子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子ども用のスエットパンツの着まわし方法。トップスとの合わせ方など

子ども用のスエットパンツの着まわし方法。トップスとの合わせ方など

動きやすいスエットパンツを子どもの普段着に取り入れたいママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子ども用スエットパンツの種類や選び方についてご紹介します。

キッズ用スエットパンツがほしい

ゆったりとした形ではき心地がよく、動きやすさが特徴のスエットパンツ。ブランドものや安価に手に入るものまで幅広くあります。汚れても気軽に洗えるのもママにはうれしいですよね。

スエット素材とは

キッズ用スウェットパンツ
Zapylaieva Hanna/shutterstock.com

スエット素材とはどのようなものを指すのでしょうか。スエットの特徴やスエット素材が使われているアイテムについてご紹介します。

素材の特徴

スエット素材とは綿のメリヤス地のことで、裏地がパイル地や起毛になっている綿です。表側はTシャツなどと同じメリヤス編み(機械編み)であるのに対し、裏側は裏毛が密集されています。裏毛の種類はパイル地やフリース地などがあります。厚手の生地だけでなく薄手のスエット衣類も販売されており、秋冬だけでなく年間を通して着られるでしょう。

よく使われるアイテム

スエット素材の衣服はトレーナーと呼ばれることもあり、トレーニングウェアとして利用されることもあります。スエット素材は伸縮性や吸湿性が優れている特徴から、ジョギングやヨガなどの運動やリラクゼーションの場面で着られることもあります。

キッズ用スエットパンツをはくシチュエーション

伸縮性と吸水性があるスエットパンツは、さまざまなシチュエーションで利用することができます。

遊びなどの普段着

子ども用のスウェットパンツ
i Stock.com/piola666

キッズ用スエットパンツは、遊び着などの普段着としても着られるのではないでしょうか。伸縮性があり動きやすいので、公園などでの外遊びにも役立ちそうですね。

パジャマ

ゆったりとしたはき心地のスエットパンツは、パジャマにも適しているようです。種類によっては、裏地がフリースになった保温性の高いものがあり、寒い季節のパジャマとしても活用できるでしょう。

ダンスのレッスンなど

動きやすさが特徴のスエットパンツは、ダンスのレッスン着として選ばれているようです。締め付け感が少なく、ゆったりとしたはき心地のスエットパンツは、ヒップホップやジャズなどさまざまなジャンルのダンスに対応できるでしょう。

キッズ用スエットパンツの合わせ方

子ども用スウェットパンツ
Anna Nahabed/shutterstock.com

スウェットパンツは、組み合わせ方次第でおしゃれな着こなしに見えるようです。キッズ用スエットパンツのコーディネートについて紹介します。

上下でスエット素材を合わせない

チェックのシャツやボーダーのトップスなど、どんな服でも合わせやすいスエットパンツ。しかし上下のセットアップでスエット素材を組み合わせると、部屋着の印象が強くなりそうです。おしゃれにスエットパンツをはかせたいときは、合わせるトップスに気をつけてコディネートした方がよいかもしれません。

引き締めカラーを上に合わせる

ラフな印象のスエットパンツには、ネイビーなど引き締まった色の服を合わせるとメリハリのきいたコーディネートになります。

キッズ用スエットパンツ選びの体験談

実際に子どもたちにキッズ用スエットパンツを取り入れているママの体験談をご紹介します。

無地のスエットパンツは柄物と合わせやすい

「無地のスエットパンツは、ボーダーやチェックなどの柄ものトップスに合わせやすいです。サイズのバリエーションが豊富なので、姉妹だけでなくママともいっしょにリンクコーデをして楽しんでいます」(30代/小学生と幼稚園児のママ)

汚れても洗濯が気軽

「公園へ遊びに行くときにはかせています。砂場遊びや泥んこ遊びでたくさん汚してしまっても、気軽に洗濯ができるのであまり気になりません」(20代/2歳男の子のママ)

寒い日は裏起毛のスエットパンツ

「子どもが動きやすいからと自分で服を決めるときにはスエットパンツを選びます。寒い日のお出かけに、裏起毛のスエットパンツが気に入っているようです」(30代/5歳児のママ)

キッズのパンツにスエット素材を取り入れて

子ども用スウェットズボン
Olesia Bilkei/shutterstock.com

スエットパンツは子どもが動きやすいアイテムのひとつではないでしょうか。ゆったりと過ごす部屋着だけでなく、活動的なお出かけ着としてもぜひ取り入れてみてくださいね。

2018年05月05日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧