赤ちゃんが着るスリーパー。季節別の使い方やスリーパーの種類

赤ちゃんが着るスリーパー。季節別の使い方やスリーパーの種類

夏や冬など使う季節に合ったスリーパーを用意しよう

赤ちゃん用のスリーパーをどのように使えばよいのか気になることもあるかもしれません。赤ちゃんが快適にすごせるスリーパーを選びたいですよね。季節別の使い方やスリーパーの種類、選ぶときに意識したことについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

スリーパーとは

寝ているときに赤ちゃんが足で布団を蹴ってしまい、寝冷えをしないか心配になるママやパパもいるのではないでしょうか。

スリーパーとは、赤ちゃんが寝るときに着る布団のようなアイテムです。スリーパーを着ると、布団がはだけたときも寝冷えせずに快適に眠れるかもしれません。

スリーパーには、素材や生地の厚さ、デザインなどなどさまざまな種類があります。今回は、赤ちゃんが着るスリーパーの種類や使い方についてご紹介します。

赤ちゃんが着るスリーパーの種類

赤ちゃんがすごしやすいように、月齢に合ったデザインのスリーパーを用意したいですよね。赤ちゃんが着るスリーパーの種類についてご紹介します。

横開きタイプ

ベビースリーパー
iStock.com/WangAnQi
横開きタイプのスリーパーは、脇部分にボタンがついており、赤ちゃんを寝かせた状態で着せることができます。

首が据わっていない新生児期には、袖に腕を通さずに着られる横開きタイプのスリーパーが使いやすいようです。

新生児期のスリーパーは寝るときに使うことが多いですが、活発に動くようになると、部屋着として使うこともできるでしょう。

前開きタイプ

ボタンやファスナーがついている前開きタイプのスリーパーは、赤ちゃんがお座りやハイハイをし始めた頃に用意するとよいようです。赤ちゃんが動き回っても脱げにくいため、使いやすいでしょう。

赤ちゃんが動いてる状態でもさっと着させやすく、ママやパパも扱いやすいかもしれません。前を開けて体温調節することもできます。

2wayタイプ

2wayタイプのスリーパーは、裾にボタンがついており、股下をとめてズボンのようにして着ることができます。

股下をとめられないスリーパーだと、寝ているときにめくれて足やお腹が出てしまうこともあるかもしれません。ズボンにもなる2wayタイプのスリーパーは、めくれる心配がないため安心して使えるでしょう。

赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちするようになってから着ることもできるでしょう。着る場面に合わせて形を変えられる2wayスリーパーは、長く使えるかもしれませんね。

赤ちゃん用のスリーパーを選ぶときに意識したこと

赤ちゃんが着るスリーパーを用意するときに意識したことを、ママたちに聞いてみました。
30代ママ
スリーパーを着せるときに赤ちゃんが嫌がることが多かったので、赤ちゃん向けのキャラクターや、興味を惹けるようなかわいいデザインのスリーパーを探しました。
30代ママ
スリーパーを使うことが多い時期に備えて、洗い替えを考えて数枚用意しました。
30代ママ
寒い時期に使えるように暖かい素材のスリーパーを探していたのですが、赤ちゃんが動きやすいように軽いスリーパーを用意しようと思いました。保温性があって軽いスリーパーは赤ちゃんも着やすいと思います。
素材によって保温性は異なります。着る季節に合ったスリーパーを選びましょう。

赤ちゃんの体に合ったスリーパーを探したというママの声がありました。大きいスリーパーは赤ちゃんも動きにくいかもしれません。着丈や幅を確認しながら選ぶとよいでしょう。

【季節別】スリーパーの使い方

スリーパーの使い方を季節別にご紹介します。

春・夏

タオル地
© kitsune - Fotolia
30代ママ
赤ちゃんの頃は寝るときに使うことが多かったですが、1歳をすぎて歩くことが多くなった頃から、タオル地のスリーパーをお風呂上りにバスローブのようにして使っていました。暑い夏場は裸のままで動き回ることも多く、湯冷めしないか心配だったので、さっと羽織ることができるスリーパーは重宝しました。
30代ママ
春や夏の暖かい日は、赤ちゃんに肌着を着させてその上に薄手のスリーパーを使っていました。暑い日はどうしても毛布を嫌がってしまうので、スリーパーをよく使っていました。
スリーパーは寒い季節に使うものというイメージがあるママやパパもいるかもしれませんが、春や夏の暖かい日にも使うことができるようです。

夏は、クーラーや冷房が効いた部屋ですごすことも多いでしょう。赤ちゃんの体温を調節できるように、スリーパーを羽織らせるという使い方もあります。

秋・冬

30代ママ
赤ちゃんの寝相が気になったので、秋になった頃から寝るときにスリーパーを着させています。もう少しで1歳になる息子は、横開きタイプと前開きタイプどちらも使ってます。
30代ママ
スリーパーは、冬に赤ちゃんに着せることが多かったです。寝るときだけでなく、風邪を引いたときにも使っていました。
防寒着として赤ちゃんにスリーパーを着せることが多いというママの声がありました。スリーパーには、暖かいフリースやボア生地などさまざまな種類があります。

掛け布団代わりに使える暖かいスリーパーは、寒い季節も安心して使えるでしょう。

赤ちゃんが快適にすごせるスリーパーを使おう

笑顔の赤ちゃんとママ
iStock.com/kokouu
赤ちゃんが着るスリーパーには、横開きや前開き、裾のボタンをとめてズボンにできる2wayタイプなどいろいろな種類があります。月齢に合ったものを用意しましょう。

スリーパーをお風呂上りに着るという使い方もあるようです。使う季節やシーンに合わせて使い分けるのもよいでしょう。使いやすさを考えながら赤ちゃんに合うスリーパーを用意できるとよいですね。

2019年11月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧