子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年04月22日

子ども用のルームシューズについて。選び方や種類、洗い方など

子ども用のルームシューズについて。選び方や種類、洗い方など

子どものルームシューズを探しているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子ども用のルームシューズやスリッパの種類や選び方などをご紹介します。

子どものルームシューズとは

© Natalie Board - Fotolia

室内で過ごすとき、子どもがはだしで室内を走りまわると足音が気になったり、足の裏が汚れたりしないか気にするママもいるかもしれません。

子ども用ルームシューズやスリッパにもいろいろな種類があり、夏にはつま先のあいたタイプやメッシュ素材、冬にはもこもこ素材やボア素材などが選べます。子ども自身が自分の好きな素材やキャラクター、デザインのものを選んであげてもよいですね。

子どものルームシューズの種類

子どものルームシューズにはどのような種類があるのでしょうか。デザイン別にご紹介します

スリッパ

ベーシックなスリッパタイプ。脱ぎ履きが楽なのがメリットのひとつではないでしょうか。スリッパタイプの中にも、つま先があがっていてつまずきにくいものや、履き口が大きめに設計されているものなどもあるので、子どもにとっても履きやすいものを選びたいですね。

スリッポン

kosmos111/Shutterstock.com

足全体がすっぽりと入るスリッポンタイプ。靴のように履けて、スリッパに比べると脱げにくいかもしれません。

ブーツ

© tverdohlib - Fotolia

寒い冬にぴったりのブーツタイプ。足首上あたりまであるものは暖かそうですね。試し履きをして子どもが履きたがるかどうかを事前に確認してから選んでみてはいかがでしょうか。

ルームシューズの洗い方

ルームシューズは、ムレたり汗をかいたりして、汚れてしまうこともあると思います。子ども用に選ぶ時には、洗えるかどうかを事前に確認しておきたいですね。

布系

洗濯できるルームシューズなら、バケツや桶などに水またはぬるま湯をいれ、洗濯用の洗剤をよく溶かしたものの中にルームシューズを入れ、手でもみ洗いまたはブラシを使って手早くこすり洗いしましょう。

水でもみ洗いをするようにしっかりすすいで洗剤をきちんと落としたら、30~60秒ほど洗濯機に入れて脱水にかけます。型崩れを防ぐために短時間脱水にしましょう。風通しの良いところに天日干しすれば完了です。

ビニール系

© varts - Fotolia

ビニール系のルームシューズは、除菌タイプのウェットティッシュなどで拭くといいでしょう。水やぬるま湯に洗剤を溶かしたものにタオルをつけて、固くしぼってから表面を拭いても汚れを落とすことができます。

もこもこ系

Evikka/Shutterstock.com

もこもこ系は、洗濯可能であれば、布系の洗い方と同じやり方で行ないましょう。洗濯不可の場合は、掃除機のノズルを使ってほこりやゴミを吸い取ったり、固くしぼったタオルで表面を拭き取ったりします。大事に使っているルームシューズならクリーニングに出すというのもひとつの方法です。

ルームシューズ購入時の注意点

子どもは思いがけない行動をすることもあるので、ルームシューズを履かせる場合には安全面も考慮したいですよね。ここでは購入する際のチェックポイントやルームシューズを使用する際の注意点をご紹介します。

滑り止め

ルームシューズの裏面やかかと部分に滑り止めがついているものがあります。子どもの年齢などにもよりますが、滑り止めがついているかを確認してから購入するといいでしょう。

階段での使用

子どもが階段の昇り降りをするときはルームシューズを脱ぐ、といった約束をしておいてもいいかもしれません。

お気に入りのルームシューズを見つけよう

© Monet - Fotolia

子ども用ルームシューズは、素材もさまざまで、季節によって選ぶものも変わってくるでしょう。子どもの好みのものを選ぶことは大切ですが、洗濯できるか、滑り止めなど安全面は大丈夫かなどを確認することも重要ではないでしょうか。子どもが気に入るようなルームシューズが見つかるとよいですね。

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧