おすすめのキッズ肌着は。長袖や半袖、タンクトップなどの種類や綿100%などの素材

おすすめのキッズ肌着は。長袖や半袖、タンクトップなどの種類や綿100%などの素材

季節に合ったおすすめのキッズの肌着にはどんなものがあるのでしょうか。長袖や半袖、タンクトップなどの袖丈による違いや、綿100%やメリノウールなどの素材の特徴をご紹介します。

キッズ用肌着の選び方

キッズ用の肌着にはさまざまな生地やデザインがあるので、季節や子どもの肌に合わせてどのように選んだらよいのか迷うママもいるのではないでしょうか。子どもが快適に着られる肌着を選びたいですよね。

春夏のキッズ肌着の素材

肌着
Africa Studio/Shutterstock.com

春や夏のキッズ肌着の素材についてご紹介します。綿を選ぶというママが多いようですが、同じ綿100%でも、編み方の違いによって生地の種類が異なるようです。

ガーゼ

ガーゼは、肉眼でも見えるくらい目が粗く編まれた生地で、軽やかで肌あたりがやわらかいことが特徴のようです。春夏などの汗ばむ時期にも着やすいかもしれませんね。

天竺やフライス

天竺は、軽くて薄い生地で、肌ざわりがさらりとしていると感じる素材です。フライスは横方向に伸びやすく体にフィットしやすい生地だとされています。繰り返し洗濯しても型崩れしにくい、というママの声もありました。

秋冬のキッズ肌着の素材

キッズ肌着
Alena Mozhjer

秋冬向けのキッズ肌着の素材にはどのようなものがあるのでしょうか。

メリノウール

メリノウールとは、主にオーストラリアで飼育されている「メリノ」と呼ばれる羊の毛でできた天然素材だといわれています。寒さが厳しい秋冬用の肌着として選ぶママもいるようです。

スムース

スムースは綿を原料としている素材のようです。同じ綿でできているフライスよりも編み目が細かく、その細かさは編み目が分からないほどのものが多いようです。編み目が詰まっているので寒い季節の肌着の素材として選ぶママもいるのではなくでしょうか。

キッズ肌着の種類

半袖の肌着
buritora/Shutterstock.com

ここからは、半袖や長袖、タンクトップ型など、キッズ肌着の形の種類についてご紹介します。

タンクトップ

袖のないタンクトップは動きやすいかもしれませんね。夏の肌着だけでなく、冬にもタンクトップを肌着に選ぶママもいるようです。

半袖

半袖のキッズ肌着は、タンクトップ型と違い、脇部分をしっかりカバーしてくれているので、脇の汗をしっかり吸収してくれるメリットがあるようです。長袖の肌着を着るには暑すぎるような春先や秋口などに着せるのもよいかもしれません。

長袖

長袖は秋冬などの寒い時期に着せるママが多いようです。長袖を着ることで上着の生地が肌に直接当たらないというメリットもあります。肌の状況に合わせて着用するのもよいかもしれませんね。

【体験談】キッズ肌着の選び方

ママたちは子どもにどんなキッズ肌着を選んでいるのでしょうか。季節や子どものタイプに合わせて肌着を選んだママの体験談をご紹介しましょう。

春は長袖のガーゼ

「外遊びが大好きな4歳の子どもの春の肌着に長袖ガーゼのキッズ肌着を着せています。洗濯しても型崩れしないのでおすすめです」

夏は綿の半袖メッシュ

「2歳の子どもに、夏の外遊びのときに綿100%のメッシュ素材の肌着を着させていました。着心地がさらりとしているので夏でも快適かなと考えて選びました」

真冬はメリノウールで防寒

「冬の寒さが厳しい土地に住んでいるため、冬は毎年保温性の高いメリノウールの肌着を子どもに着せています。体を動かすことが好きな6歳の子どもなので、動きやすさも考慮しました」

快適なキッズ肌着を選ぼう

おすすめの肌着
Alena Mozhjer/Shutterstock.com

今回はおすすめのキッズ肌着についてご紹介しました。肌着は、半袖や長袖、タンクトップなど種類はさまざまで、素材も綿100%の植物性ものからメリノウールのような動物性のものまで豊富にあります。子どもの好みや季節に応じた上手な選び方をしたいですね。

2018年04月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧