子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年04月08日

子どもの粘土のおもちゃ。種類や遊び方、注意点など

子どもの粘土のおもちゃ。種類や遊び方、注意点など

今回の記事では、子どもの粘土のおもちゃの種類や選び方ついてご紹介します。また、元幼稚園教諭のママに粘土遊びで気をつけたいことをきいてみました。

粘土のおもちゃのメリット

ママたちにおもちゃとしての粘土の魅力と、子どもがどのように粘土遊びを楽しんでいるかきいてみました。

色の変化や感触が楽しめる

「最初はつめたくて固い粘土を、やわらかくなるまでこねて遊んでいます。色の着いた粘土を何色か混ぜ、色が変わっていく様子を見るのも楽しいようです」(30代5歳児のママ)

指先で粘土の温度を感じたり手のひらでつぶしたときの感触、だんだんやわらかくなっていく様子など、さまざまな感触が味わえるのも粘土遊びのおもしろさかもしれません。

自由に形を変えられる

粘土
©chihana- Fotolia

「お団子のように丸めた形をいくつも並べたり、細くのばした粘土で顔のパーツをつけたりして、好きなキャラクターを作って遊んでいます」(30代3歳児のママ)

伸ばす、ちぎる、丸めるなど、力を加減することで形が自由に変えられるのも粘土の楽しい要素ですね。

幅広い遊び方ができる

「薄く伸ばしてクッキーの型で型抜きして、おままごとをして子どもと遊んでいます」(30代4歳児のママ)

子どもによって粘土を使った遊び方はさまざまなようです。想像力をふくらませて遊ぶと、楽しみ方が無限大に広がりそうですね。

粘土のおもちゃの種類

最近は粘土にもさまざまな種類があるようです。それぞれの特徴や実際に使っているママの声をきいてみました。

小麦粘土

食品素材でできているので、小麦アレルギーがないなら子どもが誤って口に入れても危険性が低いようです。

「オーブンで焼いたものを、キーホルダーやおままごとのおもちゃにして残しておきます」(30代4歳児のママ)

家庭にある材料で手作りした場合は、長期保存には向いていないようですが、オーブンで焼くと硬くなり保存もできるようです。

寒天粘土

小麦粘土と同じように食品素材でできており、伸びがよく手につきにくい粘土のようです。

「寒天が使われているからか、持ったときに他の粘土よりも軽いと感じました。寒天粘土のぷにゅぷにゅした感触を、子どもも気に入ったようです」(30代2歳児のママ)

軽くて扱いやすいのは、小さな子どもも遊びやすいかもしれませんね。

蜜蝋粘土

使いはじめは硬いですが手のぬくもりで柔らかくすると、形を変えやすくなる粘土のようです。

「色がきれいで香りもよいのも、魅力的でした」(30代5歳児のママ)

「他の粘土と比べると硬いので子どもには使いにくそうだと思っていましたが、ツヤがあることで手に付きにくく、手の温度であたためることでゆっくりと形が変わっていく様子が楽しいので親子で遊んでいます」(30代3歳児のママ) 

蜜蝋粘土には、他の粘土とはちょっと違った魅力がありそうですね。

粘土のおもちゃの選び方と工夫

子どもの粘土遊び
©milatas- Fotolia

粘土の種類によって保存できる期間や、保管方法が違うようです。用途に合った粘土を選びたいですよね。

密閉容器で保管

おままごとなど作り直して繰り返し遊びたいなら、小麦粘土や寒天粘土などの固まりにくい種類を選ぶとよいかもしれません。使い終わったら空気に触れないように、密閉できる容器に入れて保管すると乾燥しにくいようです。

完成品を飾りたいなら

完成したもの作品として残して長く楽しみたいときは、蜜蝋粘土などの乾くとしっかり固まる粘土を使うとよいでしょう。蜜蝋粘土は香りもよいようなので、お部屋のインテリアにしてもよいかもしれませんね。

元幼稚園教諭にきいた粘土の注意点

実際に創作おもちゃとして粘土を使って遊ぶときに、どんなことに気をつければよいのでしょうか。元幼稚園教諭のママに聞いてみました。

子どもにのびのびと作らせる

「テーマを決めて作るときも『〇〇といえばこういうもの』などの断定はせず、子どもの自由な発想で作らせるようにしていました」

決まったテーマのものを作るときも、子どもが楽しく遊べることを大切にしていたようです。「もっとこうしたら?」と言うよりも、「ママ手伝って」と子どもに言われたときにそっとサポートしてあげるとよいのではないでしょうか。

誤飲しないよう注意して見守る

「誤飲すると危険なので、子どもたちには事前にしっかり注意をしました」

小さい子どもは、興味があるものを口に入れてしまうこともあるので、誤飲には十分に気をつけていたようです。カラフルでお菓子のような色の粘土も多いので、間違って口に入れてしまわないよう、遊んでいる間も大人がしっかり見守って声をかけてあげるとよさそうです。

手洗い、掃除

「粘土遊びをしたあとは、手洗いを徹底していました」

「細かくちぎれた粘土が落ちてしまうので、踏んで固まって取りづらくなる前に、しっかり掃除をしていました」

爪の先に粘土が入ってしまうこともあるため、遊び終わったらしっかりと手を洗うよう声をかけてあげるとよいでしょう。落ちた粘土をそのままにしておくと、踏んでしまって掃除が大変になるようです。早めに片づけることも遊ぶときのポイントかもしれません。

粘土で「作る楽しさ」を

粘土のおもちゃ
©chihana- Fotolia

子どもが頭の中で何を作ろうかなと考え、手を使って表現できるのは、粘土遊びの魅力のひとつではないでしょうか。子どもの作品が完成したら「なにを作ったの?」とコミュニケーションをとるのもよいでしょう。粘土の選び方や注意点も参考にしていただけたら幸いです。

おうち遊びの関連記事
  • お出かけ先でも楽しめる、親子でできるじゃんけんを使った幼児との遊び

    お出かけ先でも楽しめる、親子でできるじゃんけんを使った幼児との遊び

    幼児の子どもを連れていると、日常生活で待ち時間が長いと感じることもあるかもしれません。病院や買い物、レストランで並んでいるときなど、子どもを飽きさせないような遊びをご紹介します。じゃんけんを用いたものなので、道具を使わずルールもシンプルで、簡単なものを集めてみました。

  • 生後1ヶ月の赤ちゃんとふれ合いながら楽しめる遊びと遊び道具

    生後1ヶ月の赤ちゃんとふれ合いながら楽しめる遊びと遊び道具

    生後1ヶ月の頃になると、赤ちゃんとの生活に少しずつ慣れてくるママもいるのではないでしょうか。この頃の赤ちゃんとの遊び方について知りたいと考えるママもいるかもしれません。生後1ヶ月の赤ちゃんとふれ合いながら楽しめる遊びと、遊び道具、遊ぶときに気にかけたことなどを、ママたちの体験談を元にご紹介します。

  • 生後4カ月の赤ちゃんの遊び。遊び方や遊ぶ時間、赤ちゃんと行きたい遊び場所

    生後4カ月の赤ちゃんの遊び。遊び方や遊ぶ時間、赤ちゃんと行きたい遊び場所

    生後4カ月の赤ちゃんは、どのような遊びをするようになるのでしょう。首がすわってきたり、手足をよく動かすようになったりすると、今までとは違う遊び方ができるようになるかもしれません。生後4カ月の赤ちゃんの遊び方や遊ぶ時間、遊び場所などをママたちの体験をご紹介します。

  • 年齢別の幼児の遊び。4歳、5歳、6歳が楽しめる室内遊びや外遊びとは

    年齢別の幼児の遊び。4歳、5歳、6歳が楽しめる室内遊びや外遊びとは

    4歳、5歳、6歳の幼児とママやパパがいっしょに楽しめる遊びにはどのようなものがあるでしょう。年齢によって遊び方や楽しめる内容が変わってくるようです。実際に4歳、5歳、6歳の幼児が気に入った遊びの体験談や、室内遊びと外遊びの注意点もご紹介します。

  • 生後6カ月の赤ちゃんの遊び方。親子で楽しめる遊びとおもちゃや遊び場

    生後6カ月の赤ちゃんの遊び方。親子で楽しめる遊びとおもちゃや遊び場

    生後6カ月の赤ちゃんと遊びを楽しみたいと考えるママもいるのではないでしょうか。手の使い方も上手になったりおもちゃに興味を持ち始めたりする赤ちゃんもいるかもしれません。今回は、生後6カ月の頃の遊び方や楽しめる遊び、生後6カ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃと遊び場をママの体験談を交えて紹介します。

  • 子ども用の室内鉄棒の種類と選び方。鉄棒が楽しくなる練習のコツと注意点

    子ども用の室内鉄棒の種類と選び方。鉄棒が楽しくなる練習のコツと注意点

    子どもが体を動かして遊ぶことを楽しむようになってくると室内鉄棒の購入を検討するママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、室内鉄棒の特徴と選ぶときのポイントを紹介します。また元幼稚園教諭の筆者の体験談をもとに子どもが鉄棒を楽しみながら練習できるコツと注意点を解説します。

カテゴリ一覧