お宮参りに行くときの父親(パパ)の格好。季節ごとの選び方など

お宮参りに行くときの父親(パパ)の格好。季節ごとの選び方など

服装選びのポイントを和装・洋装ごとに紹介

赤ちゃんの大切な行事であるお宮参り。父親はどのような格好をすればよいのでしょうか。特別な決まりはないとされているようですが、だからこそどのような格好をすればよいのか悩むこともあるでしょう。和装・洋装・フォーマル・カジュアル。季節ごとのお宮参りの父親の格好についてもご紹介します。

お宮参りに行く父親の格好はどうする?

お宮参りは生後1カ月頃の赤ちゃんの健やかな健康をお祈りする行事です。一般的には家の近くの神社に参拝します。お宮参りの格好に特別な決まりはなく、基本的に自由とされている場合が多いようです。

お宮参りのとき、父親はどのような格好をすればよいのでしょうか。

お宮参りの父親の格好、和装と洋装

お宮参りの主役は赤ちゃんですよね。赤ちゃんが正式な祝い着など和装の場合は、父親も赤ちゃんに合わせて和装か礼服を着ることが多いようです。

ベビードレスなどの洋装の場合は、父親も赤ちゃんに合わせて洋装を選ぶとよいでしょう。

和装

羽織と袴

最近では、赤ちゃんと母親が和装でも男性はスーツを着る場合も多いようです。

家族みんな和装で揃えたい場合は、父親が着るお宮参りの着物は一つ紋、もしくは三つ紋入りの羽織りに着物、袴をはくのが正装のようです。

袴を穿いたほうがきちんとした印象になりますが、必ずしも必要というわけではなく着物と羽織だけでもよいようです。

なお、足元は白足袋を履く人が多いようです。

洋装

洋装はダークカラーのスーツが一般的です。黒・紺・グレーといった落ち着いた色を選びましょう。色や柄も派手なものは避けたほうがよいかもしれません。

シャツの色は白が基本ですが、薄ければ色のついたものを選んでもよいでしょう。ただし、はっきりとしたストライプやチェックは派手な印象になるため控えたほうがよいかもしれません。

ネクタイは白やシルバー系のものが一般的なようですが、派手な色や柄を避ければ問題ないようです。ただし、黒のネクタイは弔辞のときに使うため避けましょう。

赤ちゃんと女性が和装の場合でも男性はスーツを着ることがありますが、その場合はビジネススーツではなく正装である礼服を着たほうがよいでしょう。

お宮参りの父親の格好、フォーマルとカジュアル

お宮参りの父親の格好は、家族や赤ちゃんに合わせてフォーマルかカジュアルか決めるとよいでしょう。参加する家族の服装のバランスがよいと、記念撮影でも統一感が出ますよね。

フォーマル

スーツ
iStock.com/bonetta

父親のフォーマルな服装としては、和装、もしくは白のシャツに黒のフォーマルスーツ、ネクタイは白やシルバー系のものを着用するとよいでしょう。

ビジネススーツにネクタイでも、色味や小物の組み合わせによってはフォーマルな印象にまとめることができます。

靴は紐付きのビジネスシューズを履くのが一般的です。紐のついていないものでも問題はないようですが、紐付きに比べるとややカジュアルな印象になります。前日によく磨いておき、当日も記念撮影の前に汚れがついていないか確認しましょう。

フォーマルな服装で注意することは、主役である赤ちゃんの服装の格を超えないようにすることです。赤ちゃんの服装を超えて派手にならないように注意しましょう。

カジュアル

私服でも、襟の付いているものや、白やダークカラーの服装を選ぶと落ち着いた印象になります。

服装に特別な決まりはないとはいえ、Tシャツ・ジーパン・ジャージ・サンダルなどラフすぎるものは控えたほうがよいでしょう。

建物に入るときに靴を脱ぐ場合が多いためスニーカーでも問題ないとする場合もあるようです。その場合は、形や色などきちんと感のあるデザインを選ぶとよいかもしれませんね。また、マナーとして靴下は着用しましょう。

季節別の格好

お宮参りに行く季節によって、着こなしに違いはあるのでしょうか。春・夏や秋・冬の季節別のポイントを紹介します。

春・夏

暑くなってきたら通気性のよいスーツや冷感素材のスーツを選ぶと快適に過ごせるかもしれません。シャツは半袖でも問題ないようです。

ご祈祷中や記念撮影のときはジャケットを着るようにして、暑いときは脱ぎ、調整することで暑さ対策をするとよいでしょう。

私服の場合、いくら暑くても半ズボンやサンダルは控えましょう。

秋・冬

寒い時期のお宮参りでは、コートやマフラーを着用してもよいそうですが、建物に入ったら脱ぐようにしましょう。

寒さが厳しいときは、インナーを多めに着たり、服の下にカイロを貼るなどして防寒対策をするとよいかもしれません。宮司が、コートを着たままでもよいと声をかける場合もあるそうなので指示に従いましょう。

お宮参りの時期が猛暑日や寒さの厳しい日程になりそうな場合は、多少時期をずらしてもよいとされているようです。赤ちゃんに無理のないよう設定するとよいでしょう。

家族に合わせて父親の服装も選ぼう

お宮参りをするパパと赤ちゃん
© amarettomilk - Fotolia

お宮参りの父親の格好は、主役である赤ちゃんや他の家族に合わせて選ぶとよさそうです。迷った場合は、家族と相談してコーディネートのバランスを考えるとよいでしょう。

お宮参りの格好に決まりはないようですが、カジュアルすぎる格好には注意が必要です。

家族で一体感のある格好をして、素敵なお宮参りになるとよいですね。

2019年08月28日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧