レバーとトマトを使った離乳食レシピ。レバーを使うときのポイント

レバーとトマトを使った離乳食レシピ。レバーを使うときのポイント

レバーとトマトでレシピの幅を広げよう

レバーを取り入れた離乳食を作ろうと考えたとき、下処理の仕方や相性のよさそうなトマトを使ったレシピなどが知りたいママやパパもいるようです。今回の記事では、離乳食にレバーやトマトを取り入れる時期やレバーを使うときのポイント、レバーとトマトを使った離乳食のレシピについて、体験談を交えてご紹介します。

レバーとトマトを使って離乳食を作ろう

レバーを離乳食の食材として使用したいと考えるママやパパのなかには、どのように調理すればよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。レバーを離乳食に取り入れるときは、赤ちゃんの食べやすさを考えて、さっぱりとしたトマトをいっしょに使うとよいかもしれません。

そこで今回は、レバーとトマトを使った離乳食についてご紹介します。

レバーとトマトを離乳食に使う時期

レバー
Viktor1/Shutterstock.com

レバーやトマトを使用して離乳食を作るとき、いつから使うことができるのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。レバーとトマトを離乳食に使う時期について、厚生労働省の資料からご紹介します。

レバー

鶏肉や豚肉、牛肉などさまざまなレバーがあるようですが、離乳食の食材に初めてレバーを使用するときは食べやすさを考えて鶏肉のレバーから始めるとよいようです。厚生労働省の資料によると、レバーを離乳食で使う時期の目安は、生後9カ月頃の離乳食後期くらいからとされています。

トマト

厚生労働省の資料によると、離乳食はすり潰したおかゆから始め、赤ちゃんの様子を見ながらトマトなどの野菜や果物を試していくとされています。トマトは、離乳食初期から使える食材のようですが、レバーといっしょに調理するときはレバーが使える離乳食後期頃にあわせて使用するとよさそうです。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食にレバーを使うときのポイント

離乳食にレバーを使用するとき、選び方や下処理の仕方などが気になることもあるのではないでしょうか。離乳食にレバーを使用するときのポイントについて、ママたちの声を聞いてみました。

新鮮そうなものを選ぶ

30代ママ
離乳食に使用するレバーは、できるだけ新鮮そうなものを選ぶように心がけています。色あいが鮮やかでツヤがあるかどうかが、レバーの鮮度を見分けるときのポイントです。
離乳食に使うレバーは、色あいなどを見て新鮮かどうかを意識して選ぶとよいかもしれません。ママのなかからは、カットされているレバーを購入するときは、切り口にハリがあるかどうかを確認してから選ぶようにしているという声も聞かれました。

しっかりと下処理をする

40代ママ
カットしたレバーを流水でしっかりと洗い、筋や黄色い脂肪の部分を取り除いたら、15分から20分くらい牛乳に漬けこみます。漬けこみが完了したら牛乳を水で洗い流し、沸騰したお湯で火が通るまで茹でればレバーの下処理の完了です。

においが気になることもあるレバーを離乳食の食材として使うときは、しっかりと下処理をすることも大切かもしれません。下処理でレバーを漬けこむときに、牛乳ではなく塩水を使用したというママの声もありました。

ベビーフードを活用する

30代ママ
レバーの下処理をする時間がないときは、フリーズドライ状のレバーのベビーフードを活用しています。お湯でもどすだけで簡単に離乳食の食材として使えるので、とても便利です。
レバーが手に入らないときやレバーの下処理をする時間がないときなどに、フリーズドライのレバーのベビーフードを活用したというママの声もありました。固形タイプや粉末タイプなど、さまざまな形状のものがあるようなのでママやパパの使いやすそうなタイプを選ぶとよさそうです。

レバーとトマトを使った離乳食レシピ

調理器具
Africa Studio/Shutterstock.com

レバーとトマトを使った離乳食のレシピを知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。離乳食後期頃のレバーとトマトを使用したレシピをご紹介します。

レバーとトマトの野菜煮込み

30代ママ
下処理をしたレバーと湯むきをしたトマトを、さいの目状にカットして鍋に入れます。にんじんと玉ねぎをそれぞれすり下ろしたものを鍋のなかに加え、弱火で煮込んだらレバーとトマトの野菜煮込みの完成です。
さっぱりとした味わいのトマトと、にんじんや玉ねぎなどの香味野菜をレバーとあわせたレシピの離乳食を作ったママがいるようです。水溶き片栗粉でとろみをつけると、ごはんにかけてもおいしく食べることができるかもしれませんね。

レバー入りハンバーグのトマトソースがけ

30代ママ
下処理をしたレバーをすり鉢でペースト状にしたら、豆腐、塩、片栗粉を加えてよく混ぜあわせます。一口大になるようにスプーンですくいフライパンに並べ、焼き色がつくまで火を通すとハンバーグができあがります。

耐熱皿に皮と種を除き5mm角にカットしたトマトと塩を入れ、ラップをかけて電子レンジで加熱して作ったトマトソースをハンバーグの上からかければ、レバー入りハンバーグのトマトソースがけの完成です。
レバー入りのハンバーグは、手づかみ食べを始める頃のレシピとして取り入れるとよさそうです。トマトソースを上からかけることで、食べたときに口のなかがさっぱりするようで食べやすそうだったというママの声もありました。

レバー入りトマトソースのパスタ

30代ママ
下処理をしたレバーと玉ねぎ、にんじん、セロリをそれぞれみじん切りにしたもの、カットタイプのトマト缶を鍋に入れ中火で水分が少なくなるまで煮こみます。茹でたパスタを食べやすい長さにカットして、煮込んだトマトソースをかければレバー入りトマトソースのパスタの完成です。
パスタなどの麺類に、レバーをソースにアレンジしたものをかけると赤ちゃんがよく食べてくれたというママの声もありました。レバー入りのトマトソースに粉チーズを隠し味として入れるなどしてアレンジしてもよいかもしれません。

レバーとトマトで赤ちゃんが喜ぶ離乳食を

離乳食を食べる赤ちゃん
pikselstock/Shutterstock.com

レバーを離乳食の食材として使うときは、新鮮そうなものを選び、しっかりと下処理をしたりさっぱりとしたトマトとあわせたりすると、赤ちゃんが食べやすくなるかもしれません。レバーを離乳食に使用する時期は、赤ちゃんの離乳食の進み具合をみながら離乳食後期以降を目安とするとよさそうです。

レバーにトマトを加えたアレンジレシピで、赤ちゃんが喜ぶ離乳食を作れるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2020年3月8日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年03月10日

専門家のコメント
4
    のんの先生 保育士
    レバーはとても栄養価の高い食材ですので、離乳食に取り入れたいのですが、なかなかメニューがな
    りお先生 保育士
    レバーを離乳食に使ったことはなかったです!どうやって使えばいいのかわからないのと、私自身が
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧