子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

生後8ヶ月の男の子の服装。セパレートの洋服や秋など季節の変わり目の選び方

生後8ヶ月の男の子の服装。セパレートの洋服や秋など季節の変わり目の選び方

季節の変わり目となる秋に生後8ヶ月をむかえる男の子には、どのような服装がいいのでしょうか。今回は、秋の洋服の選び方やセパレートの洋服の種類、秋の服装の注意点などをご紹介します。

生後8ヶ月の男の子の秋の服装

肌着1枚でも過ごせていた夏が過ぎ、季節の変わり目となる秋になると、赤ちゃんの服装はどのようなものがいいのか悩むママもいるようです。日中の温度差に対応できるように着脱させやすい洋服を選ぶといいかもしれません。生後8ヶ月の男の子の場合の、秋の服装について考えてみました。

生後8ヶ月のセパレートの洋服の種類

上下が分かれたセパレートの洋服は、着脱もしやすくおしゃれの幅も広がりそうです。生後8ヶ月のセパレートの洋服の種類をご紹介します。

トップス

秋に着るトップスには、長袖のTシャツやトレーナーなどがあるようです。薄手のカーディガンやベストなどは、季節の変わり目のコーディネートに役立ちそうです。

ボトムス

生後8ヶ月の服
iStock.com/Pekic

秋に着るボトムスには、レギンスや十分丈・七分丈のズボンなどがあり、ウエストはゴムになっているものがあるようです。オーバーオールや腹巻と一体型になった腹巻付きボトムなら、お腹が冷えるのを防ぐのに役立つかもしれません。

生後8ヶ月の秋の洋服の選び方

生後8ヶ月の秋の洋服の選び方について、ポイントをみてみましょう。

素材

肌に触れるベビー服は、季節を問わず肌触りがよく、通気性や放湿性などがある素材を選びたいですよね。秋は、綿のなかでも温かさが感じられる素材が重宝するかもしれません。保温性がありなめらかな肌触りのスムースや、キルティング加工を施し冬にも適したニットキルトなどの素材があるようです。

デザイン

シンプルなもの、キャラクターや動物のプリントなどが施されたものなどさまざまなデザインの洋服があるようです。セパレートの服装にする場合は、上下の組み合わせも考えながら選ぶとよさそうですね。カーキなどの秋らしい色やデザインを取り入れて、秋のおしゃれを楽しむのもいいかもしれません。

柄など

男の子の洋服には、ストライプのものや車をモチーフにしたものなど、さまざまな柄があります。セパレートの洋服で上下とも柄入りの場合、コーディネートに困ることもあるようなので、柄の少ないシンプルなものなどを心がけてみてはいかがでしょうか。

秋の洋服に合わせる小物

秋は日ごとや時間帯によって温度差があるので、秋の洋服にはレッグウォーマーや帽子などの小物を合わせてみてはいかがでしょうか。丈の短いロンパースでもレッグウォーマーがあれば足の冷えを防止することができ、気温が高く汗ばむ日は脱いで体温調整ができるかもしれません。

帽子は、初秋のまだまだ強い日差しをさえぎったり、冬に近づいた寒い日には寒さをしのいだりしてくれそうです。綿素材やニット素材など、さまざまなタイプの帽子があると重宝するかもしれませんね。

秋の洋服の注意点

8ヶ月の秋服
iStock.com/FatCamera

季節の変わり目となる秋は、重ね着をして体温調整することが大事なようです。長袖では暑い時期もあり、汗をたくさんかくこともあるかもしれません。外出するときは着替えを忘れずに持って行くとよいのではないでしょうか。

また、朝晩は冷え込む時期もあるので、薄手のカーディガンや風を通しにくいナイロン製のパーカーなど羽織るものも準備しておくといいようです。腕を通さずにさっと羽織ることができるベビーマントやケープも役立つかもしれません。

生後8ヶ月の男の子の秋の洋服の例

生後8ヶ月の男の子の、秋の洋服のコーディネート例をみてみましょう。

ロンパースのコーディネート例

ロンパースの場合の例として、室内では優しい肌触りの接結天竺の綿素材を使ったひざ丈のロンパースと、綿素材のレッグウォーマーを合わせるコーデがあるようです。外出するときは風を通しにくいナイロン製のベストとニット帽を持参し、気温に応じて着脱することで体温調整ができそうですね。

セパレートのコーディネート例

セパレートの場合の例として、まだまだ汗ばむ初秋の時期は、Tシャツと薄手のカーディガンのトップスに、通気性のよい綿素材のボトムスを合わせるコーデはいかがでしょうか。薄手のカーディガンは軽くて持ち運びもしやすく、体温調整にも役立つので重宝するというママの声もあるようです。

秋が深まり冷え込む時期には、室内では長袖のTシャツとお腹をすっぽり覆うオーバーオールの組み合わせもよいかもしれません。外出時には、さっと羽織ることができるパーカーや薄手のコートやニット帽があると重宝しそうです。

生後8ヶ月に合った秋らしい洋服を選ぼう

ベビー服
iStock.com/YelenaYemchuk

生後8ヶ月の男の子の服装は、セパレートの洋服でおしゃれを楽しむママも増えてくるようです。季節の変わり目の秋には、肌触りがよく温かい素材や秋らしいデザインの洋服を選んでみてはいかがでしょうか。日中の温度差もあるので、帽子などの小物や羽織るものを組み合わせて、生後8ヶ月に合った秋のコーディネートを楽しみましょう。

2018年06月05日

子ども服の関連記事
  • new

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧