1歳児の食事メニューや手づかみレシピ。マンネリ化したいための工夫とは

1歳児の食事メニューや手づかみレシピ。マンネリ化したいための工夫とは

食事を用意するために意識したこと

1歳の子どもの食事を用意するとき、メニューのマンネリ化に悩んだり、手づかみで食べられるメニューが知りたいと思ったりするママがいるかもしれません。今回は、1歳児の食事メニューのポイントと、手づかみ食べレシピの他に、メニューがマンネリ化にならないためのコツについて、ママたちの体験談をご紹介します。

1歳児の食事メニューの悩み

子どもが1歳をすぎると、食べられる食材が多くなり食の幅が広がる一方で、まだ大人とは同じものを食べることはできないことから、子どもの食事メニューに悩むママもいるかもしれません。ママたちに、1歳児の食事メニューについての悩みを聞いてみました。

30代ママ
手づかみ食べのメニューのレパートリーを増やしたいのですが、ハンバーグやおにぎりなど定番のメニューしか作れません。ちょっと変わった手づかみ食べのレシピが知りたいです。
20代ママ
毎日3食子どもの食事を作っていると、同じようなメニューになってしまっているように感じます。食事メニューがマンネリ化しないためにはどのようなことを意識したらよいのでしょうか。
ママたちに話を聞くと、手づかみ食べのレシピが知りたいという方や、メニューがマンネリ化しているという悩みがある方がいるようです。

そこで今回は、1歳児の食事メニューについてママたちの体験談を交えてお伝えします。

1歳児の食事メニューを考えるポイント

子どもの食事
Shebeko/Shutterstock.com

1歳児の食事メニューはどのようなことをポイントに用意したらよいのでしょう。ママたちに、1歳児の食事メニューを考えるときに意識していることを聞いてみました。

食材のバランス

30代ママ
私はいろいろな食材をバランスよく食べられるようなメニューを意識しています。なるべく多くの食材を取り入れ、メニューが被らないように1週間毎献立を考えるようにしました。
いろいろな食材を食べるように、食材のバランスを意識しているママがいるようです。ママのなかからは、子どもが苦手な食材は細かく刻んたり他の食材とあわせたりと調理方法を工夫して、バランスよく食べられるようにしているという声も聞かれました。

彩りのよさ

20代ママ
子どもの食事メニューは、彩りのよさを考えて用意しています。彩りがよいと料理の見た目が明るくなり、食欲が湧くのではないかと考えました。
子どもが食べたいと思うような彩りのよいメニューを考えるのもポイントのようです。彩りのよいメニューを考えると、自然とたくさんの種類の食材を使うようになり食材のバランスのよさにもつながるかもしれませんね。

食材の形状

40代ママ
1歳の息子には手づかみ食べをたくさんしてほしいと思っています。食事では、スティック状や小判型など、息子が手づかみしやすい形状のメニューを取り入れています。
子どもが手づかみ食べをしやすいような形状を意識するのも、1歳の子どものメニューを考えるときは大切なようです。あまり食べてくれないおかずを小さめに切ったら食べてくれるようになったというママの声もあり、子どもの様子にあわせて食材の形状を変えてみるのもよいかもしれません。

手づかみ食べメニューのレシピ

手づかみ食べをする1歳児のために、さまざまな手づかみ食べメニューを用意したいと考えるママもいるようです。ママたちに聞いた手づかみ食べメニューのレシピをご紹介します。

手づかみオムライス

40代ママ
ボウルにご飯、卵、ケチャップ、顆粒コンソメを入れてよく混ぜてから熱したフライパンで平たく焼きます。両面焼けたらフライ返しで食べやすい大きさに切って完成です。

息子はこのオムライスが大好物で作ると毎回間食してくれます。
少ない材料と簡単な手順で手づかみ食べ用のオムライスを作ったママがいるようです。みじん切りにした野菜やひき肉など具材を入れるなどアレンジするのもよいかもしれませんね。

野菜としらすのチヂミ

20代ママ
ボウルで小麦粉と片栗粉、水、卵をよく混ぜあわせた後、茹でたほうれん草としらすとチーズを加えて混ぜます。熱したフライパンに生地を流し入れて両面を焼いて、切り分けたら完成です。

生地には味つけしませんが、大人はチヂミのたれをつけるとおいしく食べられるので家族みんなで食べられるメニューです。
親子で食べられる手づかみ食べメニューを作るのもよいですね。ママのなかには、チヂミを多めに作って冷凍保存しているという声もありました。

かぼちゃコロッケ

コロッケ
rocharibeiro/Shutterstock.com
30代ママ
かぼちゃの皮と種を取り除き電子レンジで加熱した後、フォークでつぶし一口大に丸めます。フライパンで乾煎りしたパン粉を成型したかぼちゃにまとわせたら、かぼちゃコロッケのでき上がりです。

夕食で大人と同じメニューを用意してあげたいと考え作りました。
乾煎りしたパン粉を使うことで、油で揚げずにコロッケを作ることができるようです。メニューがマンネリ化しないように、じゃがいもやさつまいもなど食材を変えて作るのもよいかもしれませんね。

メニューがマンネリ化しないための工夫

毎日食事を作っていると、メニューがマンネリ化してしまっていると感じることもあるのではないでしょうか。ママたちは、メニューがマンネリ化しないようにどのようなことを工夫しているのでしょう。

新しい食材を取り入れる

30代ママ
子どもが1歳をすぎた頃から、料理に使う食材を少しずつ増やしていきました。食材が増えるとメニューのレパートリーを広がり、メニューのマンネリ化で悩むことが少なくなったように感じます。
新しい食材を取り入れることで、子どもは新しい味や風味、食感などを楽しむことができるのではないでしょうか。いつから取り入れたらよいか悩んだときは、保健師さんなどに相談するとよいかもしれません。

味を変える

30代ママ
私は子どものメニューでマンネリ化を感じたときは、味を変えるようにしています。コンソメスープにトマトを加えてトマトスープにしたり、うどんをソースで味つけした焼うどんにしたりとちょっとしたひと手間で味を変えると、子どもは喜んで食べてくれます。
いつもとは違った味つけをすることでマンネリ化しないようにしているママがいるようです。味だけでなく、青のりやゴマなどで風味を加えてみるのもよいかもしれません。

おいしい手づかみメニューを用意しよう

手づかみ食べする子ども
leungchopan/Shutterstock.com

1歳児の食事メニューは、食材のバランスや形状などをポイントに考えるとよいかもしれません。オムライスやコロッケなどさまざまな手づかみ食べレシピがあるようです。

新しい食材を取り入れたり味を変えたりと、メニューがマンネリ化しないような工夫をして、おいしい食事が用意できるとよいですね。

2020年01月22日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧