離乳食完了期のパンケーキレシピ。米粉を使ったレシピや作り方のポイント

離乳食完了期のパンケーキレシピ。米粉を使ったレシピや作り方のポイント

子どもが喜ぶパンケーキを離乳食完了期に作ろう

離乳食完了期にパンケーキを作るとき、米粉を使ったレシピや、バナナやヨーグルト、豆腐を使ったレシピのほかにも、自家製のパンケーキミックスを作る場合は、砂糖の量やパンケーキシンドロームが気になることもあるかもしれません。今回は、離乳食完了期のパンケーキレシピや作り方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

離乳食完了期にパンケーキを作ろう

離乳食完了期は、離乳食の卒業に向けてレシピのバリエーションを増やしたいと思う時期ではないでしょうか。後期からパンケーキを取り入れている場合は、パンケーキのアレンジレシピが気になることもありますよね。1歳のバースデーケーキにパンケーキを作ってお祝いしたいというママの声もありました。

今回は、離乳食完了期のパンケーキに注目し、作り方のポイントやレシピについてママたちの体験談を集めてみました。

離乳食完了期にパンケーキを作るときのポイント

離乳食完了期にパンケーキを作りたいとき、材料や調理方法、味付けをどのようにしようか悩むことがあるかもしれません。完了期のパンケーキ作りのポイントを聞いてみました。

材料

30代ママ
市販のホットケーキミックスはまだ早いかもしれないと思ったので、米粉を使った自家製のホットケーキミックスを使って手作りしていました。そのまま焼くのではなく、栄養バランスを考えて野菜を混ぜることが多かったです。
40代ママ
離乳食完了期は、牛乳や卵の代わりに、豆腐やヨーグルトを使ったパンケーキを作っていました。

離乳食完了期にパンケーキを作る際の材料は、小麦粉の代わりに米粉を使った自家製のものや、牛乳の代わりにヨーグルトや豆腐を使っているママがいるようです。自家製のパンケーキミックスを作る場合は、冷蔵庫で密閉保存し、パンケーキシンドロームに気を付けましょう。

調理方法

電子レンジ
iStock.com/HPuschmann
30代ママ
時短で作れるので電子レンジを使ってパンケーキを作っています。たまに時間があるときは、風味付けにバターを使ってフライパンで焼いて調理することもあります。

パンケーキの調理方法には、電子レンジやフライパンを使うなどのさまざまな方法があるようです。冷凍保存用に量を多めに作る際は、ホットプレートを使って一気に焼いたというママの声もありました。

味付け

20代ママ
自家製のパンケーキミックスを作るときは、砂糖の量はなるべく少なめにし、優しい甘さになるようにしていました。
30代ママ
1歳のバースデーケーキ用のパンケーキは、甘さ控えめのヨーグルトクリームを使ってデコレーションしました。

離乳食のパンケーキの味付けをする場合、甘くなりすぎないよう配慮したママもいるようです。砂糖やバターなどを使って味を付ける場合は、素材の味が引き立つように量を意識するとよいですね。

離乳食完了期のパンケーキレシピ

離乳食完了期のパンケーキのレシピが気になるママもいるかもしれません。ママたちに、完了期のパンケーキレシピについて聞いてみました。

カラフル野菜の米粉パンケーキ

30代ママ
にんじん、ほうれん草などのお好きな野菜を細かく切ったものをパンケーキミックスに混ぜて焼くと完成です。見た目が楽しく、切っても断面がきれいなので、子どもも嬉しそうに食べてくれました。

彩りのよい野菜をパンケーキにまぜると、見た目がカラフルな楽しいパンケーキが作れるようです。ペースト状にしたかぼちゃや小松菜などを使うと、いつもとは違う新鮮なパンケーキの色に子どもが喜んでくれるかもしれません。

パンケーキのおかずサンド

パンケーキのおかずサンド
iStock.com/yipengge
30代ママ
米粉を使ったパンケーキのタネを薄めに広げてフライパンで焼き、ポテトサラダを上にのせて、半月の形になるように巻きます。形もかわいいですし、具材を変えて楽しむこともできるので、我が家の定番レシピになっています。

具材をパンケーキでくるむと、主食としても取り入れることができそうです。見た目も素敵なパンケーキサンドは、新鮮なメニューとして子どもが喜んでくれるだけでなく、楽しい食卓が演出できるのではないでしょうか。

ヨーグルトクリームを使ったバナナパンケーキ

30代ママ
水切りしたヨーグルトを生クリーム代わりにして上からかけ、バナナをトッピングすると完成です。1歳のバースデーケーキのときは、手のひらサイズのパンケーキを重ねてクリームをはさみ、特別な感じに演出しました。

ヨーグルトクリームを使ったバナナのパンケーキレシピは、バースデーケーキにアレンジすることもできそうです。子どもの好きなフルーツを使い、ケーキトッパーなどでデコレーションすると、お誕生日ならではの特別なパンケーキになるかもしれません。

パンケーキを作るときに工夫したこと

離乳食完了期は、好き嫌いや遊び食べなどが始まり、パンケーキを食べないこともあるかもしれません。子どもが喜ぶパンケーキ作りのコツやアイデアについてママたちに聞いてみました。

アレンジする

20代ママ
子どもが飽きないように、蒸しパンにしたり、カップケーキにしたりと、アレンジをして工夫しています。触感や見た目が変わると、子どもも新鮮に感じてくれるようです。
30代ママ
うちの子はパンケーキを作っても、なかなか食べてくれなかったので、マフィンなどにアレンジしていました。

パンケーキのレシピをアレンジすると、離乳食のバリエーションがぐっと広がるのではないでしょうか。ハロウィンやクリスマスなどのイベント時には、少し凝ったアレンジレシピに挑戦してみるのもよいかもしれません。

見た目を工夫する

40代ママ
大きさの違うパンケーキを焼いて、くまさんのお顔になるように盛り付けをしてデコレーションすると、大喜びで完食してくれます。
30代ママ
小さめサイズに焼いたものを4段くらいに重ね、子どもの好きないちごやキウイなどのフルーツを添えて見た目を工夫しました。いつもとは違うパンケーキに、目を輝かせて喜んでくれました。

見た目を工夫すると、いつものパンケーキをより新鮮に感じてくれることもあるかもしれません。おやつの時間にに、フルーツなどのトッピングを子どもといっしょに楽しんでみるのもよさそうです。

子どもが喜ぶパンケーキを作ろう

パンケーキ
iStock.com/Azurita

離乳食完了期にパンケーキを作る場合は、米粉などの材料や砂糖の量に配慮した自家製のパンケーキミックスを使ったというママの声がありました。ほかにも、牛乳の代わりにヨーグルトや豆腐を使って作っていたという声やバナナなどのフルーツを添えたという声があり、ママたちは離乳食後期のパンケーキレシピを工夫しながら作っているようです。

アレンジを取り入れたり、盛り付けなども工夫しながら、子どもが喜ぶパンケーキ作りができるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年07月05日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧