5歳の子どもが使いやすいリュックサック。サイズやデザインなど

5歳の子どもが使いやすいリュックサック。サイズやデザインなど

男の子や女の子におすすめのリュック

5歳の子ども用のリュックサックについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、サイズや容量などのリュックを選ぶポイントと、男の子や女の子におすすめのリュック、リュックを使うときに意識していることを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

5歳の子どものリュックサックを選ぶとき

5歳の子どものためにリュックサックを選ぶのはどのようなときなのでしょう。ママたちにリュックを用意したシーンを聞いてみました。

40代ママ
保育園の遠足用にリュックサックを用意しました。5歳になってそれまで使っていたリュックサックのサイズが体にあわないと感じたので、新しく購入することにしました。
30代ママ
うちの子は5歳になって体力がついてきたためか、家族でお出かけをするときなどに自分の荷物は全て自分のリュックに入れています。そのため容量の大きなリュックに買い換えることになりました。
保育園や幼稚園の遠足に行くために、5歳の子どもにあうサイズのリュックを用意したママがいました。5歳くらいになるとリュックに入れるものが増えてきて、容量の大きなリュックに換えたいと考えることもあるようです。

そこで今回は、5歳児用のリュックサックについてご紹介します。

5歳児用のリュックを選ぶポイント

5歳児用のリュックはどのように選ぶとよいのでしょう。ママたちに選ぶときのポイントを聞いてみました。

サイズ

40代ママ
5歳になった子どものリュックはサイズをポイントに選びました。うちの子は体格がよい方なので、16リットルのサイズを選んだところ、雨具などを入れてもゆとりがあると喜んでいます。
5歳児用のリュックを選ぶ際にはサイズをポイントにすることもあるようです。リュックを選ぶときには、実際に子どもが背負った様子を後ろから見て、おしりより下がらないサイズのものを選んだというママの声もありました。

デザイン

30代ママ
子どものリュックを選ぶときは、デザインも大切なポイントにしています。遠足やお出かけに使うリュックなので、子どもの好きなキャラクターがデザインされたリュックにしたところ、とても喜んでもらえました。
子どもの好きなデザインのリュックを用意してあげられると、遠足やお出かけもいっそう楽しいものになりそうです。ママのなかからは、購入する際にはいくつか候補を決め、その中から子どもが好きなデザインを選ぶようにしているという声も聞かれました。

機能

リュック
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com
40代ママ
リュックサックは屋外で使うことも多いので、機能にポイントをおいて選びました。5歳の子どもは雨で濡れた地面にリュックを置くかもしれないと思い、底面が防水になっているタイプにしたところ、気持ちよく使えるようです。
5歳になると活発に行動するようになる子どももいるようなので、機能にポイントをおいてリュックを選ぶとよいかもしれません。リュックを背負ったままでも行動しやすいように、チェストベルトのついたタイプを選んだというママの声もありました。

ママたちが5歳の子どもに選んだリュック

5歳の子どものために選んだリュックには、どのようなものがあるのでしょう。実際にママたちが選んだ、男の子や女の子におすすめのリュックを聞いてみました。

男の子におすすめのリュック

30代ママ
うちの子は遠足やお出かけ先できれいな石などを拾うことが多いので、ポケットのたくさんついたリュックを用意しました。リュックの右左にそれぞれ2つずつポケットがついているため、背負ったままで石をしまえると喜んでいます。
40代ママ
5歳になって恐竜に興味をもつようになった子どもに、恐竜がたくさん描かれたリュックを用意しました。遠足でお昼を食べながら男の子の友だちと恐竜の話をすることが楽しいようです。
5歳になると石や植物、昆虫などに興味をもつ男の子もいるようです。出かけた先で集めたものを分けて入れることができるリュックがあれば、子どもも嬉しいかもしれません。

ママのなかからは、スポーツブランドに興味をもち始めた男の子に、ワンポイントのシンプルなリュックを用意したという声も聞かれました。

女の子におすすめのリュック

リュック
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
娘は5歳になってリボンやレースに興味をもつようになりました。女の子向けのリュックを探したところ、大きなリボンをあしらったかわいいタイプがみつかったので、子どもと色やサイズを相談して購入しました。
20代ママ
動物好きの5歳の娘のために、かわいい動物のぬいぐるみがついたリュックを用意しました。リュックの両サイドや蓋の部分に小さな動物が縫いつけてあるので、普段のお散歩のときも嬉しそうに使っています。
女の子におすすめのリュックとして、リボンやぬいぐるみのついたタイプもよいかもしれません。他には、スイーツのアクセサリーのついたリュックなども、女の子に喜ばれそうです。

リュックを使うときに意識していること

5歳の子どもがリュックを使うときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママたちに普段意識していることを聞いてみました。

使用前に状態の確認をする

40代ママ
子どもが遠足に行った先でリュックにトラブルが起きないように、前日の準備のときにはベルトやファスナーなどの状態を確認しています。ベルトがリュックから取れそうな場合は、しっかりと縫いつけるなどの補強をしました。
5歳の子どもが遠足の途中で困ることのないように、前日にリュックの状態をしっかり確認することを意識しているママがいました。ファスナーの開け閉めに不安がある場合は、スナップで留めるなどの応急処置をしておくとよいかもしれません。

使用後は清潔に保つ

30代ママ
遠足などで使ったリュックは地面や草などの汚れがついていることがあるので、使用後はきれいに洗ってしっかり乾かすことを心がけています。使った後に清潔に保つことで、次のお出かけの際に子どもが気持ちよく使うことができます。
リュックを使った後に清潔に保つことを心がけているママもいるようです。5歳の子どもは遠足に行くと遊びに夢中になってリュックに泥汚れをつけてしまうことがあるので、帰ってきたらブラシやタオルなどできれいにしているというママの声もありました。

5歳の子どもに使いやすいリュックを選ぼう

アジア人 子ども 遠足
Rawpixel.com/Shutterstock.com

5歳の子どものリュックサックを選ぶときに、サイズや容量、デザインなどをポイントにしているママがいました。男の子や女の子におすすめのリュックはさまざまあるようなので、子どもの興味などを考えて用意するとよさそうです。

遠足やお出かけ先で思いきり楽しく活動できるように、子どもが使いやすいリュックを選べるとよいですね。

2020年01月28日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧