家族でお揃いコーデに挑戦!パジャマや靴下、帽子など

家族でお揃いコーデに挑戦!パジャマや靴下、帽子など

赤ちゃんもいっしょにできるお揃いアイテム

家族でお揃いのものを持ちたいけれど、どんなものをお揃いにしようか迷っているママやパパもいるかもしれません。家族でお揃いコーデに挑戦してみたいママやパパに家族でお揃いにしやすいアイテムや、お揃いのものを選ぶポイント、注意点などをご紹介します。

家族でお揃いのものを身に着けたい!

お揃いのもの身に着けている家族を見ると、仲が良さそうに見えたり、家族の一体感を感じたりしますよね。「家族でお揃いに挑戦してみたい!」と思っているママやパパもいるのではないでしょうか。先輩ママたちはどんなお揃いコーデに挑戦してみたのか聞いてみました。

家族でお揃いにしたもの

洋服

30代ママ
パパが、柄もののハーフパンツを子どもとお揃いで持っています。
30代ママ
Tシャツや、デニムなどです。家族でお出かけするときにお揃いファッションにしたくて、いろいろ購入しました。

サイズ違いのラインナップが多い洋服は、お揃いアイテムの中でも取り入れやすく、人気がありそうです。

帽子

記念撮影をする親子
iStock.com/Hakase_
30代ママ
ニット帽やキャップなどをお揃いにしています。

ニット帽は赤ちゃんもかぶれるため、大人用のサイズがあれば気軽に挑戦できそうなお揃いアイテムですね。

靴・サンダル・靴下

30代ママ
かわいいデザインで着回しやすそうなので色違いでお揃いのTシャツやスニーカーを買いました。
30代ママ
スニーカーやサンダルをお揃いにしています。

靴・サンダル・靴下など、ファッションのワンポイントにお揃いのものを取り入れているママもいるようです。

パジャマ

外出着をお揃いにするのは恥ずかしくても、家の中で着るパジャマをお揃いにしやすい場合もあるようです。家の中で着るパジャマは、人の目を気にせず思いきりお揃いコーデを満喫できそうですね。

その他の雑貨

ネックレスなどのアクセサリーも親子でお揃いにできるものもあるようです。

ただし、アクセサリーは誤飲などの恐れがあるため赤ちゃんとのお揃いは避けたほうがよいでしょう。

コーディネートではありませんが、マグカップやお茶碗などの食器や、ペンなどの雑貨はお揃いアイテムとして取り入れやすいかもしれません。

家族でお揃いのものを選ぶときのポイント

家族でお揃いのものを選ぶときには、どのようなことをポイントにするとよいのでしょう。ママたちに聞いてみました。

さりげないデザイン

お揃いのスニーカー
iStock.com/MykolaSenyuk
30代ママ
派手で目立ちすぎない、さりげないアイテムがよいと思います。
30代ママ
完全にお揃いでなくても、雰囲気お揃いはすることがあります。白Tデニムとか、ボーダーはそれぞれ持っているものを着ると、なんとなくお揃い感が出ます。
30代ママ
段々嫌がるようになってきたので、ワンポイントや色違いのものなど、こっそりお揃いに。お揃い過ぎるとパパも恥ずかしいみたいです。まるっきりお揃いというよりは、リンクコーデくらいな感じです。普段着でも着れるもの、身に着けられるものが多いです。

ワンポイントや色違いなどでさりげなくお揃いコーデを取り入れるママたちが多いようです。また、それぞれの持っているアイテムの中で似たようなデザインのものを着て、お揃いコーデを演出するママもいるようですね。

シーンを考えてから

30代ママ
我が家の場合は、家族でお出かけする際、キャンプや公園など外遊びが多いのでアクティブに動けるもの、カジュアルなものを購入するようにしています。近9歳になった息子でも喜んで着てくれるようなかっこいいデザインのものを選ぶようにしています。

どこでお揃いコーデをするのかシーンを想像してから購入するとよいかもしれませんね。

SNS・雑誌を参考に

30代ママ
最近ですと、家族3人でそれぞれ違う色のハイカットスニーカー、同ブランドデザイン違いの白Tシャツ、デニムはそれぞれメーカーやデザインが違うもの、パパと息子はお揃いのキャップなど。SNSや雑誌などの情報を参考にしています。

SNSや雑誌には、いろいろなお揃いコーデのアイデアが載っていて参考にすることができそうです。

家族でお揃いのものを選ぶときの注意点

家族でお揃いのものを選ぶときにママやパパが気をつけたことをご紹介します。

押し付けない

家族の一人がお揃いコーデをしたくても、ほかの家族が乗り気でない場合は、無理やり押し付けないほうがよいかもしれません。

全身のお揃いコーデではなくても、靴や靴下や帽子だけ、あるいは色だけ合わせるといった、さり気ないお揃いのことを「リンクコーデ」と呼ぶようです。

無理に押し付けようとせず、リンクコーデを提案してみるのもよいかもしれませんね。

いっしょに選ぶ

家族でお揃いにするものは家族みんなで選ぶと、選ぶときも楽しいですよね。

赤ちゃんとのお揃いコーデに挑戦したい場合は、素材やサイズが赤ちゃんに合っているかも確認したうえでお揃いコーデを選びましょう。

家族でお揃いのものを身に着けよう

お揃いの服を着て、フォトブックを作る親子
iStock.com/kohei_hara

同じものを着たり、持っていることでより家族の親密度が増したような気持ちになるかもしれません。お揃いコーデを選ぶときには、家族の意見を聞きながらさりげないデザインを選ぶとよさそうです。

お揃いのものを着て出かけると、お出かけも一層楽しいものになりそうですよね。

家族でいっしょに選んだお揃いコーデでお出かけしましょう。

2019年08月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧