ナイロン素材の子ども用パンツ。アウトドアやスポーツでの着用など

ナイロン素材の子ども用パンツ。アウトドアやスポーツでの着用など

ナイロン素材の子ども用パンツは、さまざまな種類のものが売られているようです。ナイロンの特性を知り、ナイロン素材のパンツを効果的に子ども服に取り入れてみましょう。

ナイロン素材の子ども用パンツを選ぶ理由

ナイロン素材を使った商品は幅広く、子どもの食事用スタイに使用されていることもありますよね。ツルツルした見た目なので、水に強そうなイメージがあるかもしれませんが、実際のナイロン素材の特徴とはどのようなものなのでしょうか。

どのようなときにナイロンのパンツをはくと便利なのか、子どもがナイロン素材のパンツをはくとき、どのような環境が適しているのか考えてみました。

ナイロン素材の特徴

ナイロンは細い糸でできている素材でありながら、強度が高いことが特徴のようです。ナイロンでできた布の見た目はツルツルしたものが多く、水をはじく特性もあるので、濡れても強度が変わらず、乾きやすいと言われています。重量は軽く、シワになりにくいので、扱いやすい素材といえるのではないでしょうか。

よく使われるアイテム

ナイロンは吸水性が低いことから、水や水分の多い汚れをはじくことができるため、子ども用のパンツや上着、レッスンバッグなどに使用されることが多いようです。

また、大人用のアイテムではナイロン製のストッキングも見られ、スポーツウエアに使われることもあるようです。ウールなどの繊維を補強する役割でも使われるので、ニット製品の一部にも使用されているようです。

ナイロン素材の子ども用パンツが役立つシーン

ナイロン素材のパンツをはくと役立つのはどのような場面なのでしょうか。

アウトドア、スポーツ

ナイロン素材のパンツ
iStock.com/Kikovic

ナイロン素材は軽く丈夫であることから、アウトドアやスポーツで使用するとよいかもしれません。スポーツのときにナイロン素材のパンツをはくと、足が動かしやすいメリットがあるようです。

悪天候

はっ水性のあるナイロン素材は悪天候のときには役立つかもしれません。また、ナイロン素材は軽く、畳んでもシワになりにくいので、持ち運びにもよいでしょう。悪天候に備えて、持ち物にナイロン素材のパンツを備えておくのもよいかと思われます。

ナイロン素材の子ども用パンツの合わせ方

ナイロン素材のパンツの中は、上下セットで売っている場合もあるようです。季節に合わせて、気温が低いときはレギンスを重ねてはいたり、気温が高いときには短いパンツを着たりと工夫してみるのもよいかもしれません。

ナイロン素材の子ども用パンツの体験談

ナイロン素材のパンツを子どもにはかせたママたちに、目的や使い心地について聞いてみました。

屋外レジャーに活用

「キャンプやハイキングなどに出かけることが多いので、屋外で使うためにナイロン素材のパンツを買いました。川遊びをすることもあるので、水をはじく素材は便利で助かっています」

水をはじくので、濡れても乾きやすいのがナイロン素材のパンツの嬉しい点かもしれません。屋外レジャーでは活躍しそうですよね。

普段使いの服として

「保育園に通っている子どもたちのために、普段使いの服としてナイロン素材の子ども用パンツを買いました。洗濯しても乾きやすく、シワになりにくい素材が気に入っています。保育園で過ごすときについた汚れも取れやすいようです」

ナイロン素材のパンツを普段着として子どもにはかせているママもいました。毎日行う洗濯がしやすいのは、ママにとって嬉しいメリットかもしれません。

スポーツのために購入

「サッカーの習い事をしている息子のために、ナイロン素材のパンツを買いました。サッカーの練習中に使用していますが、軽くて動きやすいようです。気温の高い夏は短いパンツをはかせ、気温が低い冬にはスパッツと重ねばきをさせています。年間を通じて使用することができるので、同じものを何枚か買うようにしています」

軽くて丈夫なので、サッカーなどのスポーツをするときには、ナイロン素材のパンツは適しているかもしれません。

子ども用パンツにナイロン素材を取り入れて

ナイロン素材のパンツ
matimix/Shutterstock.com

ナイロン素材の子ども用パンツには、屋外で使いやすかったり、子どもが動きやすかったりするメリットがあるようです。年間を通じて、ナイロン素材のパンツを子どもにはかせるママもいるようです。使用する環境に合わせて、ナイロン素材のパンツをぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

2018年05月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧