お葬式に参加する生後10カ月の赤ちゃんの服装について。男の子女の子別など

お葬式に参加する生後10カ月の赤ちゃんの服装について。男の子女の子別など

生後10カ月の赤ちゃんがお葬式に参加する場合、どのような服装が好ましいのでしょうか。今回は服装の注意点や、男の子、女の子別の組み合わせ例もあわせてご紹介します。

赤ちゃんに喪服は必要なのか

生後10カ月の赤ちゃんを連れてお葬式に参加しなければならない場面もあるかもしれません。大人とは違い、赤ちゃん用の喪服の販売が少ないことから、赤ちゃんの服装は喪服でなくてもよいといわれています。

生後10カ月のお葬式の服装

赤ちゃんの服装
iStock.com/AlenaPaulus

お葬式に参加する際、赤ちゃんの服装にはどのようなものが適しているのでしょうか。

生後10カ月の赤ちゃんは、できれば黒っぽい服装で参加するのが好ましいようです。急なお葬式で黒の服が用意できない場合は、白やグレーなどフォーマルな場で用いられる色の服を選ぶとよいのではないでしょうか。用意するのが難しい場合は、派手な色や柄物を避けた服を選ぶとよいようです。

デザイン

基本的には無地の服装が好ましいようです。無地で落ち着いた色の服を用意するのが難しい場合は、ロゴやイラストが描かれたものでもよいようですが、キャラクターが大きくプリントされているものや、デニム素材、星や花柄などが目立つものは避けたほうがよいかもしれません。

その他

洋服以外の靴下も黒や白、グレーなどの落ち着いた色味のものを履かせるとよいようです。こちらもない場合は、似たような色味や落ち着いたデザインのものを選べばよいでしょう。イラストがプリントされたものや、派手なものは避けた方が無難かもしれません。

生後10カ月の男の子の赤ちゃん

上は白いシャツに黒いベスト、もしくはセーターを着させて、下は黒いパンツという組み合わせなどが定番のようです。季節や気温などに合わせて、ベストやセーターを脱がせたりするなど、生後10カ月の赤ちゃんが過ごしやすい服装になるよう調節してあげましょう。

生後10カ月の女の子の赤ちゃん

黒いワンピースにグレーのカーディガンを合わせ、黒いタイツなどを履かせると、喪服に近くなるようです。他にもモノトーンのアイテムならお葬式の場所でも浮かないのではないでしょうか。

お葬式での赤ちゃんの服装の注意点

赤ちゃんがお葬式に参加する際の服装で注意すべき点には、どのようなことがあるのでしょうか。

着替えや羽織るものを準備

フォーマルウェア
Matt Benoit/Shutterstock.com

ミルクの吐き戻しで洋服が汚れてしまったときや、オムツからおしっこやうんちが漏れたときなどのために、着替えを準備しておくと安心かもしれません。

また、季節によっては斎場が寒かったり暑かったりすることもあるようなので、羽織れるカーディガンや上着などを用意しておくと、赤ちゃんの体温調節に便利なようです。

着脱しやすいものを

赤ちゃんの洋服が汚れて着替えが必要になったときに、たくさん重ね着している場合やオーバーオールタイプの服装などを着ている場合は脱いだり着せたりがしにくいかもしれません。上からかぶるだけのセパレートタイプの服なら、比較的簡単に着脱できるようです。

靴を履かせる場合は、黒っぽい靴を履かせるとよいようです。必ずしもフォーマルな靴を用意する必要はないようなので、派手なデザインやあまり汚れていなければ普段使っている黒の靴でよいのではないでしょうか。黒の靴がない場合は、できる限り落ち着いたグレーや濃い色味の靴を用意すればよいようです。

ママの服装の注意点

生後10カ月の赤ちゃんと参列するお葬式で注意したい、ママの服装についても考えてみました。

授乳やだっこがしやすい喪服

授乳中のママは普通の喪服だと授乳がしにくいかもしれません。また、授乳のためのスペースが用意されていない場合もあるようです。そのため、授乳口がついている喪服、または授乳がしやすいフォーマルなワンピースを着用するとよいかもしれません。

授乳時期は一時なので、買わずにレンタルするという方法もあるようです。また、タイトな喪服は赤ちゃんを抱っこしにくい場合があるかもしれないので、パンツスタイルや動きやすいフォーマルなワンピースなどを選んでみてはいかがでしょうか。

周囲の人への気づかい

授乳は授乳室や控室を利用させてもらうとよいのではないでしょうか。また、平服で参加する場合も、スカート丈はひざが隠れるくらいの丈を選ぶとよいようです。

男の子女の子それぞれが周囲に配慮した服装で

お葬式
Kameron Bond /Shutterstock.com

生後10カ月の赤ちゃんがお葬式に参加する場合、男の子も女の子も、服装はその場の雰囲気に合ったものを選ぶとよいのではないでしょうか。黒や無地の服装が難しい場合でも、なるべく近いものを選んで周囲に配慮した服装で参加したいですね。

2018年06月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ