離乳食初期に作るなすのアレンジレシピ。冷凍保存の方法について

離乳食初期に作るなすのアレンジレシピ。冷凍保存の方法について

離乳食のなすはいつから?電子レンジを使った簡単レシピ

離乳食になすを取り入れてみたいと考えているママやパパもいるかもしれません。なすはいつから与えてよいのでしょうか。離乳食初期に作るなすを使ったレシピや電子レンジを使った加熱調理、冷凍保存の方法についてご紹介します。

離乳食初期の進め方

初めて離乳食を作るというママもいるでしょう。離乳食初期は、離乳食の作り方や進め方など、わからないことが多く迷うこともあるかもしれません。

まずは、基本的な離乳食初期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食初期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後5カ月から6カ月ごろが離乳食初期とされています。

食事のタイミングは、体調や機嫌がよいときなど赤ちゃんの様子を見ながら用意できるとよいですね。

調理形態は、なめらかにすりつぶした状態がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食初期は1日1回1さじずつ始めましょう。

野菜、果物を与えるときはすりつぶした状態から試して、慣れてきたらつぶした豆腐、白身魚などを試すとよいとされています。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

子どもの離乳食で困ったこと

離乳食の食器
iStock.com/coco312
厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%
もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)/28.9%
食べる量が少ない/21.8%
食べものの種類が偏っている/21.2%
食べさせるのが負担、大変/17.8%
乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%
食べるのをいやがる/15.9%
乳汁(母乳や人工乳)をよく飲み、離乳食がなかなか進まない/12.6%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変、母乳と離乳食のバランスがわからないと感じているママは多いようです。

編集部でも同じような意見があがることが多々あり、はじめての離乳食をどう進めていけばよいのか迷うこともあるようでした。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食のなすはいつから?

なすは、離乳食初期から与えることができるようです。

離乳食初期に使うなすは、皮を剥いてあく抜きをして、やわらかく茹でてすりつぶします。

少し苦みがるので、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えましょう。

離乳食に使うなすのあく抜き方法

なすのアク抜き
© chapinasu - Fotolia
あく抜きのやり方をご紹介します。

1. なすの皮を剥いて輪切りにする
2. ボウルに水を張り、切ったなすを入れる
3. 10分ほど水にさらす

なすはあくが強く、切ったまま置いておくとあくが原因で断面が変色してしまうため、離乳食に使う際には必ずあく抜きをします。

あく抜きをする前に食べやすい大きさに切っておくのもよいでしょう。

離乳食初期に食べられるなすレシピ

離乳食初期に作るなすを使ったアレンジレシピをご紹介します。

なすのペースト

1. あく抜きをして小さく切ったなすを耐熱容器に入れて、なすが浸るくらいの水
を入れる
2. 電子レンジで5分ほど加熱する
3. 裏ごしする

初めてなすを食べさせるときは、加熱して裏ごししただけのシンプルなレシピから始めてみるとよいでしょう。

なすペーストはさまざまなレシピに活用することができます。

なすのお粥

1. 10倍粥を作る
2. 鍋に10倍粥大さじ3と、なすペースト大さじ2を入れる
3. 2.にだし汁大さじ2を加えて煮る

なすペーストを混ぜるだけでおいしいお粥が作れますが、だし汁を加えて煮るとまた違った味を楽しめそうです。

離乳食の進みに合わせて、お粥となすの量を調節しましょう。

なすと玉ねぎのとろとろ

1. 鍋に、なすペーストと、すりおろした玉ねぎを大さじ2ずつ入れて煮る
2. 水溶き片栗粉を入れる

なすと玉ねぎがとろとろになるまで煮込みます。水溶き片栗粉を加えてとろみをつけると、赤ちゃんも食べやすくなるでしょう。

なすとにんじんのだし煮

1. あく抜きしたなすとにんじんを小さく切る
2. 鍋にだし汁150mlとにんじん5gを入れて煮る
3. 2.になす10gを入れて煮る
4. やわらかくなるまで煮たら裏ごしする

離乳食初期に食べられるさまざまな食材を組み合わせるのもよいですね。にんじん以外にも、大根や白菜を加えてもよさそうです。

なすの保存方法

なすは冷凍保存できます。あく抜きをし、月齢に合わせた大きさに切って茹でたあと、製氷皿やフリーザーバッグに入れて冷凍保存しましょう。

離乳食初期の場合は、すりつぶしてペースト状にしてから冷凍すると、簡単に調理ができそうです。

冷凍したなすは電子レンジで解凍できますが、凍ったままの状態で鍋に入れて、煮込みながら調理してもよいでしょう。

離乳食初期は赤ちゃんの様子を見ながらなすを用意しよう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© yamasan - Fotolia
なすは、離乳食初期から使える食材のようです。与える際はあく抜きし、やわらかく加熱すると食べやすいでしょう。

なすは冷凍保存できるので、ストックしておくと電子レンジや鍋を使ってすぐに調理できて便利ですね。

赤ちゃんに初めてなすを食べさせるときは、様子を見ながらなすレシピを楽しみましょう。
※記事内で使用している参照内容は、2019年8月26日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月30日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧