの音が出る絵本を選びました。見るだけでなく耳でも楽しめるので、音が出るしかけ絵本でよく遊んでいます。

楽器の音や、音楽が流れる絵本などさまざまなしかけ絵本がありますよね。音が出るしかけ絵本は0歳児の赤ちゃんも楽しめそうです。

布の絵本

布の絵本
Andrienko Anastasiya/Shutterstock.com
30代ママ
ベビーカーにひっかけられるようなキーホルダータイプの布絵本を用意しました。おもちゃと同じように持ち運べるのでよかったです。
30代ママ
鏡がついている布絵本がお気に入りだったようで、0歳児のときによく遊んでいました。ぬいぐるみやおもちゃを鏡に映したりしていっしょに遊んでいました。

手触りを楽しめるものなどさまざまな種類の布絵本があるようです。布絵本は軽く、やわらかいので、0歳児の赤ちゃんでも手に持って遊べて、ページが破れる心配もないでしょう。

絵本選びのときに、子どもが掴んでも破けないように厚紙でできた絵本を重視して選んだママもいました。0歳児の赤ちゃんに選ぶ絵本の紙質もポイントのひとつでしょう。

音の響きを楽しめる絵本

30代ママ
オノマトペが多く出てくる絵本をよく読んでいました。音の響きがよく、リズム感のよいオノマトペは0歳児の赤ちゃんでも楽しめるようでした。

オノマトペなど、音と言葉で楽しめる絵本は0歳児の赤ちゃんもお気に入りになりそうですね。

絵本を読み聞かせるときのポイント

0歳児の赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのポイントにはどのようなことがあるでしょうか。

赤ちゃんの表情をよく見る

30代ママ
赤ちゃんには絵本の物語よりも絵を楽しんでもらいたいと思い、絵本を眺めている赤ちゃんの様子を見ながら読み聞かせをしていました。子どもの反応がよかったページは繰り返し読んでいます。お気に入りのページを読むと子どもも楽しそうでした。

赤ちゃんの反応をよく見ながら絵本の読み聞かせをしたというママは複数人いました。赤ちゃんの好きな場面は繰り返し読むとよろこびそうですね。

絵本を読むときの声

30代ママ
抑揚をつけて読んでいました。淡々と読むときよりも赤ちゃんの反応がよくてうれしかったです。

ママやパパが楽しんで読み聞かせをすると、赤ちゃんも絵本を楽しめるでしょう。声のトーンを変えて歌うように読んだり工夫しているママもいました。

絵本を動かしながら読む

30代ママ
ストーリーに合わせて絵本を動かしながら読んでいます。例えば、歩いているシーンや泳いでいるシーンで、読む声に合わせながら絵本を上下に揺らしたりすると、子どももよろこんでくれました。

赤ちゃんが絵本に興味を持てるように、絵本に動きをつけたり、声の大きさや読むスピードに合わせて絵本を動かすと面白いかもしれません。

0歳児の赤ちゃんと絵本の読み聞かせを楽しもう

絵本を読む夫婦と赤ちゃん
iStock.com/monzenmachi

0歳児の赤ちゃんにいつから絵本の読み聞かせを始めたのかについては、3カ月や6カ月などそれぞれ違いがあるようでした。

絵本の選び方はさまざまありますが、なかには赤ちゃんとおでかけしたときも遊べるように小さいサイズの絵本を選んだママがいました。読み聞かせをするシーンをイメージしながら選ぶのもよいでしょう。

0歳児の赤ちゃんといっしょに絵本を楽しみましょう。

2019年06月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧