子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年05月17日

子連れで楽しむバーベキュー。子どもが喜ぶ遊びやメニュー、デザートとは

子連れで楽しむバーベキュー。子どもが喜ぶ遊びやメニュー、デザートとは

子どもといっしょにバーベキューを楽しむ際にどのようなことをするか気になるママやパパもいるかもしれません。バーベキューの際にできる遊びや子どもが喜ぶメニュー、デザートについて紹介します。

子どもと楽しむバーベキュー

子どもとのバーベキューは元気に外遊びをしたり、親子で協力して準備をしたりと、普段できないことを体験できるよい機会ですよね。

バーベキューをより楽しむためになにがあればよいのか、持ち物をはじめバーベキューでの遊び、子どもが喜ぶご飯やデザートのメニューをご紹介します。

子どもとのバーベキューの持ち物

基本的なバーベキューの持ち物に加えて、子ども連れのバーベキューの必需品と、あると便利なものについてご紹介します。

必需品

帽子をかぶる子ども
imacoconut/Shutterstock.com

天気の良い日にバーベキューをすると、子どもの熱中症が気になりますよね。帽子、保冷剤、水分補給のためのドリンク、日よけのパラソルや日傘などを準備していきましょう。

さらに、虫よけの薬や虫に刺されたときに使う薬、絆創膏のほか、万が一に備えて保険証を必ず準備していきましょう。

あると便利なもの

子どもが服を汚したときに着替えられるように替えの服を1、2着用意していきましょう。用意する服は、露出が少ない長袖と長ズボンがよいかもしれません。天候により急に寒くなる場合に備えて1枚は羽織れる服を持っていきましょう。

また、濡れたり、汚れたりしたときのために替えの靴を持っていると便利かもしれませんね。

子どもとのバーベキューでの遊び

自然が多い環境の中で子どもが元気に遊べるのもバーベキューの魅力かもしれません。自然の中で楽しめる遊びをご紹介します。

かくれんぼ

子どもも大人もいっしょに楽しめるのがかくれんぼです。自然が多い環境でのかくれんぼは、大樹や岩などに隠れて自然を堪能できるという楽しさもあるかもしれませんね。

遊ぶときには、ママやパパの目が届くように遊ぶ範囲を決めてからかくれんぼをするようにしましょう。

自然観察

虫眼鏡を使う子ども
MIA Studio/Shutterstock.com

虫や魚などがいる環境でのバーベキューは、自然観察を楽しめるようです。

水の中の生き物を観察をするときには、虫などの飼育に使用するクリアケースを用意していくとよいかもしれません。魚や小さなカニなどの生物が水中にいるときには、クリアケースを水中に半分ほど入れてのぞきこみ観察することで、写真で見るのとは違った迫力を味わうことができるようです。

さらに、自然の中で生きている生き物を大切に扱うように、子どもに教えることも学びになるかもしれません。

シャボン玉

小さい子どもや親子でも楽しめるシャボン玉は、子どもが喜ぶ遊びのひとつですよね。

キャンプ場のような広い場所でしかできないような大きなシャボン玉を作ったり、さまざまな形やサイズのシャボン玉が作れるセットを持っていくとより楽く遊べるかもしれません。

バーベキューで子どもが喜ぶメニュー

バーベキューで食材を焼いている間などは子どもが待つ時間が長くなることが多いですよね。

子どもも調理に参加できて喜ぶメニューをご紹介します。

ハンバーガー

ハンバーガーを食べる女の子
kornnphoto/Shutterstock.com

子どももいっしょに作れてすぐに食べられるのがハンバーガーです。

大人がパテ(お肉)を焼いて、子どもがトマトやチーズなど好きな具をバンズ(パン)挟めば、いっしょに料理を楽しめるかもしれません。小さいサイズのミニバーガーなら、何個も作って味比べすることもできそうですね。

ホットドッグ

ホットドックも、ハンバーガーと同じように子どもが楽しく作業できてすぐに食べられるメニューです。

大人がソーセージを焼いて、子どもが好きな具をパンに挟めばすぐに食べれます。

チーズフォンデュ

チーズフォンデュは、子どもも大人も同時に楽しむことができます。野菜やお肉などお好みの野菜を食べやすい大きさにカットします。

チーズはカマンベールをまるごと使用し、アルミ皿などの上に置いてからバーベキューの網の上に置きます。

チーズが柔らかくなりとろけてきたら、チーズフォンデュのでき上りです。

バーベキューで子どもが喜ぶデザート

親子で作るところから楽しめるデザートメニューをご紹介します。肉や野菜だけではなく、デザートがあるとよりバーベキューを楽しむことができそうです。

焼きマシュマロ

焼きマシュマロ
hedgehog111/Shutterstock.com

耐熱のくしに刺したマシュマロを熱せられた網の上で温めると、内側が柔らかく外側がかりっとした焼きマシュマロができます。

この柔らかいマシュマロは、クッキーなどにチョコレートと一緒に挟むとスモアになりおいしいかもしれません。

焼きリンゴ

カットしたリンゴと砂糖をアルミホイルの中に入れ、お好みでシナモンパウダーなどをかけ
網の上で焼くと甘くておいしい焼きリンゴが完成します。

食べやすいため、バーベキューでの食後のデザートによさそうですね。

バームクーヘン

耐熱の丸棒や竹にバームクーヘンの生地を巻き付け網の上で焼いていきます。バームクーヘンの準備は子ども一人ではできないことも多いようなので、ママやパパもいっしょに作りましょう。

バームクーヘンが刺さっている丸棒や竹は、火で熱せられてとても熱いのでやけどには注意しましょう。

子どもとのバーベキューでの注意点

バーベキューをするときや、子どもが遊ぶときにはどのようなことに注意したらよいのでしょうか。

子どもから目を離さない

自然の中でバーベキューをするときの醍醐味のひとつは、子どもが元気に外で遊べることですが、子どもから目を離さないようにしましょう。

例えば、鬼ごっこなどではしゃいで、バーベキューのコンロにぶつかってケガをしてしまうということもあるので注意が必要です。また、広いバーベキュー会場や自然の中でのバーベキューでは子どもが迷子になる場合もあるので気をつけましょう。

衛生面

気温が高い中で行うバーベキューは、衛生面も気をつけるポイントですよね。

バーベキュー会場に向かっている途中に食べ物が悪くなる場合もあるので、クーラーボックスに食品を入れるなどして食品の衛生面を保つとよいかもしれません。

充分に準備してバーベキューを子どもといっしょに楽しもう

バーベキューを楽しむ親子
KPG_Payless/Shutterstock.com

子どもとバーベキューにいくときの遊びや、子どもが喜ぶご飯メニューやデザートにはさまざまあるようです。子どもを待たせる時間が少なく、おいしく食べられるご飯やデザートのメニューを豊富にそろえられると子どもも喜び、飽きずに楽しめそうです。

親子で協力して準備をしたりデザートを作ったりしながら、自然の中でのバーベキューをいっしょに楽しんでみてはいかがでしょうか。

おでかけの関連記事
カテゴリ一覧