子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

新生児の女の子にかわいいベビー服。女の子に合うフォーマルなベビー服とは

新生児の女の子にかわいいベビー服。女の子に合うフォーマルなベビー服とは

最近の女の子のベビー服にはかわいいデザインが揃っているようです。新生児の時期にフォーマルな服を購入するなら、どのようなデザインがよいのでしょうか。種類や特徴についてご紹介します。

女の子のかわいいベビー服

女の子の赤ちゃんにかわいいベビー服を着せたいと思うママもいるのではないでしょうか。特に新生児の時期は、お披露目会、お宮参りなどさまざまなイベントがあるので、シーンや用途に合わせて女の子向けのベビー服を選びたいですよね。

新生児のベビー服の種類

生まれたての赤ちゃんが着る洋服にはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれの特徴をまとめてみました。

短肌着

短肌着とは裾の長さが長肌着よりも短い肌着のことで、前を合わせて紐で結ぶものが主流のようです。暑い時期は一枚だけ着たり、寒い時期は上に長袖タイプの長肌着を着たりとさまざまな使い方ができるようです。出産前に何枚か揃えておくと便利なアイテムかもしれません。

コンビ肌着

ベビー服
iStock.com/NataliaDeriabina

前を合わせてひもで結ぶ点は短肌着と同じですが、コンビ肌着は股の部分をスナップで留めることができます。そのため赤ちゃんの手足の動きを邪魔せず、足元がはだけにくいというメリットがあるようです。

ツーウェイオール

ツーウェイオールは、コンビ肌着と同じように股の部分をスナップで留めることができます。またスナップを留めずに、スカートのように筒状に着ることもできます。新生児の時期はスナップを留めずに着せ、手足をよく動かす時期からはスナップを留めてズボン状にしたというママの声もありました。

女の子のベビー服の種類

新生児以降の女の子に合うベビー服にはどのようなものがあるのでしょうか。

ロンパース

トップスとボトムスが繋がったロンパースは、肌着としても洋服としても使えるベビー服です。首が座った頃から着用させるというママの声もありました。袖はノースリーブ・半袖・長袖などがあり、季節やシーンに合わせて使いわけるとよいかもしれません。素材もコットン・ガーゼ・ポリエステルなどさまざまな種類が販売されているようです。

セパレートタイプ

おすわりができるようになった頃からは、トップスとボトムスに分けて着せるという方法もありますトップスならTシャツやトレーナー、ボトムスならレギンスやモンキーパンツなどがあるようです。

女の子らしいデザインを選びたいなら、スカートとスパッツが合体した、スカート付きレギンスはチュールやフリルがたくさんついたかわいいデザインが豊富に販売されているようです。簡単にレイヤードスタイルを叶えることができ、着替えも楽だというママの声もありました。

女の子のフォーマルなベビー服

新生児のフォーマル
iStock.com/Mitsuo Tamaki

さまざまなイベントで活躍しそうなベビー服をいくつかご紹介します。

ドレスオール

ドレスオールは、下半身部分がスカート状になったつなぎのベビー服のことです。裾をめくれば簡単にオムツをかえることができ、外出先でも便利かもしれません。

フォーマルなロンパース

親戚や家族が集まるイベント時には、フォーマルなデザインのロンパースがよいかもしれません。各メーカーから、レースやチュールがかわいいスカート調のロンパースが販売されているようです。派手な色を避ければあらゆるイベントで使いまわせそうですね。

ワンピース

ワンピースは、オムツの部分をカバーしてくれるブルマがセットになっているものであれば、オムツが直接見えず安心かもしれません。ヘッドアクセサリーやレッグウォーマーなど、小物アクセサリーも合わせてコーデを楽しむのもよさそうです。

フォーマルなベビー服を着る場面

シーンごとにどのようなベビー服がよいのか考えてみました。

お宮参り

お宮参りが初めてのお出かけという赤ちゃんもいるのではないでしょうか。友禅模様の祝い着を赤ちゃんに着せるのが日本の習わしと言われていますが、人によって着せるベビー服が違うようです。例えばベビードレスにケープをかける、袴風のロンパースを着せている人もいるようです。季節や天候も考慮して選んでみてはいかがでしょうか。

記念撮影

赤ちゃんのイベント時に合わせて記念撮影をする方もいるのではないでしょうか。写真館によってはイベント着のレンタルを行うところもあり、ベビー用ドレス、着物風ロンパースなど種類が豊富なこともあります。普段からフォーマルなベビー服を着る機会がないという場合は、レンタルでも充分かもしれません。

お祝いのパーティーなど

結婚式やベビーシャワー、上の子の七五三など、お祝い事のイベントに参加する予定のママもいるかもしれません。まだじっとしていることの多い新生児ならベビードレス、肌寒い時期ならワンピースに薄手のカーディガンを羽織るなど、赤ちゃんの月齢や気候に合わせて選ぶとよさそうです。

かわいいベビー服を見つけよう

フォーマルなベビー服
iStock.com/Mehmet Hilmi Barcin

女の子のベビー服にはかわいいデザインや柄がたくさんあります。特に新生児の頃は、お宮参りやお披露目会などさまざまなイベントに出かけることもあるでしょう。イベントの内容や季節に合わせて、赤ちゃんにぴったりなフォーマル服を選んでみてはいかがでしょうか。

2018年06月20日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧