生後1カ月の赤ちゃんの春夏、秋冬の服装とは。サイズなど服選びのポイントも紹介

生後1カ月の赤ちゃんの春夏、秋冬の服装とは。サイズなど服選びのポイントも紹介

生後1カ月の赤ちゃんに適している服装とは、どのようなものなのでしょうか。春夏、秋冬と季節別でまとめました。また、素材やサイズなど服選びのポイントについてもあわせてご紹介します。

生後1カ月の赤ちゃんの服装選び

初めての育児をするママにとって、赤ちゃんの服装について悩むこともあるのではないでしょうか。服の素材やサイズはどのようなものがいいのか、また暑かったり寒かったりと赤ちゃんが不快な思いをしていないかなど、いろいろと心配になってしまうことがあるかもしれませんね。

赤ちゃんの服の素材と種類

新生児の服
iStock.com/snjewelry

赤ちゃんの服の素材や種類についてご紹介します。

素材

赤ちゃんの洋服のなかには、通年を通して着られる綿100%で作られているものもあるようです。平織りの生地で目の粗いガーゼ生地や平編み生地の天竺、リブ編みの生地のフライスなどもよく使用あれる素材です。また、このほかにも厚みのある質感が特徴の両面リブ編みをしたスムース生地や、保湿性に優れているタオル地の生地をしたパイル地など、さまざまな素材があるようです。

種類

肌着には、新生児期に活躍する前開きタイプの短肌着や、着丈の長い長肌着、裾をスナップ留めすることでズボンのようにもなるコンビ肌着などがあります。肌着以外では股下が開いていて前開きのベビードレスや、トップスとボトムが一体になったつなぎのようなロンパースやカバーオールなどさまざまで、月齢や季節に応じて使い分けているママもいるようです。

生後1カ月の赤ちゃんの服装の選び方

生後1カ月の赤ちゃんの服装選びのポイントについてご紹介します。

素材

通気性や吸水性がよいとされている綿100%のものやガーゼ素材のものを選ぶのがよいというママの声がありました。また、肌にもやさしく低刺激なオーガニック素材のものを選ぶのもよいかもしれません。

服のサイズ

新生児の春夏服
iStock.com/Saulich

生後1カ月の赤ちゃんが着るベビー服は、一般的に50もしくは60のサイズが目安であると言われています。しかし、メーカーや商品によって、ゆったりとした作りであったりタイトな作りであったりと、サイズ感も異なるようです。

また赤ちゃんによっても身長や体重に個人差があるため、少し大きめの子であればサイズを少し大きいものを選んでみるなどして、赤ちゃんに合った服を選ぶようにするとよいかもしれません。

デザイン

生後1カ月の赤ちゃんには、上下がつながっているロンパースやカバーオールタイプを選ぶママが多いようです。また、前開きのデザインのものであれば、寝かせた状態のまま着替えやオムツ替えができるので、ママの負担も減らすことができるかもしれません。

外出時の服装

外出時の服装の組み合わせについてご紹介します。

春夏

春夏に赤ちゃんとお出かけする場合は、短肌着にドレスオールやカバーオール、気温に応じておくるみなどを使用してあげるとよいようです。夏でも屋内にはクーラーが効いている所もあるため、余分に持ち歩いていると安心かもしれません。

秋冬

秋冬のお出かけ時は、短肌着と長肌着を着せ、その上にカバーオールとアウターを着せるとよいようです。小物は靴下やレッグウォーマー、また寒さが本格的な場合は全身をすっぽりと隠せるアウターがあるとよいかもしれません。

寝るときの服装

就寝時の服装の組み合わせについてご紹介します。

春夏

春夏の就寝時の服装は、短肌着に長肌着やコンビ肌着を合わせてあげるとよいようです。また寒い場合は、薄手のベストやスリーパーを追加してあげるのもよいかもしれません。

秋冬

秋冬の就寝時の服装は、短肌着と長肌着の上にドレスオールやカバーオール、冬の寒い場合は保温性のあるスリーパーやベストを利用するとよいようです。

いつ取り換えるのか

赤ちゃんの服を取り換えるタイミングは、起床時と入浴後に加え、汗で湿っているときや汚れてしまったときなど、状況に応じて行うことが大切なようです。日中だけでなく、夜中も授乳時やオムツ替えのときに汗をかいていないか、こまめにチェックしてあげられたらよいですね。

服装を調節して赤ちゃんが快適な環境を

新生児
iStock.com/Daniela Jovanovska-Hristovska

生後1カ月の赤ちゃんは、服装の組み合わせや着せる枚数でうまく調節してあげることが大切なようです。また、春夏や秋冬など季節に応じて服の素材を選んであげたり、赤ちゃんの体に見合ったサイズのものを着せてあげたりして、赤ちゃんにとって快適な環境を整えてあげられるとよいですね。

2018年06月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ