夏休みには子どもといっしょに幼児向けの体験を楽しもう

夏休みには子どもといっしょに幼児向けの体験を楽しもう

大型プールでの遊びや習い事体験など

夏休みの幼児向け体験が気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、夏休みの幼児向け体験の選び方と、短期間の習い事や大型プールでの遊びなどの子どもが喜んだ夏休みの体験、幼児向けの体験をするときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

夏休みに子どもと楽しい体験をしたい

夏休みが近づくと、子どもといっしょに楽しい体験をしたいと考えるママやパパもいるかもしれません。夏休みにはさまざまな場所で幼児向けの体験教室などが企画されるようなので、親子で夏の思い出作りに参加してみるのもよさそうです。

ママやパパのなかには、特別感のある体験を子どもといっしょに行いたいと考える方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、夏休みの幼児向け体験について、ママやパパたちの体験談を交えてお伝えします。

夏休みの幼児向け体験の選び方

夏休みには幼児向けの体験がさまざま企画されるようなので、どのようなものを選ぶとよいか迷うこともあるかもしれません。ママやパパたちに夏休みの体験の選び方を聞いてみました。

子どもの興味にあう体験

40代パパ
夏休みの幼児向け体験は、子どもの興味にあうものを選びたいと思いました。うちの子はものづくりが大好きなので、陶芸体験や木工製作などが楽しめるのではないかと考えています。
子どもが興味をもっているものを夏休みの体験に選ぼうと考えているパパがいました。ゆっくりすごせる時間を取りやすい夏休みに好きなことに夢中になれる体験ができれば、子どものよい思い出になるかもしれません。

夏休みならではの体験

30代パパ
夏休みには夏にしかできない体験ができるとよいのではないかと思います。海に出かけてマリンスポーツを楽しんだり、山に登って雄大な自然を満喫したりすることができると、子どもも喜んでくれるかもしれないと考えました。
夏休みの子どものすごし方として、海や山で遊ぶ夏休みならではの体験もよいかもしれません。1年に1度の夏休みに特別な体験をすることで、子どもがひと回り大きく成長する姿が見られたというママの声もありました。

家族でいっしょに行う体験

バーベキュー
iStock.com/kazoka30
40代ママ
私たちは家族みんなでできる体験を、夏休みに計画したいと考えています。キャンプに出かけて魚釣りをしたり、家族で協力して薪を集めてバーベキューをしたりするのも楽しいのではないかと思いました。
夏休みに家族でいっしょに体験を行うのも楽しそうです。ママのなかからは、パパが夏季休暇をとれる場合は、普段行けないような場所に家族旅行をするのもよい体験になるという声も聞かれました。

子どもが喜んだ夏休みの体験

子どもが喜ぶ夏休みの体験にはどのようなものがあるのでしょう。ママやパパたちに、実際に子どもが喜んだ体験を聞いてみました。

気になっている習い事の体験教室

40代ママ
うちの子は前からピアノを習ってみたいと言っていたので、夏休みの体験教室に参加しました。3日間だけの体験教室でしたが、ピアノを習い事として続けられるか考えるよい機会になったと思います。
夏休みには短期間の体験学習を企画している習い事の教室もあるようです。子どもが普段から気になっているらしい習い事の体験教室を探して、夏休みの間にいくつか行ってみたというパパの声もありました。

スライダーのある大型プール

30代パパ
夏休みには少し遠くまで足を伸ばして、長いスライダーが何本もある大型のプールに行きました。うちの子は水泳が好きで近くのスイミングスクールに通っているのですが、初めて体験する大きなプールがとても気に入ったようです。
普段なかなか行く機会がない大型のプールで水泳を楽しむことは、夏休みの貴重な体験になるかもしれません。ママのなかからは、初めはプールのスライダーを怖がっていた子どもが、帰る頃には「もっとやりたい」と名残惜しそうにしていたという声も聞かれました。

ネイチャーゲーム

木登りをして遊ぶ女の子
Purino/Shutterstock.com
20代ママ
夏休みには家族で森へ出かけ、ネイチャーゲームを楽しみました。太い木の幹に子どもといっしょに耳を押しあてると、木のなかを流れる水の音が聞こえて、大きな感動を覚えることができます。

木の葉の陰に隠れている昆虫を見つけることも、すてきな思い出になりました。
自然を体全体で感じることができるネイチャーゲームも、夏休みの幼児や子ども向けの体験かもしれません。森の中でかわいいリスを見つけた子どもが、目を輝かせてリスの動きを追っていたというパパの声もありました。

幼児向けの体験をするときに意識したこと

夏休みに幼児向けの体験をするときには、どのようなことを意識するとよいのでしょう。ママやパパたちに心がけていることを聞いてみました。

子どもの体調に気をつける

30代ママ
子どもは楽しい体験をしていると夢中になることがあるので、私も夫も子どもの体調に気をつけるようにしています。時間を決めて休憩をとったり水分補給をしたりすることで、夏休みを元気にすごすことができると思いました。
夏は気温や湿度が高いために、遊びに夢中になると体調を崩してしまうことがあるかもしれません。楽しい夏休みにするために、汗をかいたらこまめに拭くといった体調管理にも心がけているというパパの声もありました。

ママやパパもいっしょに楽しむ

30代パパ
夏休みに子どもとの心に残る思い出を作るために、私も妻も幼児向けの体験に全力で取り組むことを意識しています。家族でたくさん汗をかいたり大声で喜びあったりすることで、子どもが夏休みを楽しいと感じてくれるような気がしました。
夏休みには幼児向けの体験にも家族みんなで真剣に取り組んでいるというパパがいました。ママやパパが童心にかえって全力で体験をする姿を見れば、子どもも負けずにがんばろうと思うかもしれません。

夏休みにしかできない体験を楽しもう

キャンプで薪をつくる親子
iStock.com/kohei_hara

夏休みには子どもが喜ぶ幼児向けの体験に親子で取り組みたいと考えるママやパパがいました。習い事の体験学習に参加したり、普段はなかなか行く機会がない大型のプールに出かけたりするのもよいかもしれません。

海や山に出かけて自然とふれあうなど、夏休みにしかできない体験を家族で楽しめるとよいですね。

2020年03月31日

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧