3歳の子どもと外食を楽しもう!お店選びのポイントや外食の頻度について

3歳の子どもと外食を楽しもう!お店選びのポイントや外食の頻度について

ご飯を食べない、席に座っていられないときの対応

3歳の子どもと外食をするとき、どのようなお店に行けばよいのか悩んでいるママやパパもいるかもしれません。お店選びのポイントや外食をする頻度、子どもがご飯を食べないときや座っていられないときの対応についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

3歳の子どもと外食に行くとき

家族で外食を楽しみたいと考えているママやパパもいるでしょう。3歳の子どもと外食に行くとき、どのようなことに意識してお店を選ぶとよいのでしょうか。

3歳の子どもと外食するときのお店選びのポイントをママたちに聞いてみました。

ファミリー客が多い

30代ママ
外食をするときは、大きな声で話しても目立たないような、にぎやかそうなお店を選んで行っていました。周りに同じような子ども連れが多いと気楽に食事ができます。

お店の雰囲気でお店を選んでいるママが複数人いました。子どもと外食に行くとき、周りに迷惑がかからないかを気にしている人もいるかもしれません。お店の雰囲気や客層は選ぶポイントのひとつでしょう。

子どもの好きなメニューがある

子供のメニュー
© tama - Fotolia
30代ママ
歳の子どもが食べられるメニューがあるかどうか確認しています。私の子どもは洋食よりも和食の味付けが好きなので、お店に子どもの好きなメニューがあるかどうか気にしながらお店選びをしています。

3歳の子どもが好きそうなメニューがあるお店を選ぶと子どももよろこびそうですね。

キッズコーナーがある

30代ママ
お友だちと外食するときは、キッズコーナーのあるお店によく行っています。子どもが遊べる場所があると子どもも楽しめますし、遊んでいる子どもを見ながらママたちも食事がでいるのでよいなと思います。

おもちゃなどが置かれたキッズコーナーがあるお店もありますよね。子どもが思う存分遊べるスペースがあると、ママたちも落ち着いて食事ができそうです。

外食時に3歳が食べるメニュー選び

普段の食事とは雰囲気が違う外食では、なかなかご飯を食べてくれないということもあるかもしれません。3歳がよろこぶメニューにはどのようなものがあるのでしょうか。お店でよく食べるメニューについてママたちに聞いてみました。

うどんなどの麺類 

30代ママ
家でもよくうどんを食べるので、外食のときも注文していました。好きな料理は自ら進んで食べてくれるので助かります。

普段からよく食べている麺類は、外食でもよく食べてくれるという声がありました。子どもが食べ慣れている料理だと、進んで食べてくれそうですね。

フライドポテトなどの揚げ物

30代ママ
子どもと外食に行ったときはフライドポテトをよく頼みます。子どもの小さい手でも掴みやすくて食べやすいのか、よろこんで食べてくれていました。

子どもの好きな揚げ物があると必ず注文しているママが複数人いました。

フライドポテトはお子様メニューについていることも多いでしょう。外食だからこそ食べられるメニューだと、子どもも楽しみながら食事ができるかもしれませんね。

定食

天ぷら定食
iStock.com/Tony Studio
30代ママ
白米やお味噌汁、煮物など子どもでも食べられるメニューがある定食は、ママと分け合いながら食べられるのでよく注文しています。残すのはもったいので、1人前の定食でちょうどよいと感じています。

子どもと食事を分け合うというのもひとつの方法でしょう。複数の料理がセットになっていると、大人も子ども味を楽しみながら食べられそうです。

大人用のメニューを1人前注文し、子ども用のお椀に分けていっしょに食べているママもいました。

3歳の子どもが好きな食べ物にはそれぞれ違いがありますが、子どもの好きな料理や外食でよく食べている料理があると子どもも食事を楽しめそうですね。

3歳の子どもと行く外食の頻度

子どもとの外食の頻度をママたちに聞いてみました。

30代ママ
外食の回数は1カ月に1、2回程度です。多くはないと思っているのですが、家族で外食に行ったり、お友だちと会う日が続くと外食ばかりになるので、栄養が偏ってしまうのが気になります。
30代ママ
外食の頻度は1週間に1度ほどです。回数は多いかもしれませんが、外食ばかりだなと感じたことはありません。

ほかにも、誕生日や季節のイベントのときに外食をしているママもいました。3歳の子どもとの外食の頻度は家庭によってそれぞれ違いがあるようです。

外食で子どもがご飯を食べないときの対応

食事中、席に座っていられない、ご飯を食べないときの対応や外食のマナーについてママたちに聞いてみました。

30代ママ
ご飯を食べないときは『デザートのアイス食べられないよ』と声をかけています。目の前にジュースなどの甘いものがあるとそちらばかりに気を取られてしまうので、子どもの視界に入らないようにしながら、ご飯に集中できるようにしています。
30代ママ
ご飯は座って食べるなど、外食のマナーについて子どもに話すようにています。外食での約束をつくると子どもにも伝わりやすいかなと思います。
30代ママ
そのときの子どもの機嫌によりますが、外食のときはいつもよりも気分が高まって座っていられないこともあります。そのときはママかパパのどちらかが子どもと席を立ち、絵本やおもちゃなどが置いてあるキッズコーナーに移動して遊ぶようにしていました。

普段の食事とは雰囲気が違う外食では、ご飯を食べてくれないということもあるかもしれません。外食のマナーや約束を守るように子どもに話すのもひとつの方法のようです。

3歳の子どもとと外食を楽しもう

外食を楽しむ親子
iStock.com/Rawpixel

3歳の子どもと外食に行くときのお店選びでは、お店の雰囲気や子どもが食べられるメニューがあるかどうか確認するとよいでしょう。

外食ばかりになっていると感じているママもいましたが、外食に行く頻度はそれぞれの家庭によって違いがあるようです。

子どもが席に座っていられない、なかなかご飯を食べないという悩みから、子どもと外食できないと感じてしまうかもしれませんが、外食を通してマナーの練習をするのもよいでしょう。

家族みんなで外食を楽しめるとよいですね。

2019年06月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

グルメの関連記事

カテゴリ一覧