子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

幼稚園スモックのデコアレンジや作り方。男の子、女の子が喜ぶ刺繍や飾りなど

幼稚園スモックのデコアレンジや作り方。男の子、女の子が喜ぶ刺繍や飾りなど

幼稚園のスモックを用意するとき、ポケットに刺繍やアップリケ、大きい飾りを使ってデコアレンジをしてもよいのかや、手作りするときの生地や、洗うときの注意点などが気になるかもしれません。今回の記事では、スモックの作り方の他に、男の子女の子別のデコアイデアをママたちの体験談を交えてご紹介します。

幼稚園のスモックはどう用意した?

幼稚園のスモックは、園指定の制服として着る場合や、制服とは別に工作などの活動で着るために用意が必要なことがあるようです。実際に、ママたちがスモックをどのように用意していたのかを聞いてみました。

購入した

「スモックは幼稚園の指定があったので、制服や体操服といっしょに園で購入しました。年長まで着れるように、最初から大きいサイズを選びました」(30代ママ)

「うちの子の園ではスモックに決まりはなかったので、インターネットで購入しました。女の子だったのでかわいいデザインを選びました」(20代ママ)

幼稚園のスモックは、園で指定されている場合や、デザインは自由で各自用意する場合があるようです。ママのなかには購入したスモックを、子どもが自分のものとわかりやすいよう、刺繍やワッペンでデコレーションしたという声もありました。

手作りした

「園指定のスモックがなかったので、手作りしました。子どもといっしょに生地から選んで作ったのでとても喜んでくれました」(20代ママ)

幼稚園のスモックを、他の園グッズといっしょに手作りするママもいるようです。ママのなかには、幼稚園バッグや上履き入れなどの園グッズとお揃いの生地で作ることで統一感が出せたという声もありました。

スモックの作り方

iStock.com/violet-blue

幼稚園のスモックを手作りする場合の、材料や作り方の手順をご紹介します。

スモック作りに必要な材料

・型紙
・布(袖やポケットの生地を変える場合は2種類用意)
・バイヤステープ
・ゴム
・裁縫道具
・ミシン

スモック作りに使う生地は、綿素材のオックス生地やブロード生地などが扱いやすいようです。ママのなかには、サイズが小さいので、ミシンは使わずに手縫いで仕上げたという声もありました。

作り方の手順

1.型紙に沿って前身頃と後ろ身頃を1枚ずつ、袖を2枚分裁断します

2.前身頃と袖、後ろ身頃をそれぞれ縫いあわせたあと、両脇部分を縫います

3.首にバイヤステープを縫いつけ、袖と裾は折り返して縫います

4.首と袖にゴムを通して完成です

生地の端の部分は、ロックミシンやジグザグ縫いしておくと、洗うときにもほつれにくくなるかもしれません。縫い代にアイロンをかけ、マチ針を使うとミシンで縫いやすいようです。

生地を裁断する際に、裾の折返しの部分を多めにとっておくと、子どもの成長にあわせて大きいサイズに調節しやすいかもしれません。

女の子が喜ぶデコアレンジのアイデア

園によっては、スモックをデコレーションやアレンジしてもよいとする場合もあるようです。ママたちに聞いた女の子が喜ぶアレンジのアイデアをご紹介します。

リボンやレースを使う

iStock.com/MRaust

「アイロン接着のリボンやレースを使って、ポケットの縁と首周りをデコレーションしました。かわいいうさぎのアップリケもいっしょにつけると喜んでくれました」(20代ママ)

かわいいリボンやレースを使ってスモックをアレンジするのもよいかもしれません。アイロン接着タイプを使う場合は、洗うときに剥がれないよう縁を糸で縫いつけたというママの声もありました。

刺繍をする

「幼稚園から子ども自身に自分の持ち物がわかりやすいように目印をつけてよいとのことだったので、名前といっしょにお花のイラストの刺繍をしました。かわいいと気に入ってくれたので良かったです」(30代ママ)

幼稚園スモックに目印として、刺繍をしたというママがいました。かわいいお花や動物などのイラストの刺繍は、女の子が喜んでくれそうですね。刺繍をするときは、チャコペンなどで生地にイラストを書いておくとよいでしょう。

他には、子どもが好きな色の糸を使って、名前を刺繍したというママの声もありました。

裾にフリルをつける

「インターネットで見つけたスモックアレンジの画像を参考にして、スモックの裾に花柄の生地を使ってフリルをつけました。娘に着せると『ワンピースみたいでかわいい』と鏡を見ながら喜んでくれました」(30代ママ)

ギャザーのあるフリルを、スモックの裾やポケットなどにつけるというアレンジ方法もあるようです。かわいい花柄やチェック柄の生地を使うと、女の子が喜ぶデザインになるかもしれません。

男の子が喜ぶデコアレンジのアイデア

© sum41 - Fotolia

男の子が喜ぶ幼稚園のスモックアレンジにはどのようなものがあるのでしょう。ママたちに聞いたアレンジのアイデアをご紹介します。

布テープを使う

「幼稚園バッグや上履き入れを作るときに使った動物モチーフの布テープをポケット部分と裾部分に飾りつけました。園グッズとお揃いになったので子どもが喜んでくれました」(30代ママ)

リボンやフリルを使わない、男の子のデコアレンジには布テープを使うことがあるようです。好きな長さにカットして使えるのでポケットや裾など、いろいろな部分をアレンジするときに活躍してくれそうですね。

アップリケをつける

「インターネットで見つけたアレンジの画像を参考にデザインを決め、車が走っているイメージで、子どもが選んだ車のアップリケを布テープといっしょに飾りつけました。洗うときにほつれないように、透明の糸で縫いつけました」(20代ママ)

電車やキャラクターのアップリケやワッペンなどをつけるのも、男の子が喜んでくれそうですね。デザインを決めるときにスモックの画像などを参考にするとよいかもしれません。

オリジナルポケットをつける

「ポケット部分をブルーのチェック生地に変えてアレンジしました。もともとスモックについているポケットの型紙をとり、上から縫いつけると簡単にアレンジできます」(30代ママ)

市販のスモックのポケットの布を変える場合に、ポケットの型紙をとって上から布を縫いつけるという作り方があるようです。シンプルなデザインのスモックは、ポケット部分の布を変えることで雰囲気が変わり、男の子も喜んでくれるかもしれません。

子どもが喜ぶオリジナルスモックにしよう

iStock.com/paylessimages

幼稚園のスモックを用意するときに、園で指定のものを購入したママや手作りしたというママがいるようでした。スモックをアレンジする部分は、裾やポケットなどさまざまなようですが、インターネットなどの画像やイラストを参考に、女の子や男の子が喜びそうな刺繍をしたり、アイロンでアップリケをつけてもよさそうですね。

大きい飾りでデコアレンジすると洗うときに、外れたりほつれてしまうかもしれないので注意も必要でしょう。生地や作り方に工夫して、子どもに喜んでもらえるオリジナルスモックを作ってみてはいかがでしょうか。

2018年08月07日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧