子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年09月13日

ベビーベッドの収納アイデア。収納ポケットや収納棚を使う工夫や意識すること

ベビーベッドの収納アイデア。収納ポケットや収納棚を使う工夫や意識すること

ベビーベッドに収納場所を作って、上手に活用したいと考えているママもいるかもしれません。今回の記事では、ベビーベッドの収納についての悩みや意識したこと、収納ポケットや収納付きベビーベッドの収納棚などを使った収納アイデアを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

ベビーベッドの収納はどうする?

赤ちゃんのお世話セットをベビーベッドに収納して使いやすくしたいと考えても、なかなかうまく収納できないと悩むママもいるかもしれません。ベビーベッドの収納についてどのような悩みがあるのか、ママたちに聞いてみました。

「オムツセットや、衣類、お風呂セットなど赤ちゃんのお世話に必要なアイテムがたくさんあり、何をどこに収納するとよいのかわからず困っています」(30代ママ)

「ベッド下にオムツや肌着を収納してみても、いざ使うときに、すぐ取り出すことができず、ベッド下がごちゃごちゃになってしまいます」(30代ママ)

「ベッド下に収納付きの収納棚があるのですが、予備のオムツが入っているだけです。収納場所があるのに活用しきれていないのが悩みです」(20代ママ)

ママたちは収納の仕方がわからないなど、さまざまな悩みがあるようです。ちょっとした工夫や収納グッズを活用することで、うまく収納できるようになるかもしれません。ベビーベッドの側面やベッド下を収納場所として考えたとき、収納するときに意識するポイントや、収納グッズを使った収納アイデアをママたちに聞いてみました。

ベビーベッドの収納で意識したこと

ベビーベッドで赤ちゃんのお世話をするときに、必要なものが使いやすい状態に収納されていると動きもスムーズにいくかもしれません。ママたちはどのようなことを意識して収納を考えていたのでしょうか。

使う頻度

「よだれ拭きに使うガーゼやオムツセットはベビーベッドの横に収納し、1日に1回程しか使わないものはベッド下に収納しました。使う頻度によって収納場所を変えていました」(20代ママ)

収納場所を決めるとき、使うものの頻度を意識したというママもいるようです。1日のなかでよく使うグッズはベッド側面に、使う頻度が少ないものはベッド下に収納するなどと決めるとよいかもしれません。

大きさ

「赤ちゃんのお世話に必要なグッズを、大きさ別にわけて収納しています。それぞれの大きさごとに収納することで、ごちゃごちゃにならず見た目もすっきりしています」(30代ママ)

ベビーベッドの収納場所によって収納できる大きさが限られてくるかもしれません。ベッド下には大きくてかさばるものを入れたいと考え、おむつの他に布団を収納していたというママの声もありました。

取り出しやすさ

「取り出しやすさを意識し、赤ちゃんが泣いているときなど、必要なものを片手でもサッと取れるようにしています」(30代ママ)

ベビーベッドに収納するときは、片手で取れたり、かがまなくても取れたりと、取り出しやすさも意識するとよさそうです。収納するものの上部が見えるよう立てて収納することで、取り出しやすくしたというママの声もありました。

ベビーベッドの側面の収納アイデア

ベビーベッドの柵などを利用して側面に収納することができるようです。ママたちのベビーベッドの側面収納アイデアをご紹介します。

ポケットつきのバッグを吊るす

トートバッグ
iStock/aopsan

「バッグにフックをかけ、ベッドの側面に吊るして収納しています。バッグの外周には小さなポケットが複数ついていて、真ん中はオムツセット、側面のポケットには小物を入れていました」(30代ママ)

「おしゃれな布生地のトートバッグを、ベッド横の柵に引っ掛けて使っていました。バッグの中にはプラスチックのコップを3つ入れて綿棒や体温計など小さいものを収納していました」(30代ママ)

外出などするときに使うバッグを、ベッドの側面の収納に使っていたママもいるようです。キャラクターが描いてあるバッグに、同じキャラクターのおもちゃを収納していたというママの声もありました。

収納ポケットを取りつける

「ベビーベッド専用の収納ポケットで、生地の柄やリボンなどの装飾がかわいいものを選びました。ポケットがたくさんついているので体温計や爪切りなどを収納していました」(30代ママ)

「プチプラショップでポケットのサイズが違う布製の収納ポケットを購入し、ベビーベッドの側面に取りつけました。無地の収納ポケットだったので、かわいいシールを貼ったり、ワッペンを縫いつけたりしました」(20代ママ)

収納ポケットにはさまざまな種類があり、収納する物にあわせて収納ポケットを選べそうです。車のシート裏につける子ども用の収納ポケットをベビーベッド側面の収納に活用していたというママの声もありました。

ベビーベッド下の収納アイデア

ベビーベッドの下に空間があるものもあり、収納として活用することができるようです。ママたちのベビーベッド下の収納アイデアをご紹介します。

収納ボックス

収納ボックス
iStock/t_kimura

「カラーボックスに入れる収納ボックスを使って、ベッド下の収納棚にオムツと衣類を収納していました。収納するときはどちらも取り出しやすいように、横に並べて置きました」(30代ママ)

「収納するおむつと衣類にあうサイズのボックスを用意しました。ベッド下に無駄なスペースができないようにボックスを並べたのでたくさん収納できました」(30代ママ)

収納ボックスにはさまざまな大きさや素材があり、収納するものにあわせて活用していたようです。ベッド下の手前から徐々に高さのある収納ボックスを使って奥のものを取り出しやすく収納したというママの声もありました。

キャスターつきの収納棚

「ベッド下に入るサイズのキャスターつきの収納棚を使っていました。キャスターつきなので、手前に引き出せば奥のものも取り出しやすく、ベッドから収納棚ごと出せるので掃除もしやすいです」(20代ママ)

キャスターつきの収納棚を活用していたというママもいるようです。収納付きベビーベッドのなかでも収納棚がついているベビーベッドを購入して、収納に役立てていたというママの声もありました。

引き出し式の収納ケース

「ベッド下のサイズにあう収納ケースを使っていました。ケースを引き出せば奥のものも簡単に取れるので、奥まで収納スペースが活用できて重宝していました」(30代ママ)

「2段の引き出し式収納ケースを使い、上の段にはおむつとおしり拭き、下の段にはタオルと赤ちゃんの衣類を収納していました。家族がお世話するときもわかりやすいように引き出しにラベルを貼りました」(30代ママ)

収納ケースは中身にほこりが被らず、奥のものも取り出しやすいことから、ベッド下の収納として活用していたママもいるようです。ベッド下の収納として使った後もおもちゃを収納するなど、いろいろな使い道があったという声もありました。

ベビーベッドの収納を工夫して使いやすく

ベビーベッドと赤ちゃんの靴下
iStock/luchschen

ベビーベッドの収納を考えるとき、側面やベッド下にさまざまな工夫ができるようです。収納ポケットや収納ボックス、収納棚や収納付きのベビーベッドを活用すると上手に収納ができるかもしれません。限られた収納場所を使いやすく工夫して赤ちゃんのお世話ができるとよいですね。

インテリアの関連記事
カテゴリ一覧