男の子の子ども服へのリメイク。大人のTシャツなどを使ったやり方

男の子の子ども服へのリメイク。大人のTシャツなどを使ったやり方

女の子用から男の子用へのリメイクなど

子ども服を用意するとき、大人や女の子用の服を男の子用にリメイクしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、男の子用にリメイクするときのポイントや女の子用から男の子用へのリメイクの仕方、Tシャツなど大人の服から子ども服へのリメイクの仕方を体験談を交えてご紹介します。

男の子用に子ども服をリメイクしよう

男の子に服を用意するとき、着なくなった大人用の服をリメイクしてオリジナルの子ども服を作りたいママもいるようです。上の子が女の子場合、男の子用にリメイクできるのか気になるママもいるかもしれません。

今回は、男の子用の子ども服のリメイクについてママたちに聞いてみました。

男の子用にリメイクするときのポイント

大人や女の子用の服を男の子用にリメイクするとき、どのようなポイントがあるのでしょうか。ママたちに、男の子用にリメイクするときのポイントを聞いてみました。

転写シートを使う

「子ども服をリメイクするとき、息子が喜ぶモチーフをつけたいと思いました。アイロン用の転写シートで息子の好きな車のイラストを貼りつけると、とても気に入ってくれたようで息子のお気に入りの1着になりました」(40代ママ)

転写シートを使って子どもの好きな柄をプリントすると喜んでもらえるかもしれませんね。転写シートを使うと絵柄が反転するようなので、自作して自宅のプリンターで印刷する場合、文字が鏡文字になっているかを事前に確認したというママの声もありました。

刺繍をする

刺繍
© lainen - Fotolia

「うちの子は電車が好きなので、子ども服をリメイクするときに電車の刺繍をしました。お散歩のときによく見かける電車と同じ色で刺繍すると、『ぼくの好きな電車だ!』と喜んでくれました」(20代ママ)

男の子が喜ぶモチーフを刺繍したママもいるようです。ママのなかには、子どもの好みにあわせて昆虫や恐竜などの生き物を刺繍したという声も聞かれました。

アップリケをつける

「女の子用の子ども服を男の子用にリメイクするとき、リボンの刺繍がされている部分にアップリケをつけたいと思いました。息子といっしょにお店に行き、好きなアップリケを選んでもらってつけました」(30代ママ)

消えないモチーフやプリントの上にアップリケをつけると、女の子用から男の子用へリメイクしやすいかもしれません。刺繍は難しいと感じる場合でも、アップリケなら取り入れやすそうです。サッカーボールや星、ロケットなどのデザインもあるようなので、子どもの好みにあわせて用意できるとよいですね。

女の子用から男の子用へのリメイクの仕方

実際に、ママたちに聞いた女の子用から男の子用へのリメイクの仕方をご紹介します。

Tシャツ

「Tシャツの左胸側にハートがついている女の子用のTシャツを男の子用にリメイクしました。黒い生地でポケットを作り、折り目にアイロンをかけます。ハートが隠れるように左胸に縫いつけたら完成です」(20代ママ)

女の子向けのデザインを隠すようにポケットをつけたママがいるようです。他にも、パフスリーブ袖の部分をカットしてタンクトップにリメイクしたというママの声もありました。

ズボン

「デニムズボンの裾のフリルを縫った糸をリッパーを使い切って外します。ダンボールを下敷きにし、カッターで数箇所切りこみを入れてダメージ加工を作ったら完成です」(30代ママ)

「ズボンの外側の縫い目をほどき、逆三角形に裁断した黒い生地を挟むようにして両側にそれぞれ縫いあわせます。太ももの周りは太めで、足首にかけて細くなるサルエル風ズボンの完成です」(20代ママ)

女の子用のズボンを男の子用にリメイクしたママもいるようです。ズボンを半分の長さで切り、裾の部分をほぐしてフリンジ風にするなど工夫したというママの声もありました。

大人の服から子ども服へのリメイクの仕方

青のニット
iStock.com/Taek-sang Jeong

ママたちに、大人の服から子ども服へのリメイクの仕方を聞いてみました。

Tシャツを使ったリメイク

「広げた夫のTシャツの上に子ども用のTシャツを襟部分が重なるように置き、子ども用のTシャツからはみ出た部分の生地を裁断します。両脇を縫いあわせ、袖と裾を三つ折りにして縫ったら子ども用のTシャツの完成です」(40代ママ)

大人用から子ども用のTシャツにリメイクしたママがいるようです。襟ぐりを大人用のまま活かしてリメイクすると、縫う部分が少なくなるので短時間で完成したというママの声もありました。

スウェットを使ったリメイク

「私が着ていたスウェットの袖で男の用のズボンを作りました。スウェットの両袖を切り、袖の縫い目を半分程度ほどいたら2つの袖のほどいた部分を縫いあわせます。ウエスト部分を三つ折りにし、1cm空けて1周縫います。穴からゴムを通したら完成です」(30代ママ)

大人用のスウェットの袖からズボンへリメイクするやり方もあるようです。スウェット生地は伸縮性があるので、ジャンプしたり走ったりしたときも動きやすいかもしれませんね。

ポロシャツを使ったリメイク

「鹿の子素材のポロシャツの上に子どものタンクトップを置き、子ども用のTシャツからはみ出た部分の生地を切ります。袖と首周りにバスアステープを縫い、肩と両脇をぬいあわせます。裾を三つ折りにして縫ったらタンクトップの完成です」(20代ママ)

大人のポロシャツからタンクトップへリメイクしたママもいました。ポロシャツの胸元にポケットがついている場合、子ども服のサイズや好みにあわせて残すか外すか決めるのもよさそうですね。

身のまわりのアイテムを男の子用にリメイクしよう

親子
iStock.com/kohei_hara

男の子の子ども服へのリメイクでは、転写シートやアップリケを使うとアレンジの幅が広がるようです。女の子用から男の子用にリメイクするとき、かわいいモチーフがついている場合は外したり隠したりするとよいかもしれません。

大人用のTシャツを男の子用にリメイクすることもできるようなので、身のまわりのアイテムを使ってオリジナルの子ども服にリメイクできるとよいですね。

2019年05月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧