保育園の外遊びで着る上着。選ぶときに気をつけたポイント

保育園の外遊びで着る上着。選ぶときに気をつけたポイント

保育園の外遊びで着る上着選びのポイント

保育園に通う子どもの外遊びで着る上着について知りたいママやパパがいるかもしれません。上着選びについて保育園のルールがある場合もあるでしょう。今回は、上着の種類や上着選びのポイントなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもが保育園の外遊びで着る上着

保育園の持ち物のひとつに、外遊びで着る上着があるかもしれません。気温の下がる冬は、上着を持たせるように規定がある園もあるでしょう。

外遊びで子どもにどのような上着を着せるかママたちの体験談を交えてご紹介します。

保育園の外遊びで着る上着の種類

保育園で外遊びをするときに着る上着にはどのような種類があるのかご紹介します。

フリース

20代ママ
暖かさのあるフリースを着せていました。

厚手になりすぎなく、暖かさのあるフリースを着せているママがいました。ボタンで留めるタイプとファスナーを閉めるタイプの2種類があるようです。保育園のルールや子どもの年齢に応じて選ぶとよいかもしれません。

カーディガン

カーディガン
Africa Studio - stock.adobe.com
30代ママ
洗いやすいニットカーディガンを選びました。外遊びのときも汚れを心配せずに着せられます。

洗いやすいカーディガンを選ぶママがいました。外遊び用の上着は、自宅で簡単に洗える素材の上着を選ぶと、洗い替えを用意しなくてもよいかもしれませんね。気温に合う素材のカーディガンを見つけましょう。

中綿入りジャケット

20代ママ
冬の外遊び用の上着は、中綿入りのジャケットを着せることが多かったです。
20代ママ
フードなしの中綿入りのジャケットを着せていました。

中綿入りのジャケットを子どもに着せているママがいました。中綿入りジャケットは、寒い日の外遊びでも十分暖かいでしょう。家庭で洗えるところも外遊びで着る上着で選ばれる理由のひとつかもしれません。

ダウンベスト

20代ママ
子どもが暑がりなので袖がないダウンベストを着せることがありました。その日の気温によって袖がある上着と使い分けていました。

気温によってダウンベストを選ぶという声がありました。その日の天気や気温によって選ぶとよいかもしれませんね。

ダウンベストは、動きやすいところや袖口が汚れないところがうれしいポイントのようです。

保育園の外遊びで着る上着選びのポイント

保育園の外遊びの上着選びのポイントをママたちに聞きました。

安全に遊べるもの

30代ママ
保育園のルールで、フードや過度な装飾がついている上着は、引っかかったら危険なので禁止です。

遊んでいるときに怪我しないよう、引っかかりやすそうなフードや装飾が禁止されている保育園があるようです。

フードがない上着やフードを取り外しできる上着を選ぶと、子どもが思い切り遊んでも安心かもしれませんね。

着脱しやすいもの

子供服のダウンジャケット
Olga - stock.adobe.com
20代ママ
自分で着脱がしやすいようにボタンではなく、ファスナーがついている上着を選びました。

子どもが自分で着脱しやすいようファスナーがついている上着を選ぶママがいました。子どもの年齢によっては、ボタンをはめたりはずしたりするのが難しい場合もあるでしょう。

年齢に合わせて自分で管理しやすい上着を選ぶこともポイントかもしれませんね。

動きやすいもの

20代ママ
冬は、汗をかいて体を冷やさないように厚すぎない薄手のジャケットを着せていました。
20代ママ
転んだときに、すぐに手が出せるように大きめのサイズではなく、ぴったりのサイズを選びました。

汗をかきにくくするために冬でも厚すぎない上着を選ぶというママの声がありました。風邪をひきやすくなったり、あせもができやすくなったりしないよう上着選びを工夫しているようでした。

また、子どもの成長に合ったサイズを選ぶことで、大けがを防ぐことに繋がるかもしれませんね。


保育園の外遊びの上着を用意するときに気をつけること

保育園の外遊びの上着を用意するとき、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

保育園のルールを確認する

30代ママ
外遊びの上着用のフックにかけて置いておくので、首元に紐をつけるルールがありました。
20代ママ
登園用の上着と外遊び用の上着を分ける決まりがありました。

上着をフックにかけて保管するために紐をつけたり、登園用の上着と外遊び用の上着を分けたりしているママがいました。

保育園によって、さまざまなルールがあるようです。子どもの通っている保育園のルールを確認して上着を選びましょう。

早めに用意する

20代ママ
私の住んでいる地域では、フードなしの上着が毎年品薄になる印象があるので冬本番になる前に早めに買うよう意識していました。

昨年着ていた上着がサイズアウトしていたり、上着が品薄になったりする場合があるかもしれません。

外遊びの上着について新しく用意する必要がある場合は、早めに保育園に上着についてのルールを確認して準備しましょう。

子どもに合った上着を選ぼう

ママに抱っこされた男の子
yamasan - stock.adobe.com

子どもが保育園の外遊びで着る上着はさまざまな種類があり、ママたちは安全面や着脱のしやすさ、気温などをポイントに上着選びをしているようでした。

子どもの通っている保育園のルールを確認して、子どもの年齢や身体に合った上着選びをすることが大切でしょう。

2019年11月13日

専門家のコメント
26
    ようこ先生 保育士
    保育園に持ってきて頂く上着は理にかなって点が多いので、ぜひ参考にして欲しいと思っています。
    める先生 保育士
    軽くて、動きやすいものがいいですね!特に女の子は可愛いデザインのものが多く、長めのワンピー
    ちび先生 保育士
    動きやすく、3歳以上であれば自分で着れるようなものがいいかなと思います。
    またフード付きは
    まあ先生 保育士
    保育園での上着は、園によってもルールが異なると思いますが、フードがないもの(木の枝や遊具に
    あんちゃん先生 保育士
    どの先生も言われてますように、やはりフードつきは危険で、着てきても、内側に入れたりして着て
    ゆきな先生 保育士
    その園での指定があると思いますが私は、フードなし紐なしできればポケットなしのシンプルなもの
    ユキ先生 保育士
    外側寒くても常に走っている子は厚着しているとびっしょり汗をかいて風邪をひくこともあります。
    はなばたけ先生 保育士
    他の方がおっしゃる通りかと思いました。少しでも怪我やトラブルを避けるためでしたらフード付き
    きらり先生 保育士
    ○フードがついていないもの○自分で着脱がしやすいもの○汚れてもよいもの○分厚すぎず動きやす
    すみっこ先生 保育士
    フードがついていないもの、装飾が少ないもの が遊ぶなかで安心だと思います。あとは袖口が思い
    のんの先生 保育士
    フードのある上着は絶対にダメです。
    引っかかっり、事故につながるからです。
    また、大きいサ
    いちぽ先生 保育士
    保育用のジャンバーはふーどがついてなく、ジッパータイプのものにしようと思います。
    自分で引
    あー先生 保育士
    保育園で働いていたとき思ったのはやはり外遊びで汚れたりするので色の濃いものや柄ものなどがお
コメントをもっと見る

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ