1歳の子どものおにぎり作り。工夫するポイントやアレンジレシピ

1歳の子どものおにぎり作り。工夫するポイントやアレンジレシピ

1歳の子どもに作りたいおにぎりレシピ

1歳の子どもに作るおにぎりの具や大きさが知りたいママやパパがいるかもしれません。おにぎり作りのポイントやアレンジレシピを参考にして作ろうと思っている場合もあるでしょう。今回は、1歳の子どもにおにぎりを作る場面やおにぎりを作るときのポイント、1歳の子ども向けおにぎりレシピを体験談を交えてご紹介します。

1歳の子どものおにぎり

おにぎり
iStock.com/yajimannbo
30代ママ
海苔がぱりぱりだと1歳の子どもには食べにくそうだったので、海苔がしんなりするようごはんが熱いうちに包んでいました。
20代ママ
子どもが枝豆のおにぎりが好きなのでよく作っています。冷凍枝豆が便利で常備しています。
30代ママ
小さいおにぎりは、具が入れにくいのでふりかけを混ぜて作ることが多いです。
20代ママ
冷蔵庫にある食材でチャーハンを作り、おにぎりにしています。
20代ママ
子どもが1歳の頃、おにぎりしか食べない時期があったので、具だくさんの炊き込みごはんでおにぎりを作っていました。

ママたちは、1歳の子どもが食べられる食材を使ったり、食べやすさを考えたりと工夫しておにぎりを作っているようです。なかには、おにぎりでさまざまな食材が食べられるようにチャーハンや炊き込みごはんでおにぎりを作るという声もありました。

1歳の子どものおにぎり作りは、子どもの成長や好みに合わせていろいろ工夫できそうですね。

おにぎりを作る場面

おにぎりを作るときには、どのような場面があるのでしょうか。

お弁当

20代ママ
子どもが1歳の頃は、児童館に遊びに行くときにお弁当におにぎりを持って行くことが多かったです。
20代ママ
おにぎりは、1歳の子どもにも食べやすくお弁当にぴったりでした。おにぎりにおかずやフルーツを少量プラスして持って行っていました。

お弁当におにぎりを持って行くという声がありました。おにぎりは、食器を使う前の子どもにも食べやすいかもしれませんね。

手づかみ食べの練習

20代ママ
息子が1歳の頃、小さなおにぎりを作って離乳食の手づかみ食べの練習をしていました。食べながら遊び始めるとおにぎりをぐちゃぐちゃにすることもありました。
20代ママ
小さいおにぎりが作れる調理グッズを使って、手づかみ用にミニおにぎりを作りました。

おにぎりは、手づかみ食べの練習にぴったりかもしれません。子どもがつかみやすい大きさにするとよいでしょう。小さいおにぎりは、具が入れにくい場合もあるのでふりかけや混ぜごはんにするとよさそうです。

お出かけ

おにぎり
iStock.com/kohei_hara
30代ママ
お腹が空いたときにどこでも食べやすいので、外出するときに持って行きます。
30代ママ
休日は子どもと公園に行くことが多く、おにぎりを持って行くこと多いです。
30代ママ
子どもが歩けるようになって外遊びがより楽しくなってきた時期、ピクニックに行くときにおにぎりをよく作っていました。

お出かけにおにぎりを持って行くママがいました。おにぎりは、屋外で食べるときや食べるスペースが十分にとれないときにも手軽に食べられてよいですね。

1歳の子どもにおにぎりを作るときのポイント

1歳の子どもにおにぎりを作るとき、ママたちはどのようなことを意識しているのでしょうか。

薄めの味付けにする

30代ママ
1歳の子どものおにぎりは、味付けが濃くならないように市販のふりかけは使わず、コーンや枝豆などを具に入れておにぎりを作っていました。
20代ママ
混ぜごはんのおにぎりを作るときは、混ぜる具を少なくして薄めの味付けにしています。

1歳の子どものおにぎりは、薄めに味付けするとよいかもしれません。ふりかけを使う場合は、量を少なくして調整すると食べやすそうです。

食べやすい大きさにする

20代ママ
手づかみ食べしやすいように片手でつかめるくらいの大きさにしています。
20代ママ
食べやすいミニサイズのおにぎりを3個くらい作ってお弁当箱につめています。
20代ママ
具を小さくするよう意識していました。魚を入れるときは、よくほぐして骨をしっかり取り除いてから入れていました。

おにぎりを子どもが食べやすい大きさに作ることをポイントにしているママがいました。おにぎりが大きいと1歳の子どもには、食べるのが難しいかもしれません。具の大きさも、子どもに合わせて調節するとよいでしょう。

子どもの好きな具を入れる

20代ママ
甘めのタレで味付けしたお肉を入れています。子どもに大好評です。
20代ママ
子どもの大好きな唐揚げを細かくして入れるとよろこんで食べてくれます。

おにぎりに子どもの好きな具を入れるという声がありました。1歳頃は、食事の好みが出てくる時期かもしれません。子どもの好みの具を入れてよろこんでくれるとよいですね。

1歳の子ども向けのおにぎりレシピ

1歳の子ども向けのおにぎりレシピをご紹介します。

おかかのおにぎり

  1. かつおぶし、醤油、めんつゆを混ぜてごはんと合わせておにぎりにする

子どもが食べやすいように、おかかに少量の砂糖を入れて甘めに味付けするのもよいかもしれません。味付け海苔は、おかかとよく合いそうです。

コーンバターおにぎり

  1. ゆでたとうもろこしをバターを溶かしたフライパンで炒める
  2. 最後に醤油をたらして風味をつけ、ごはんに混ぜておにぎりにする

とうもろこしの甘さとバターの香ばしさがおいしそうですね。とうもろこしは、コーン缶を使えば時短につながるでしょう。

ツナとマヨネーズのおにぎり

  1. ツナ缶の油をよく切り、マヨネーズと和えておにぎりに入れる

ツナマヨに、砂糖や出汁を入れるレシピもあるようです。仕上げに青海苔をまぶすのも、風味を楽しめてよいかもしれません。

鮭とチーズのおにぎり

  1. 鮭を焼いて骨や皮を取り除き、身をほぐす
  2. 細かく切ったチーズ、下ごしらえした鮭、ごま、ごはんを混ぜ合わせておにぎりにする

鮭とチーズの組み合わせに、塩昆布やわかめを入れるのもおいしそうです。鮭フレークを使えば、簡単に作れるでしょう。

子どもがよろこぶアレンジおにぎりを作ろう

おにぎり
iStock.com/monzenmachi

1歳の子どものおにぎり作りは、味付けの濃さを調節したり、食べやすい大きさにするよう意識するとよさそうです。子どもの好きな具を入れることも大切なポイントでしょう。

お弁当やお出かけのときに子どもがよろこぶアレンジおにぎりを作ってみてはいかがでしょうか。

2020年02月19日

専門家のコメント
21
    とまと先生 保育士
    お出かけの時によく混ぜご飯おにぎりを作っています。娘はトマト味が好きなので、トマトピューレ にんじん 玉ねぎ 鶏肉を炊き込んだチキンライスおにぎりが好きです。卵焼きを添えて オムライス風⁉︎弁当にします。
    のんの先生 保育士
    おでかけするときは、おにぎりを必ず持っていました。
    お弁当だと、こぼしたり、食べさせるのが大変だったりするので、おにぎりが1番持ち運びがいいです。
    おにぎりの具は中に入れるのではなく混ぜ込むタイプの方が小さい子が食べやすいです
    みどり先生 保育士
    小ぶりの、一口サイズのものを彩り良くタッパーに入れてました。ふりかけでも喜んで食べてくれてました。

    また、お餅のように半ずきしたものにきな粉をかけて、お団子風にしたのは今でも娘の好物です。
    なつまる先生 保育士
    お茶碗だと食べないのに、同じ白いご飯でもおにぎひにするとなぜか喜んでまた食べ始める。なんてこともありますよね!
    丸めてひと口サイズにしておくとパクパクと行けそうですね!
    こうじん先生 保育士
    給食時白ご飯を食べにくそうにしている子にはサランラップを作ってちいさなちいさな丸いおにぎりを作ります。興味がありそうな子には最後一緒にきゅっと手で握ってもらうと自分で作ったような気持ちになって喜んでぱくぱく食べてくれます。
    せおみ先生 保育士
    お腹空いた。といった時にすぐ食べられるようにおにぎりはよく作って持っていました。ふりかけおにぎり。炊き込みご飯でおにぎり。おにぎりは沢山の、レパートリーがありいいですよね。
    こいまま先生 保育士
    枝豆コーンおにぎり、のり鮭おにぎり、唐揚げおにぎり、梅昆布おにぎりなど、なんでもおにぎりにしていました。
    外が大好きな子だったので、毎日おにぎりを作って公園に出かけていました。
    今思えば、まったりした幸せな時間でした。
    あゆみ先生 保育士
    1歳の子は自分で手掴みしたい時期でもあるので、掴みやすいサイズである程度しっかり握ってあげると良いと思います。味は出来るだけシンプルに、薄味がいいですね。鮭などをほぐして混ぜたり、ひじきやふりかけなども食べやすそうだなと思います^^
    あー先生 保育士
    おにぎりは、手づかみ食べの練習にぴったりなので、わたしも手づかみ食べの練習によく使ってました。大きさは子どもの手の大きさに合わせて作っていましたよ。具材もいろいろ入れられるので栄養面でもいいですよね。
    すみっこ先生 保育士
    我が家もお出掛けの時にはおにぎりを作って持っていくことが多かったです。
    小さめで、でも丸のみはできないサイズのおにぎりを作っていました。塩はふらずに作っていました!
    すー先生 保育士
    ワカメの混ぜご飯を一口サイズのおにぎりにしたものが1番のお気に入りです。おにぎりに具を入れるよりは、ふりかけのようにご飯に混ぜる方が1歳の娘は食べやすそうです。
    こと先生 保育士
    1才のときは、手づかみで食べやすいように一口のおにぎりを作ってました😊✨ラップで1つづつするのがめんどくさいときは、海苔でごはんをはさんで包丁で切るおにぎらずにしてました💕
    ゆきな先生 保育士
    私はご飯を炊くときに塩昆布とツナを入れてたいたり、ベジタブルミックスとコンソメとツナを入れて炊いておにぎりにしてます!!
    冷凍しておくとすぐに食べれて便利ですよ!!
    あと、私はおにぎりを握るときに細ながーくしてます!バナナのように!!口に入る細さだしボロボロならず自分で握って食べれるのでお気に入りの形です☺️

    ちりめんじゃこをおにぎりに入れるとすこし口に残るのか残す時もありました!!ご注意を!
    りお先生 保育士
    一度、末っ子に上2人と同じ大きさのおにぎりを用意して出かけたら、一人で食べられずにずっと親が持って口に運んで食べさせなければならず大変だったので、それからは今は2歳ですが、一口サイズ丸い小さなおにぎりを準備するようにしています。

    これなら、手で摘んで一口で食べられて、自分で食べることができるので楽ですよー😁
    せんせい 保育士
    一歳の時は、手掴み食べでも食べ易いようにラップで大人の一口サイズくらいのおにぎりを作って出かけていました☺︎コーンやツナ、あとはシャケとかも美味しそうに喜んで食べていましたよ☺︎大きさや個数はお母さんやお父さんが普段様子をしっかり見て判断すればいいんじゃないでしょうか🤩
    おはぎ先生 保育士
    わが家も遊園地などのレジャーで小さいおにぎりを常備していました!レストランに入る時間もお金も勿体無いと思っていたので、並んでいる退屈な時やパレードを見ながらなど大活躍でした。ちなみにおにぎりは食べやすいようまん丸ではなく縦長のスティック型にしてキャンディのようにラップでクルクルしていました。すぐ食べれて、子どもでも持ちやすくおすすめです。
    YSK
    @おはぎ先生さん
    我が家もスティックおにぎりよくやっていました! 持ちやすいのでつかみ食べもしやすいですよね!
    ゆか先生 保育士
    お出掛けの時は基本的にはおにぎりを持って出掛けていました。

    ちらし寿司のおにぎりやオムライスのおにぎりが好評でした。

    一口サイズにしたり、細長くして食べやすくしたりしていました。

    おにぎりと一緒にバナナもよく持って行きました!
    のの先生 保育士
    おにぎりは手で簡単に持ててパクパク食べれるのでいいですよね。時間がないときは白米を握ってふりかけをかけるだけでも十分だとおもいます。
    めめ先生 保育士
    うちは長男がかなり小食なのですがふりかけおにぎりだとすごく食べます。サランラップにふりかけを混ぜたご飯をのせて渡すと自分で握って嬉しそうに食べてます!
    わい先生 保育士
    おにぎりいいですよね。
    大きさは、食べやすく持ちやすいサイズがいいと思います。
    鮭のほぐしみにゴマのおにぎりや混ぜご飯をおにぎりにしてもいいと思います。
    めるちゃん先生 保育士
    よく1歳の子どもにおにぎり作ってます。魚をゆでてほぐしたものを冷凍ストックしておき、よくご飯に混ぜて、おにぎりにしています。魚だけだと、口の中でパサパサするのか、あまり食べませんが、おにぎりだと食べてくれます。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧